19/06/22 NY金5年9カ月ぶり高値 1400・10ドル、米利下げ観測

19/06/20 NY金、一時5年10カ月ぶり高値 金融緩和期待受け  :日本経済新聞
FOMCを受け、年内の利下げ観測が一段と強まったことが買い材料視。
声明文では米景気への不確実性を指摘する文言が盛り込まれ、安全資産とされる金への資金流入が続くと見込んだ買いも増えた。

NY先物は日本時間20日朝時点の時間外取引で一時、1397ドル。
前日の終値に比べ約50ドル高く、2013年9月以来の高値だ。

金利低下で利息を生まない金への資金流入が促されるとの期待感が買いを呼んだ。外国為替市場で主要通貨に対するドル安が進行し、ドル建てで取引する金の割安感を意識した買いも上昇につながった。


19/06/14【真壁 昭夫】【真壁 昭夫】海外投資家がドルを見捨て"金"に走る理由
 プレジデントオンライン
「景気回復」はいつか必ず終わる
「さびない」「価値が一定である」という金の特性


19/06/07【日経】金急伸 1350ドルの天井に迫る
価格が急伸している。4月以降相場は膠着していたが、米国に端を発する貿易摩擦リスクの高まりで株価が崩れると一気に3カ月半ぶりの高値を付けた。貿易摩擦が実体経済に影を落とし、米利下げ観測が広がる。長期的に金の上値を抑えてきた米国の金利上昇サイクルが終わるとの見方が強まれば、1トロイオンス1350ドルの「天井」を突き抜ける可能性がある。