【ショッピングセンター】
【東京の百貨店・ショッピングモール・アウトレットモール】
【東京都における大店立地法にかかる届出状況の一覧】
【7&i】 ●【イオンG】















19/06/26【日経】西友、再上場へ 米ウォルマート戦略転換
 ウォルマートは水面下で日本事業の売却を検討していた経緯がある。
西友の想定売却額が3000億〜5000億円とみられる中、事業の将来性や不動産価値への見方が分かれることもあり、ウォルマートが納得する価格を支払える買い手は現れなかった。一時期は地域ごとの分割売却なども浮上したが、それでも「価格が高くて魅力がなかった」(大手小売り幹部)との声も

ウォルマートは売却が進まなかったことから、株式上場へと方針を転換したもようだ。

仏カルフールや英テスコなど多くの外資系小売りが撤退した
日本市場でウォルマートの戦略転換が注目される。



18/1/25【日経】 イオンが脱・総合の新型スーパー 食品主体に200店
 イオンは都市部への人口集中をにらみ食品主体の新型店の展開を始める。大型総合スーパー(GMS)の3分の1以下の面積で、今後7年程度で約200店をめざす。衣食住で画一的な品ぞろえで郊外を中心に出店してきたGMSを見直し、よりきめ細かく地域のニーズをくみ取ることで共働き世帯の増加など消費の変化に対応する。 新型店は売り場面積が3000〜5000平方メートル前後で、一般的な食品スーパーの2倍程度を想定



17/09/03【veritas】米高級スーパーのホールフーズを買収したアマゾンが、大幅値下げを敢行。
世界的なディスインフレの要因でもある小売り業界のゲームチェンジが眼の前で起きてる。




15/05/25 ヤマダ電機、5月末で46店を一斉閉店
これまで閉店は月1〜2店舗のペースだった。同じタイミングで40店舗以上閉店させるのは異例。
今後は都市部の大型店に注力し、訪日外国人客をターゲットとした免税店なども拡充していく方針だ。

汚い店舗の拡大と従業員教育も怠り、過去のダイエーのようだと感じていたが的中かな?



14/11/18 【日経】ニトリ、雑貨で都市部開拓/
3年後めど 駅前などに小型100店 郊外と両面戦略
 家具チェーン最大手のニトリホールディングス(HD)は都市部に小型店舗で攻勢をかける。試験的に出店してきた雑貨店を2015年から駅前などに年間20店のペースで出す。17年度にも計100店規模にする。同社は格安家具を郊外の大型店で販売し成長してきた。最近は価格が高めの家具も扱い消費増税後も業績を伸ばしている。出店戦略の幅を広げ消費が底堅い都市部の顧客を取り込む



2014/08 食品スーパー業界で徐々に再編が進んでいる



14/07/10【東洋経済】イオン、「本業のスーパーが赤字」の深刻度



14/0708【ガイアの夜明け】家電販売のチェーン「コスモスベリーズ」
「協業」という考えから、主にボランタリーチェーン方式を採用している。
ヤマダ電機の持つスケールメリット(主に商品仕入)と地域店が得意とするスモールメリット(小回りが利く等)の融合(wikiより)



14/06/21 買い物弱者に移動スーパー とくし丸
お年寄りが振り込め類似詐欺などの特殊詐欺被害に遭うことを防ごうと、県警は20日、移動スーパーとして知られる「とくし丸」(本社・徳島市南末広町)を「安全安心特使丸」に委嘱した。
 とくし丸は、足腰が弱って外出できないお年寄りら「買い物弱者」に向け、生鮮食品などを載せた軽トラックで巡回販売している。



14/06/03【日経】イオンは2016年度までに首都圏で小型ディスカウント店「アコレ」を現在の3倍弱の250店に増やす。
低コスト運営を徹底し、メーカー品やPBの加工食品と生鮮品、日用品を格安で販売する。
15年10月にも消費税率が10%に上がる予定で、生活必需品の出費を節約したい消費者を取り込む。
アコレは売り場面積が300平方メートル前後とコンビニエンスストアの2倍の広さ



14/05/14 米国内のショッピングモールが存続の危機
日本も近い将来こうなってきそうな気配がする?



14/04/22【日経】スーパー出店、4割が小型店 高齢者取り込み
スーパーが都市部で小型店の出店を増やす。主要22社の2014年度の出店数は合計195店で、このうち4割は標準より小さい店舗。都市部でも高齢化が進み、徒歩で行ける店舗のニーズが高まるとみて大型店中心の戦略を見直す。コンビニエンスストアは生鮮品の扱いを増やしており、スーパーとの垣根が崩れつつある。



14/02/24【日経】セブンより愛される「北のコンビニ」 自前PBで強み
コンビニエンスストア満足度調査で、数ある全国チェーンを抑えて1位を獲得し続ける店
それは、北海道を中心に展開する地場チェーン、セイコーマート(札幌市)



13/11/18 7&i ネットとリアル店舗を融合させた「オムニチャネル化」を目指している。
7-11鈴木CEOは「今年度1500店を新規出店するが、来年度は1600店をオープンする」とし、
5万店に達した国内コンビニ市場の飽和説を一蹴、さらなる出店を進める考え



2013/11/10【日経】【ショールーミングの仕組み】 
店頭に行き、商品のバーコードを読み取る
    
アマゾンの場合は同サイトの価格がすぐに表示される
    
消費者は価格などの各種情報を見比べて購入する。




13/09/11【PRESIDENT】ヤマダVSアマゾン リアルはネットに勝てるか
家電量販店が苦境に立たされている。

スマートフォンの普及により、リアル店舗がインターネット通販サイトに脅かされている。
ネットで下調べを行い、店舗で現物を確認し、価格の安い通販サイトで購入する。
こうした購買パターンをショールーミングと呼ぶ。
数年前から米国で増加し、日本でも今年に入ってから目立つようになってきた。
 競合他社より安い価格で商品を販売する「最低価格保証」。家電量販店の多くが採用しているが、これまでネット通販の価格を対象外とするケースがほとんどだった。だが、ヤマダは5月からアマゾンなどの通販サイトへの対抗を開始。
 厳しい状況下で業界中位ながら唯一、前年比でプラス成長するのがPCデポだ。パソコン販売ショップを展開する同社は、有償サポートなど、付帯サービスの需要を取り込んでいる。
 ヤマダは2011年に住宅メーカーのエス・バイ・エルを買収し、家電と住宅、太陽光発電システムなどのセット販売に力を入れている。エディオンも8月、住宅設備最大手のLIXILと提携し、リフォーム事業を強化する。両事業とも新たな収益源となるかは未知数だが、新しい売り方を模索しない限り、活路は開けないだろう。
.バークレイズ証券シニアアナリスト



13/01/14【PRESIDENT】ショールーミング − バーコードは商売の敵だった
ネットで下調べを行い、店舗で現物を確認し、価格の安い通販サイトで購入する
ショールーミング自体はすでに一般的な行動である。リアル店舗に対抗策はあるのか。
1つのキーワードは「体験」だ。ダイナ・サーチ代表の石塚しのぶ氏は「『顧客がまた来たいと思うような店舗は?』といま一度考えてみると、行き着くところは店舗で顧客に接する人がつくり出す感動、温かみ、人間味、エンターテインメントになる」と語る。
  石塚氏はグロサリーストア大手のトレーダー・ジョーズに注目しているという。同社はFacebookやTwitterには目もくれない。店舗は店員と顧客の笑い声や会話が絶えず、その接客姿勢と高い商品性で人気を勝ち得ている。日本の「おもてなし」文化には、これに通じるものもありそうだ。

12/04/20【東洋経済】セブン&アイが本腰入れる「ネットとリアル店舗の融合」
《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》