19/06/20 コラム:米FB参入で仮想通貨再び、時代のあだ花か先駆者か=大槻奈那氏 - ロイター


19/06/19 仮想通貨「リブラ」、ビットコインとどう違う?
「libra」は古代ローマの重量単位の意味を持つ。
^堕蠅靴討い覯然
速い決済スピード
ビットコインは1秒あたり7件の取引しか処理できない。これに対してリブラは発行当初、1秒あたり1000件の決済を処理できるとみられる。スマートフォンなどでの利用者の煩わしさが減り、普及に弾みがつきそうだ。もっとも、既存の決済手段に比べるとまだ遅い。例えば、米クレジットカード大手のビザは1秒あたり6万5000件超を処理できる。リブラが今後、決済スピードをどの程度上げられるかが課題となりそうだ。
5霏腑廛薀奪肇侫ーマーが抱える潜在ユーザー
ビットコインの口座数は世界で4000万程度とされ、米国と中国が多くを占めると見られる。
一方、フェイスブックは新興国を含めてユーザー数は27億人
 「メッセンジャー」などで国境を越えて手軽に送金できるようになるとみられる。フェイスブックは世界で銀行口座を持たない17億人に対して最低限の金融サービスを提供することを主眼に置いている。


19/06/18【日経】フェイスブックが仮想通貨 20年、ビザなど約30社参加
 米フェイスブックは18日、2020年に「リブラと呼ぶ仮想通貨(暗号資産)を使った金融サービスを始めると発表した。スマートフォンを介して利用者間で送金したり、買い物の決済に利用したりすることを想定する。リブラの発行組織には米マスターカードや米ビザなどが名を連ねる。フェイスブックは世界で約27億人の利用者を抱えており、決済利用が可能な仮想通貨として普及すれば、銀行など既存の金融秩序を覆す可能性もある。
フェイスブックが仮想通貨、20年に開始 金融サービス進出 - ロイター
フェイスブックは新デジタル通貨を管理する「リブラ協会」のパートナー28社と連携し、2020年上期に運用を開始する見通し。
 パートナーには、マスターカード(MA.N)やビザ(V.N)、ペイパル・ホールディングス(PYPL.O)、ウーバー・テクノロジーズ(UBER.N)などが名を連ねる。運用開始時までに連携先を100社に拡大する意向だ。マスターカード幹部は、設立メンバーに金融機関は含まれていないが、複数行と加盟に関する話し合いをしていると説明した。



19/02/13(水) 
CNBC ビットコイン申請は2、020年頃との見解 ニュースで
株式市場で関連銘柄に買戻しが入った
3807 フィスコ
3825 リミックスポイント
3994 マネーフォワード

****************************************************************************************************