2019/8/26 7月の中古車競売価格、10.5%安 輸出向け需要不振で  :日本経済新聞
7月の業者向け中古車オークション平均落札価格は前年同月比10.5%安い1台27万円。
▼8カ月連続で前年を下回った。
外貨流出を抑えるため、アジアの新興国が中古車輸入を規制しており、
輸出向け需要が振るわなかったのが主因だ。
「中国経済の影響を受けるアフリカやモンゴルなどで購買力が落ちている」と指摘


19/08/20 【梶原 誠】動揺する「中国漬け」の世界 豪・独が鳴らす警鐘  :日本経済新聞
「歴史上初めてとなる中国発の世界景気後退」。これこそが8月に入って以降、世界を揺らしている市場波乱の根底にあるシナリオだ。米国による対中関税の追加、人民元の1ドル=7元台への下落、米国が中国を為替操作国に指定……。表面化した材料はどれも、ふらつく中国景気の一段の悪化を世界の投資家に連想させた。

中国発の逆風を最も強く意識した先進国の市場は、間違いなくオーストラリアだ。