痴呆老人の経済メモ

痴呆老人の備忘録。

カテゴリ:★★★危機管理★★★ > ▼▼▼【戦争・軍需・他】

14/08/15 【毎日新聞】 <終戦記念日>戦車に「肉弾特攻」、下っ端兵士は骨も残らず

◇大阪の89歳渡部さん「悲惨さ、忘れない」

 満州(現中国東北部)の静かな平原。爆音とともに、戦車から上がった黒煙。大阪市北区の渡部(わたなべ)清数さん(89)は69年前の光景を今でも鮮明に覚えている。終戦直前、満州に侵攻した旧ソ連軍の戦車に、日本軍は爆薬を詰めた木箱を抱えて突撃した。「自分の足で走って戦車に体当たりする。かっこいいなんてものじゃないです。そんな悲惨な特攻があったことを忘れないでほしい」。69回目の終戦記念日。渡部さんは次世代に託すために記憶の糸をたどりながら語った。【遠藤孝康】


 現在の韓国・釜山で生まれ、高等小学校を卒業して関東軍測量部に志願した。当時14歳。厳しい規律の中で軍国主義をたたき込まれた。1945年2月、20歳を前に徴兵検査に合格し、軍属から軍人に。配属されたのはソ連との国境を守る部隊だった。

 8月9日未明、ソ連軍は国境を越えて満州に侵攻した。渡部さんらの部隊は国境付近の虎林(こりん)市の郊外で陣地を作って待ち構えたが、下った命令は「部隊の主力は後方へ退却。残る部隊で侵攻を食い止めよ」。渡部さんら約150人が陣地に残った。

 だが、戦車を連ねるソ連軍に、渡部さんらの歩兵部隊が太刀打ちできるはずもなかった。そこで上官が命じたのは、約10キロの爆薬が詰まった木箱を抱えて戦車に体当たりする「肉弾特攻」だった。「これでお母さんともお別れだな。それでも戦車1台やっつけられたら軍人として本望だ」と思った。

 平原の小高い丘から先陣の攻撃を見守っていると、「ボーン」という爆音とともに戦車の近くで黒煙が上がった。「やったぞ」と思ったが、煙が消え、現れたのは何事もなかったかのように動き始めた戦車だった。突撃した兵士の体は消えていた。後に続いた数人の兵士は体当たりできずに狙撃された。

 渡部さんも爆薬を抱えて丘を駆け下り、木陰に伏せた。「だが、それ以上は前に進めませんでした。少しでも動けば弾が飛んでくるんですから」。それからの数分間は記憶がない。徹夜が続いて疲れ切っており、伏せたまま眠りに落ちたのだと思う。目が覚め、陣地へ戻った。責められると思ったが、意外にも「よく戻ってきた」と言われた。

 数日後、戦争は終わった。渡部さんらは捕虜となり、シベリアへ送られた。3年間の抑留生活。十分な食料もないまま、農業や森林伐採の労働に駆り立てられた。帰国後は、シベリアで患った結核で6年間の入院生活を強いられた。渡部さんは「死ぬか生きるかギリギリの線だった。僕は生きる側の方に針が振れただけだ」と言う。

 近年、特攻をテーマにした映画や書籍が話題を呼ぶが、渡部さんはこう言う。「戦車1台壊すためにキャタピラー(走行用ベルト)めがけて体ごと突っ込む。骨も残らないです。下っ端の兵はそういうふうに死んでいった。それが戦争です。

僕たちは敗戦の上に立ち、平和をつくっていかなければならない」

黒字国、中国と日本などが戦争するよう、仕向けられている気がする
欧米投機筋と戦争商人、軍産複合体が
マスコミなどを使いアジア、中東などに武器売り込みと
日本国債暴落などを狙っているような気がする?
アジアの一般庶民農耕民族は誰も戦いなど望んでいない。

13/11/26 特定秘密保護法案、強行採決で衆院委通過






13/09/26【NHK】ロボット兵器が戦争を変える



13/04/16 日・NATO、初の「政治宣言」=安倍首相と事務総長が署名



13/03/18 【NHK】兵器の輸出 中国が世界5位に
国際的な兵器の取り引きを分析しているスウェーデンの研究機関、ストックホルム国際平和研究所は、去年までの5年間の兵器の輸出量で、中国が、米ソ冷戦後初めて世界のトップ5に入ったとする報告書をまとめた。
去年までの5年間、世界の兵器の取り引き量は 2007年までの5年間と比べて17%増加。

このうち兵器の輸出量を国別に見ますと、
世界全体の30%を占める
アメリカがトップで、
2位がロシア、
3位がドイツ、
4位がフランス、
そして中国が前回5位だったイギリスを抜き5位に入りました。
中国が兵器の輸出量で世界トップ5入りするのは、米ソの冷戦終結後、初めてです。

中国の輸出先は、軍用機や潜水艦など大型の発注をしている
パキスタンが55%を占めるほか、ミャンマーが8%、バングラデシュが7%となっています。

報告書は「中国の兵器輸出量は前の5年間と比べ162%増加しており、
兵器輸出国としての地位を確立しつつある」と指摘しています。

一方、兵器の輸入量のトップ5には、
インドに続き、
中国、
パキスタン、
韓国、
シンガポールが入ってアジアの国々が独占しており、
この地域での軍備拡大の傾向が顕著になっています。

13/04/04 ロシア、2012年の同国の武器輸出が、前年比12%増の152億ドル(約1兆4000億円)で、過去最高

ロシアは米国に次ぐ世界第2位の武器輸出国。11年のリビア・カダフィ政権の崩壊後、数十億ドルの武器輸出取引を失ったにもかかわらず、12年の輸出は拡大したことになる。

プーチン大統領は政府高官との会合で、12年に66カ国に武器を輸出したと述べた。輸出相手国の内訳は明らかにしなかった。

ロシアの国営武器輸出企業ロソボロネクスポルトは、12年の武器輸出のうち、43%はインド、ベトナム、中国を中心にアジアが取引先だったとしている。中東と北アフリカへの輸出は23%、中南米への輸出は18%だったという。

内戦が続くシリアに対しては、ロシアは11年に約10億ドル相当の武器を輸出

↑このページのトップヘ