韓国・文政権が「対日世論工作」強化画策 来年度予算3倍確保へ - zakzak:夕刊フジ公式サイト
19.08.30
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、
「対日世論工作」や「国際世論戦」の強化を画策していることが分かった。
韓国外務省が来年度、大幅な予算拡大を狙っているという。

中央日報(29日、日本語版)によると、対日外交強化予算は、
「韓日新時代複合ネットワーク構築事業」という名目で、
日本にある韓国公館が講演会などを開くための予算だという。

何と、今年度の3・3倍の51億ウォン(約4億5000万円)を確保する意向とされる。

 これとは別の項目で、米国と中国、日本、ロシアでの世論戦のための
「政策公共外交予算」に、今年度の2・6倍という72億ウォン(約6億3000万円)を
配分している。米ワシントンで世論戦を仕掛ける費用が多いようだ。

 韓国は以前から、「国際世論戦」に長けているといわれる。

 このせいか、日本には現在でも
「韓国の代弁者」のような政治家やメディア、識者が多い

今後、韓国を持ち上げて日本を貶めたり、
急に韓国批判を控えるような人物が出てくれば、要注意すべきだろう。

あいちトリエンナーレ問題で話題になっている
大村愛知県知事、津田大介氏のような人たちのことかな?

*******************************************
追記 19/09/05
NHK クローズアップ現代+
「“表現の不自由”展示・中止の裏で何が?波紋▽脅迫の実態」

抗議しているのは一部の人とか・・・
脅迫だとか、日本の公金を使っての反日活動を擁護する内容
やはりNHKはつぶすべきだと思った。

行政、公金を使うのは
国益を優先に考えるのは当然だろ!