痴呆老人の経済メモ

痴呆老人の備忘録。

カテゴリ: ★★★表に見える資本の動き?




























19/08/15 米英で国債金利が「逆イールド」景気懸念強まる


19/05/23【日経】自社株買い急増、9割増3.4兆円 今年度 資本効率改善へ三菱地所など カネ余り、設備投資は慎重
2019年度の自社株買い計画額は21日時点で約3兆4千億円と前年同期比9割増。
三菱地所など資本効率を改善するため、株主還元策を見直す企業が相次いでいるためだ。
ファナックなど減益でも自社株買いに踏み切る例も増えている。
18年度の自社株買い額は日銀のETF購入額を上回り、日本株の重要な下支え役となっている。


18/12/06 自社株買いを懸念すべき6つの理由 - Asset Management - Schroders
 借金 自社株買い - Google 検索


18/06/11 【週刊ダイヤモンド】2018年6月16日号
表紙 成長するならカネ借りろ! 借金経営のススメ

マネー異変!
世界のマネーフローに異変が起きている。
その原因は、景気拡大が続く米国の金利上昇。
大規模な金融緩和は転機を迎え、低金利、低インフレという“適温相場”の土台が崩れ始めた。
株価上昇の勢いは鈍化し、リスクの高い新興国からマネーが流出し始めた。
債務危機の再来の可能性もゼロではない。

低インフレ・低金利、大規模な金融緩和 崩れゆく“適温相場”の条件
高インフレ、経常赤字、乏しい外貨準備 弱みを持つ新興国から売られる



 

中国、米国債200億ドル売り越し 残高2年ぶり低水準  :日本経済新聞



 190516_中国、米国債200億ドル売り越し






18/06/11 【週刊ダイヤモンド】2018年6月16日号
表紙 成長するならカネ借りろ! 借金経営のススメ

マネー異変!
世界のマネーフローに異変が起きている。
その原因は、景気拡大が続く米国の金利上昇。
大規模な金融緩和は転機を迎え、低金利、低インフレという“適温相場”の土台が崩れ始めた。
株価上昇の勢いは鈍化し、リスクの高い新興国からマネーが流出し始めた。
債務危機の再来の可能性もゼロではない。

低インフレ・低金利、大規模な金融緩和 崩れゆく“適温相場”の条件
高インフレ、経常赤字、乏しい外貨準備 弱みを持つ新興国から売られる

18/05/23【堀古 英司】モーサテ
バークシャー・ハサウェイが
イスラエルの製薬企業「テバ・ファーマスーティカル」
株の保有を倍増させていること。

バークシャー・ハサウェイは
JPモルガンとアマゾンドットコムと組んで
ヘルスケア企業を設立すると発表しており、
米国の医療制度を大変革する可能性もある。

↑このページのトップヘ