痴呆老人の経済メモ

痴呆老人の備忘録。

カテゴリ: ◆【不動産・地理・地図・地域】情報

江戸川区は、正直でいい

江戸川区水害ハザードマップ 江戸川区ホームページ

2019年5月27日

190500_江戸川区水害ハザードマップ




19/06/07 「職住近接」「都心回帰」が住宅選びで、人気を集めているのが江東区の豊洲
豊洲の歴史は、1923年(大正12年)の関東大震災にさかのぼる。
豊洲は、関東大震災で発生した大量のがれきを埋め立てて作られた街。
このエリアが豊かな土地になることを祈って「豊洲」と名付けられた。
その後、豊洲は主に工業地帯として発展していく。
石川島播磨重工の造船工場や東京ガス豊洲工場、東京電力新東京火力発電所などが作られ、そこで働く人々の社宅なども整備された。
















山下 和之

いまはまだ「割安」
せっかく高いお金を払ってマンションを買うのだから、住み心地がいいだけではなく、将来の売却が有利になる資産価値の高い場所で手に入れたいものである。

とはいえ、六本木、広尾といった一等地であれば資産価値を維持できそうだが、相場が高すぎて簡単には手が出せない。そこで注目したいのが、都心の利便性の高い場所にありながら、人気の点でやや取り残され、相場価格が安いエリア。5年後、10年後には大化けする可能性があるのだ。

そこで参考にしたいのが、民間調査機関の東京カンテイが発表したあるデータ。これは、10年前にマンションが分譲された駅で、現在も中古マンションとしての取引が活発な駅について、分譲時価格と現在の中古マンション取引価格を比較して、リセールバリュー(再販売時の価値)を算出したものだ。

たとえば、10年前の分譲時の3.3崚たりの坪単価が200万円で、現在の中古マンションとしての取引価格が150万円であれば、リセールバリューは「150万円÷200万円=0.75」で、75%ということになる。

分譲時価格が200万円で、現在の取引価格が250万円であれば、「250万円÷200万円=1.25」だから、リセールバリューは125%だ。

このリセールバリューの数値が大きいほど、資産価値の上昇が期待できるエリアということができる。

10年間で1.5倍に上がった駅と0.5倍に下がった駅
東京カンテイの『中古マンションのリセールバリュー&賃料維持率2017』によると、首都圏で10年前の分譲価格と現在の中古マンションとしての取引価格の比較が可能なのは683駅。そのうち最もリセールバリューが高かった駅は155.2%で、最も低かったのは50.1%だった。


市況レポート | 東京カンテイ

つまり、
△一番資産価値が高まった駅でマンションを買っておけば、
10年間で資産価値が1.5倍になったのに対して、

▼リセールバリューが最悪の駅で買ってしまった場合には、
10年間で資産価値は2分の1まで落ちてしまったことになる。
1.5倍になるのか、半値まで下がるのか、まさに天国と地獄だ。

いうまでもなく天国を手に入れたいところだが、首都圏683駅のうち、リセールバリューが100%を超えたのは154駅で、その割合は22.5%に過ぎない。運良く購入後に資産価値が上がるのは2割強で、大半は下がるのが現実。それだけに、資産価値が上がりそうな駅をしっかりとチェックしておきたいところだ。
続きを読む

19/03/09 いまマンションを「買っていい街」「ダメな街」を実名公開する
(沖 有人) | マネー現代 | 講談社(1/3)


資産インフレ駅ランキング | 住まいサーフィン


武蔵小杉 - Google 検索









ブラタモリ 武蔵小杉 - Google 検索  ・ブラタモリ - NHK
#125 武蔵小杉 〜人気急上昇!武蔵小杉 発展のヒミツとは!?〜
総合 2019年2月9日(土)午後7時30分〜8時15分
ワーマンションの沸騰都市。川崎・武蔵小杉へ!
ここ10年で駅前に11ものタワーマンションが立ち並んだ町・武蔵小杉。
住みたい町ランキングには5年連続トップ10入り。

理由はなんと言ってもアクセスの良さ。
東急東横線、目黒線、JR南武線、横須賀線、湘南新宿ラインが乗り入れ、
東京、品川、新宿、渋谷、横浜などへ十数分で到着。
さらにアップダウンが少ないことで、小さい子連れのファミリーから
お年寄りまで幅広い年齢層に大人気。

 でも、どうして駅前の好立地にいくつもの大規模マンションを建てられる土地が空いていたんでしょう?今回は町の歴史を遡ります。駅前の大きな土地は工場の跡地。工場が建つ前は一面の田んぼでした。では町の中心は・・・?実は今の武蔵小杉駅の周辺は、江戸の経済基盤を支える重要な場所でした。将軍自らが訪れる特別な施設もあったんですが、果たして今その場所は・・・?タモリさんがブラブラ歩きながら江戸時代からの町の発展のヒミツに迫ります。

 再開発によって、工場の町から最新のタワマン都市へと生まれ変わった武蔵小杉。
でもその足元には江戸時代から変わらない「あるもの」が脈々と残されていました。
タモリさんが見つけた「あるもの」とは・・・!?

19/02/09(土) 武蔵小杉に関連するGoogle検索キーワード

↑このページのトップヘ