痴呆老人の経済メモ

痴呆老人の備忘録。

カテゴリ: △良い話題△



安倍総理大臣は、3日の日本記者クラブ主催の党首討論会で、
徴用工問題に関連して、日本政府が韓国に対し、半導体の材料の輸出規制を強化したことについて、「安全保障のための貿易管理」であると主張しました。

また、記者から「歴史問題を通商問題にからめてよいのか」との質問をうけた安倍総理は、
「その認識は間違っている。徴用工問題は、歴史問題ではなく、国際法上、国と国との約束を守るかという問題だ」と反論しました。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=NQz1j6cXy38



2019.7.13
生物・化学兵器関連68件 VX・サリン原料など 韓国不正輸出 - 産経ニュース

2019.7.11
韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 大量破壊兵器関連物資 国際管理に抵触( - 産経ニュース








14/01/13 【未来世紀ジパング】日本とスリランカの絆…日本人が知るべき事

日本とスリランカは、高速道路の建設など、これまでは「日本がスリランカに経済的に援助する事」が多かった。
しかし、“日本人が知らない恩”が、かつてスリランカに対してあったのだ。

 それは、1951年のサンフランシスコ講和会議での事。
第二次世界大戦で日本と戦った国から、賠償請求や分割統治の案が出されていた。
その会議で、当時のスリランカ(セイロン)の大蔵大臣だったジャヤワルダナ氏が、「憎しみは憎しみによっては消えない。愛によってのみ消える」と演説。他の国々も、日本を分割する必要はないとの結論に達したのだった。その後、スリランカの初代大統領になったジャヤワルダナ氏の足跡を取材した。







14/03/18 サントリーが大震災復興支援に20億円追加 総額100億円超に
サントリーは18日、東日本大震災の被災地復興支援として、20億円を追加拠出すると発表。
震災直後の平成23年以降、昨年までに88億円を拠出しており、今回の追加で総額は108億円となる。
民間企業としては最大級とみられる。
 同社の支援はこれまで「漁業の復興支援」「子どもの支援」「文化・スポーツを通じた支援」の大きく3つだった。漁業支援では、漁船の取得費用の補助を進めており、1万隻分に達した。このため漁業支援は「一定の成果が上がった」(北桝武次CSR推進部長)として、新たに「障害者スポーツ支援」に乗り出すことを決めた。
 2020年の東京パラリンピックに向けた今後7年間、障害者スポーツの振興や選手育成などに10億円を活用する。具体的な支援内容は今後詳細を詰める。
 このほか「子ども支援」では福島県内に学童保育施設の新設などを予定している。



2013/09JR横浜線踏切で男性を助けようとした村田奈津恵さん、電車にはねられ死亡


2013/08/21 「伊達直人」が施設に演奏会をプレゼント


2013/02/13 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた石巻魚市場に、
送主が不明の金の延板2枚(計2キロ、約1000万円相当)が届いた。


2012/11/02 大量のプリン誤発注、ツイッター呼び掛けで完売


2010/12/25 タイガーマスク運動 「伊達直人」さんのランドセル寄付


2007/02/06 ときわ台駅の踏切で事故に遭い殉職した、警官「宮本邦彦」さん


2001/01/26 新大久保駅乗客転落事故

↑このページのトップヘ