19/06/03 週刊エコノミスト】6月11日号 失速!米国経済
図−景気減速の兆候が続々 政策相場のツケが回る時=大堀達也/桑子かつ代


19/05/24 夕張メロン、2玉500万円=史上最高値で落札−札幌初競り
競り落としたのは 「ポッカサッポロフード&ビバレッジ」(名古屋市)。



19/04/02 台風銀座の宮古島「地価500倍」のバブル 
土地という土地が「東京」に買い占められている | 文春オンライン


みやこ下地島空港は従来の訓練用に加え、国際線、国内線の離発着が可能となり、さらにはアジアや欧米からのプライベートジェットを迎えることができるようになった。
空港の運営権は三菱地所が受託。19年度は10万人、20年度には30万人の利用を見込む。
1泊10万円を超える超高級ブティックホテルもオープン
人手不足から型枠工の日当は5万円を超えた。この金額は東京の工事現場の2倍に相当する。
宮古島で賃貸“バブル”の異常事態 家賃高騰でワンルーム10万円も
宮古島 バブル - Google 検索


19/01/05 大間のマグロ、3億3360万円=豊洲初競り、超高値スタート
青森県大間産のクロマグロ(278キロ)に3億3360万円の史上最高値、
喜代村が 120万円/kgで競り落とし、
自らが持つ 2013年の1億5540万円の記録を倍値以上で更新。
国産ウニが過去最高値に並ぶご祝儀相場。


2018年年末に思うこと。
日本で暮していると大半の会社は「茹でガエル」現象か?と
感じることが多くなってきた。
今起きている円安は「悪い円安」に向っている気もしてきた。
世界の株式市場の時価総額ランキングをみても
日本のランキングにはあまり変化が見られず、
企業幹部の思考が高齢化で日本全体が硬直化しているように見える。

現状維持を望む日本では、若い世代の多いこれからの国にどんどん追上げられ
もう技術の日本というのも神話に思えてくるようだ。

おまけにTVなどでは池上彰などの番組では
「日本式」とか「品質日本」という現実逃避で
昔の栄光に浸っているようにも見える
自分で実際に海外メーカーの製品などを使うと
日本製品より、コスパも良くストレートに使いやすいと思うことが多い。
何でも付加価値という名目で必要のない機能や価格にはもうウンザリする。


「10年債利回り−2年債利回り」が「ゼロ」になると、それは景気後退のシグナルと言われます。
実際、リーマン・ショックやドットコム・バブル崩壊の前にそのシグナルが発せられています。
181205_10年債利回りと2年債利回り


18/11/19 米国のレバローンが150兆円まで膨張、にわかに高まる損失リスク
レバレッジド・ローンの貸出残高はリーマンショック後、右肩上がりで拡大を続けてきた。直近では日本円にして150兆円規模にまで膨らみ、この数年ほぼ横ばいだったハイイールド債の市場規模を上回ったとの推計もある。

 著名投資家も警鐘を鳴らす。米投資会社オークツリー・キャピタルのハワード・マークス会長は11月上旬、来日時のメディア向けイベントでレバレッジド・ローン拡大は「楽観主義の表れ」と述べた。

 株式市場は米中貿易戦争や米金利の行方などをめぐって神経質な動きを続けているが、その傍らでマグマが膨らんできたレバレッジド・ローンのリスクも注視しておくべきだろう。


2018年10月25日

焦点:世界株式市場、すでに「弱気相場」入りか | ロイター

SP500種の場合、年初時点で過去1年の高値から少なくとも20%下がった銘柄は全体の9.3%にすぎなかったのに、今月22日までにその割合は34.1%に高まった。調整局面突入とみなされる下落率10%以上の銘柄に至っては、全体の70%強に上った。


18/10/24 「吹いている風が弱まってきている」=日本電産会長 | ロイター
日本電産(6594.T)の永守重信会長は24日の決算説明会で、
車載など一部部門の7-9月期の売上高が4-6月期比で減少したことについて触れ、
「吹いている風が弱まってきている」との認識を示した。