19/06/18 日本の人口、2100年に7500万人 減少見通し加速
国連人口部は17日、世界人口について、2057年に100億人を突破する一方で、日本の人口は58年に1億人を下回り、2100年には7500万人になるとする推計を発表した。国連人口部が2年ごとに発表するもので、前回の17年は日本の人口が1億人を下回るのは65年としていたが、今回は7年早くなった。

 推計は国連人口部が各国・地域のデータを基に独自に算出。現在77億人の世界人口はアフリカや西アジアを中心に増える一方で、日本や東欧諸国など26カ国・地域で50年までにそれぞれ1割以上減るとした。平均寿命は現在の72・6歳から50年には77・1歳となり、同年の世界人口97億3500万人のうち65歳以上が15・9%を占める見通し。

 日本の人口減と高齢化は際立っている。17年の推計では2100年の日本の人口は8450万人だったが、今回は7500万人に下方修正。65歳以上1人あたりの25〜64歳の「現役世代」は、現在1・8人で世界最低だが、50年には1・1人に減るとしている。


19.05.04 
【産経】子供の数、過去最低の1533万人 38年連続減

総務省は「こどもの日」を前に人口推計(4月1日時点)をまとめた。
外国人を含む14歳以下の子供の数は前年より18万人少ない1533万人で、38年連続の減少。
総人口に占める割合は12・1%(前年比0・2ポイント減)で、45年連続で低下した。
比較可能な昭和25年以降、人数、割合とも過去最低を更新し、
少子化に歯止めがかからない状況が明らかになった。

 人数はピークだった昭和29年(2989万人)のほぼ半数に落ち込んだ。
平成元年の2320万人と比べ30年間で800万人近く減った。
内訳は男子が785万人、女子が748万人。
低年齢層ほど少なく、12〜14歳は322万人、0〜2歳は286万人だった。

 人口に占める割合について調査年次に違いはあるが、国連人口統計年鑑によると、
主要国32カ国のうち、日本は韓国の12・9%を下回り最も低い。

 都道府県別(昨年10月1日時点)での増加は東京都のみで、
沖縄県は横ばい、他の45道府県は減少した。

100万人超は東京、神奈川、愛知、大阪の4都府県。
人口に占める割合は
沖縄県が17・0%で最も高く、
秋田県の10・0%が最低だった。

統計局ホームページ/統計トピックスNo.120/我が国のこどもの数
産経ニュース 


190504_子供の数、38年連続減




190412_総務省の人口推計_総人口1億2644万3千人




19/03/18 【日経】外国人依存度、業種・都道府県ランキング

外国人依存度は?
    2009年から  →  2018年へ
全国 「112人に1人」から  → 「46人に1人」へ

都道府県では…
1位は東京 「50人に1人」から →「 18人に1人」へ

業種別では…
1位は食料品製造 「33人に1人」から →「11人に1人」へ