ジャガーズ中毒

素人ですがジャガーズ一筋の応援ブログ

"So far、so good"(ここまでは順調だね)
これはGM Caldwellがドラフト2日間を終わっての感想。チームとしても納得のいくドラフトが出来ているという事でしょう。 

ここまでの指名は

1巡29位 
Taven Bryan DT Florida

2巡61位 D.J.Chark WR LSU

3巡93位 Ronnie Harrison S Alabama

一般的にドラフト前に言われていたニーズにはTE(1、2番手)、OL(先発RG、OTデプス)、WR(サイズのあるWR)、QB(先発を争える控え)、RB(控え)、LB(3番手、SLB)辺り。モックを見ても、1巡ではTE、WR、OL、QBとオフェンスがほとんどでしたし、個人的にもオフェンス中心のドラフトになるだろうと思っていました。
しかし、蓋を開けてみると予想外にディフェンス2人、オフェンス1人を指名する展開。
ただ先日も書きましたが、
Luncheon会見でGM Caldwellは先発は揃っているのでBPAでいくと言っていましたし、副社長T.Coughlinもプロセスは変わらない。私は以前からBPAでドラフトを考えている。と言っていましたのでその通りBPAによる指名を行っているとも言えます。
個人的にはサラリーキャップの問題もあるので、現在は先発が揃っているポジションでも将来的に高額なサラリーで苦しみそう所から先手を打って先発候補を指名しているように感じます。
また指名された選手を見ると指名巡が下位の割にバリューピックばかりなのでとても良いドラフトだと思います。まぁファンは
T.CoughlinとCaldwellを信じてついていくしかないですね。

さぁ3日目。
同じようにBPAによる指名をしていくでしょう。ポジション予想は難しいですが、サラリーキャップの面からみてもOLの指名は必要な気がします。QBも単純にデプスが足りていない(ロスターに2人のみ)ので指名はありそうです。個人的には指名してほしいですけどTEとRBは一応、デプスも揃っていますし、キャップ的にも問題はありませんし、もしかしたら指名を見送るかもしれません。


注目の選手

・Tyrell Crosby OT
 まさかここまで落ちて来るとは。たぶんプロからみると弱点があるのでしょうね。もしかしたら性格などバックグランドに問題があるのかもしれません。ただここで獲るならバリューピックだと思うんですけどね~

・Jeff Holland DE/OLB
 ドラフトLB編でも挙げた選手。ジャガーズが興味を示しているとも言われていますが本当に指名があるのか。

・Kalen Ballage RB
 単純に好みの選手。できれば獲ってほしい選手。

・Kyle Lauletta、Mike White、Chase Litton QB
おそらくQBの指名は6,7巡ではないでしょうか。誰を選ぶでしょうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3巡93位で指名したのは名門アラバマ大のS Ronnie Harrisonでした。

GM Caldwellの評価は彼はインテリジェンスに優れ、フットボールIQの高いスマートな選手との事。
その評価を決定づけたのがプレドラフトで訪問した時の印象。高校の時QBだった
Harrisonのフットボールに対する理解力の高さに驚かされ、コーチ陣も気に入っていたようです。


指名のメリット

この位置で獲れたのはバリューピック。名門アラバマ大で1年目からスターターとして出場。大学通算でも44試合に出場と経験豊富なS。
Caldwellが言っていたようにインテリジェンスに優れ、プレイへの読みは素晴らしいです。またフィジカルが強く、ランサポートに優れるハードヒッター。気になるのはショルダータックルが多く、ミスタックルもあります。また大学時代はSS、FSと両方で使われ、前でも後ろでも起用されていたようですが、広いレンジを守れるだけの能力はないように思います。3ディープを多用するジャガーズではボックスSとして起用される方がいいかもしれません。
SS Barry Churchと互換できる存在。今シーズンはそのまま
Barry Churchがスターターだと思いますが、来シーズンにはスターターになることが期待されるでしょうし、それだけの能力があると思います。
問題はFAで二人の控え(Cody Davis、Don Carey)と契約しており、ロスターは埋まっている状態。
 Ronnie Harrisonを入れて5人にするとは思えないがどうするでしょう。まさか Barry Churchをカットすることはないと思います。たぶんDon CareyをCBとするか、それともカットするかでしょう。
明らかにBPAでの指名です。ただこちらも将来のスターターを確保することに成功しました。
個人的にもこの位置で
Ronnie Harrisonを獲れるならバリューピックだと思いますし、指名には納得できます。まぁニーズはどうするのと言われるかもしれませんが。

今日この後、この2日間の総括と3日目予想をあげられればなぁと思っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガーズは2巡61位でLSUのWR D.J.Charkを選択しました。

チームは
D.J.Chark獲得の為にトレードアップ(2巡50位まで)を試みたが上手くいかず、ヤキモキしていたようですが、無事2巡61位で指名できたことに大興奮している様子。

T.Coughlin曰く
Charkを1巡指名クラスの選手だと評価。
GM Caldwell曰く彼はジャガーズにフィットする。彼はスピードがあるし、良いランブロッカーだ。
パッシングゲームだけでなくランニングゲームでもインパクトを与えることができる。カレッジでも年々成長してきた。と評価。


指名のメリット
 チームは最初から
D.J.Charkを狙っていた感じですね。それほどチーム内での評価は高かったようです。チームのニーズであったサイズ(6-3/199)とスピード(40ヤード4.34)を持ち合わせた身体能力の高いWR。またCaldwellが言っていたようにランブロックもWRとしては素晴らしいと思います。ただダブルムーブなどでCBをうまく引き離すことがあるものの、ルートランニングはこれからもっと磨いていく必要がありそうです。シェアハンドというわけでもなさそうです。また活躍できたのもカレッジ最終年の1年だけと不安な部分がありますが、逆の見方をすると伸びしろも大きいように感じます。
たぶんいきなりスターターでの起用になりそうです。基本的にはアウトに
D.J.Chark、Moncrief。スロットにLee、Westbrook、Coleになると思いますが、WestbrookとColeはアウトでも使えるでしょう。D.J.Charkの役割はチームにいなかったサイズとスピードを生かしたディープスレット。ディフェンスを縦に引っ張ることができれば、ランオフェンスに好影響を与えることができます。

将来のエースWRを指名することに成功したと言っていいでしょう。チームはそれくらい自信をもっているようです。個人的にもWRはどこで指名しても良かったですし将来のエースWRの指名であれば大満足です。これでWRのユニットとして完成したといいと思います。





    このエントリーをはてなブックマークに追加

連続で投稿。2日目の予想というよりも個人的な希望中心で。



2巡希望

・Orland Brown OT Oklahoma
 おそらくT.Crosbyは2巡61位では残っていないでしょう。となるとこの人。コンバインの内容を見る限り、とても2巡で獲るような選手ではないのかもしれませんが、ゲームフィルムを見ると良い選手に見えます。サイズ(6-8/345)を見てもジャガーズ好みですし、あり得ると思います。

・Anthony Miller WR Memphis
 個人的には超お気に入りの選手。サイズ(5-11)的にはジャガーズの求めているタイプではないが、ルートラン、キャッチ能力は素晴らしい。第2のABになれるかも。サイズを無視してでも獲ってほしい。ただ残っていないかな

・Dallas Goedert TE South Dakota State
 Hurstの次に好きなTE。パスキャッチに優れ、ディープゾーンでも力を発揮しそう。ただランブロックには不安が残る。

 



3巡希望

・ Ian Thomas TE Indiana
 3巡で欲しいTE。パスキャッチ、ブロックともにバランスが取れているが、まだまだ粗削りで完成されていない。しかし伸びしろがありそう。

・Duke Dawson CB Florida
  個人的には3巡の本命にしたい。高さはないが、スキルもしっかりしておりニッケル向け。マンカバーもゾーンもそつなくこなす。地元フロリダならこの人と思っていた。

・Kalen Ballage RB Arizona State
 お気に入りのRashaad Pennyがまさかの1巡指名。ただ
Ballageも悪くない。サイズもあり、ランだけでなくパスキャッチもできる。ジャガーズにとっての弱点であるKRができるのも魅力。



オフェンス中心の指名を望むがディフェンスならCBもしくはOLBの指名がありそう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガーズが1巡29位で指名したのは、地元フロリダ大 Taven Bryanでした。

さすがに驚かされましたね。 またDLかよ。という声も聞こえてきそうですけど、副社長
T.CoughlinやGM Caldwellのコメントを読んでいると変に納得してしまい、悪くない指名かなと思えるようになっています。


まず指名を受けて感じることは、Luncheon会見で言っていた通り、ポジションに関係なく残っている選手の中でベストの選手を獲ったという事。
上にあるように29位の指名権がきた時点で、ドラフトボードの1番上にはTaven Bryanの名前があったようで迷わず指名したようです。ニーズを考えてTEなどの指名を優先させるとも思いましたが、残っている中でベストの選手を選択しましたね。

そしてもう1つ感じたのがいかにもT.Coughlinらしい選択だなという事。
Luncheon会見の中でCoughlinはドラフトについて"The process remains the same"(プロセスは何も変わらない)と言っていました。
ブログでも何度か書いていますが
T.Coughlinは攻守のライン(OL、DL)を重要視し、大型でフィジカルに優れ、アスリートタイプを好みます。過去のジャガーズ時代のドラフトを見ても、T.Boselli(6-7/324)や2年連続でMarcus Stroud(6-6/310)、John Henderson(6-7/335)とDTを指名するなどドラフト上位で攻守ラインを指名する割合が非常に高いです。指名したTaven Bryanも6-5/291と大柄でアスリートタイプと、いかにもT.Coughlin好みと言えるでしょう。残っていたので迷わず選択したというのも頷ける指名でした。
能力に疑いの余地はありません。テクニックにはまだ改善の余地がある(腕も短い)と思いますが、高い身体能力があり、最初の1歩目、動き出しが非常に速く、OGを振り切ることが可能です。基本は3テクDTでの起用になりそうです。



指名のメリット

GM Caldwell曰く、”昨年のフィラデルフィアを見てくれ。
スーパーボウルでも最後までDLはローテーションで回し、常にフレッシュな状態を保っていた。我々もそれを実行したい。”
確かに昨シーズンのペイトリオッツとのAFCチャンピオンシップゲームでは、後半、なかなかBradyにプレッシャーがかからず、パスを通される場面が多々ありました。特にパスシチュエーション
ではCampbell、Jackson、Fowler、Ngakoueの4名でほとんど回しており後半、バテていたのはあったと思います。
T.Coughlinに言わせれば、DTだけでなくDEでもQBにプレッシャーを与えることができると言っているので、パスシチュエーションでもローテーションの一員としてしっかり仕事をしてくれそうですし、他の選手もフレッシュな状態を保てるでしょう。
また今後、CampbellやJackson、Dareusなど高額な選手を何年も抱えられるようなキャップスペースもないですし、その代わりとなり得るTaven Bryanの指名は将来的に見ても素晴らしい指名だったといえるでしょう。



1巡はニーズではなかったものの、理に適った素晴らしい指名だったと言えると思えます。ただTEなどのニーズが埋まっていないのも事実です。2巡以降もどのポジションを指名するか注目です。もしかしたらまたニーズに関係なくBPAの指名になるかもしれません。

2日目の予想も明日の朝までには書きたいと思います。今度こそ1人くらい当てたいですね。







    このエントリーをはてなブックマークに追加

あっという間に明日に迫ったドラフト。ジャガーズが誰を指名してくれるのか非常に楽しみ。

ジャガーズが持つ指名権は1巡29位。


予想をするのは非常に難しい位置ですが、指名予想のヒントになりそうな事柄を2つ挙げておきます。

①CaldwellがGMになって(2012年以降)から、ドラフト1巡で指名している選手は必ずプレドラフトでジャガーズを訪問。
まぁ当然と言えば当然でしょう。1巡は絶対外したくないですし、能力だけでなく、バックグランドもしっかり確かめておきたいと所です。
ただ今回の指名巡は29位と今までのトップ5以内にいた時とは違って、指名したい選手が確実に残っているとは言えない状態です。プレドラフトで訪問していない選手を指名する可能性もありますが、それでもトップ20で指名されそうな選手は1人も訪問していませんし、やはりプレドラフトで訪問した選手を指名する可能性は高いような気がします。また1巡は29位ですが、次は2巡69位とほぼ3巡と考えてもいいような指名巡。という事は2巡指名が予想されている選手でも本当に欲しい選手ならリーチでも1巡29位で指名する可能性は十分ありそうです。
ということでドラフト上位(1~2巡)予想でプレドラフトでジャガーズを訪問している選手を挙げると、

・Mark Andrews TE Oklahoma
・Dallas Goedert TE South Dakota State
・Mike Gesicki TE Penn State
・Hayden Hurst TE South Carolina
・Tyrell Crosby OT Oregon
・Orlando Brown OT Okalahoma
・Billy Price C/G Ohio State
・Rashaan Evans LB Alabama
・Jerome Baker OLB Ohio State
・Ronnie Harrison S Alabama


②Luncheon会見
毎年恒例のドラフト前の
Luncheon会見。ドラフトを占う上で参考になることが多いです。今年も現地20日に副社長T.Coughlin、GM Caldwell、HC Marroneが揃って会見に臨んでいます。
箇条書きでいくつか。

・プロセスは変わらない。私は以前からBPAでドラフトを考えている。(
T.Coughlin)
・候補は4~5人。もしかしたら1~2人は上から落ちてくる可能性がある。
・トレード(アップもダウン)はあり得る。
・先発は揃っている。過去数年のドラフトと違って先発が必要なわけではない。BPAでいける(
Caldwell)
・TEについては
Coughlin、Caldwell、Marroneともに時間を割いて詳細に話したようです。どちらかと言うとレシービングTEというよりランを出すためにしっかりとブロックができるTEを望んでいる感じ。
・Lamar Jacksonは素晴らしいアスリートだ。ただプロトタイプのポケットパッサーではない。それでもカレッジでしっかり勝ってきている。


キーワードはBPA。残っている選手の中でベストの選手を獲るという事らしいです。ということはディフェンスもしくはQBもあり得るという事なのかもしれませんがどうでしょう。それでもさすがに1巡RBはないでしょう。TEについては3人とも話していたようで細かく選手を見極めているとも取れます。
Lamar Jacksonは???M.McGlincheyやC.Ridley、D.J.Mooreが落ちてきても獲りそうな気がします。




1巡指名予想(願望)

1、
Hayden Hurst TE South Carolina
 私の中ではTEで一番好きなタイプ。年齢は気になりますが、ブロックも堅実ですし、バランスが取れているように見えます。

2、
Tyrell Crosby OT Oregon
 LTもRTも可能。Gもできる。そのversatility
は今、ジャガーズに最も欲しい人材。少しリーチかもしれないが個人的にはお気に入り。

BPA枠1、Mike Hughes CB UCF
 本当にBPAで行くならこの人でお願いします。非常に滑らかでスムーズに動きますし、ニッケルに打ってつけ。外でも使える。

BPA枠2、Harold Landry DE Boston College
 怪我歴を敬遠され、落ちてきたら即、指名して欲しい存在。パスラッシャーはあり得ないと思うかもしれないが、D.Fowler Jrの5年目のオプションも決定してないし、高額で残すより
Harold Landryを獲った方がお得。



さぁどうなるでしょうか。明日、ライブは厳しいかもしれないが、夜には速報をあげます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

最後はサラリー、契約的に気になっているDT、Sを簡単に。


1テクDT カッコ内は(何年目/契約年数)

・Macell Dareus(3/6)
・Abry Jones(2/4)

昨シーズン途中、トレードで
Dareusを獲得したものの、スターターは変わらずほとんどJonesのままでシーズンを終了しました。プレイングタイムはほぼ五分五分。どちらが先発でどちらが控えというのは言えないような状態です。ただ問題なのは今シーズンのサラリーがDareusが10M、Jonesが3.5Mと二人とも高額で本来なら1人はカットしたい所。また来シーズンには、二人ともデッドマネーなしとなるので来オフにはどちらかがカットされるのは確実だと思われます(たぶんDareusでしょう)。その為、来シーズン以降を見越して、今ドラフトでBPAでDTを指名する可能性はありそうです。それでもドラフト下位でしょうか。


S  カッコ内は(何年目/契約年数)

・FS  Tashaun Gipson(3/5)
・SS  Barry Church(2/4)

不動のSコンビですが、こちらもサラリーが問題となりそうです。
Gipsonは今シーズンのサラリーが7M、来シーズンが9M(デッドマネー1.6M)とSとしては高額。もしかしたら来オフにはカットの可能性(もしくは契約見直し)がありそうです。 Churchは今シーズンが5M、来シーズンが6.3Mとそれほどでもないですが、今シーズンには30歳になりますし、そろそろ次を考える可能性は捨てきれません。それでも2人とも今シーズンはまだまだ活躍できると思いますし、よほど気に入った選手でなければドラフトされることはないでしょう。



最後にサラリーキャップの事を少しだけ考えてみたいと思います。※spotracを参考にしています。
今シーズンはこのままキャップ内におさまりそうですが、来シーズン(2019年)を見てみると仮に今シーズンと同じサラリーキャップ(177.2M)だとすると、すでに44Mもオーバーするとの事(繰越金がないと考えて。おそらく毎年約10Mずつは増えていくとは思いますけど)。
つまり来シーズン以降は高額の選手をカットしていくことは間違いないと思います。その筆頭がRT Parnelであり、DT 
Dareusになるでしょう。年齢を考えれば、DE Campbellも放出候補にあがってくるかもしれません。またたぶんジャガーズが考えるのが2016ドラフト組(Ramsey、Jack、Ngakoue)との契約延長(2019年が契約最終年)。それを考えると現在の戦力を保てるのはよくて2019年シーズンまででしょう。ここ2年がスーパーボウルへ挑戦できる期間だという事もできそうです。そしてやはり少しでも長く戦力を維持していくには、ドラフトでいかにいい選手を獲得し、新旧の世代交代を図れるかにかかってくると思います。そういう意味でも今ドラフトは将来を見据えて、非常に大事なドラフトになりそうです。


明日からは、ドラフトまでに出来ればモックや指名予想などもやっていければなぁと思っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はCB。

CB カッコ内は(何年目/契約年数)

・Jalen Ramsey(3/4)
・A.J.Bouye(2/5)
・D.J.Hayden(1/3)
・Jalen Myrick(2/4)

ロスター当落線上

・Tyler Patmon(1/1)
・Dexter McDougle(1/1)


Jalen RamseyとA.J.Bouyeは二人揃ってオールプロに選ばれ、リーグ最高のCBコンビと言ってもいいでしょう。問題はAaron Colvinが抜けたニッケルバック。代わりにFAでD.J.Haydenを獲得。ただColvinの代わりが務まるかは不明。金額的にはやってもらわないと困るんですけどね。個人的には疑問視していますが、これだけ高額で獲得したということは起用していくでしょう。それよりも2年目を迎えるJalen Myrickの成長に期待したい所。ジャガーズでは3番手CBはほぼスターターと考えていいと思います。それほど重要な役割を担わなければなりません。個人的には不安があるので、できればドラフトで1人は欲しい所。



ドラフト展望

プレドラフトなども含めても、ドラフト外が予想される選手(Malik Reaves、Trey Johson:共にVillanova)との接触はあるものの、それ以外は全くなし。チームは
D.J.HaydenとJalen Myrickに自信を持っているということなのでしょうかね。
個人的には中位~下位で指名してほしいのですが、どうなるでしょう。Duke Dawson(Florida)、M.J.Stewart(North Carolina)、Anthony Averett(Alabama)辺りを指名してくれないでしょうかね。特に
Duke Dawsonはニッケルに向いていると言われていますし、個人的にも注目している選手。
ただ現実的にはドラフト下位~ドラフト外ですかね。

個人的願望 中位~下位
現実的予想 下位~ドラフト外
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日からはディフェンス。と言ってもNFLでもトップクラスのディフェンス力を持つジャガーズですから、ほぼ弱点はありません。それでもLB、もしかしたらCB、DT辺りの指名も考えられます。そういうわけでディフェンスはこの3ポジションだけ取り上げたいと思います。

ということで今日はもっとも指名がありそうなLBを。

LB カッコ内は(何年目/契約年数)

・Telvin Smith(1/4)
・Myles Jack(3/4)

控えLB
・Blair Brown(2/4)
・Donald Payne(2/3)
・Lerentee McCray(1/2)

今オフにディフェンスのハート&ソウルだったPaul Poslusznyが引退。先日行われた引退セレモニーで
Telvin Smithが涙を流しながらスピーチをしていたのがとても印象的でした。そのTelvin Smithが今後はチームのハート&ソウルとしてディフェンスを引っ張っていく存在。今シーズンもオールプロセカンドチームに選ばれた実力を発揮してくれるでしょう。
2年目の昨シーズン、ドラフト時の評判に違わぬ実力を見せつけた
Myles Jackも今シーズンやってくれるでしょう。
Telvin SmithとMyles Jackのデュオは間違いなくNFLでもトップクラス。問題は3番手LB。チームとしては昨シーズン同様Telvin SmithはWLBで起用し、Myles JackをMLBで起用したい方針は変わりないが、SLBを担える人材がいません。昨シーズンもPaul PoslusznyをSLBで起用したが結局、上手くいかず、Paul PoslusznyをMLBでMyles JackをSLBで起用する場面が何度も見られました。
と言っても、何度か書いていますが、ジャガーズディフェンスは4-2-5(SS Barry ChurchをボックスSとして起用)が多く、3番手LBはディフェンス全体(プレイタイム)の35%しか起用されていないというデータがあります。重要性で言ったらそこまで高くないような気がしないでもないですかね。
今シーズン2年目を迎える
Blair Brownの成長に期待するのか、それともやはりドラフトで連れて来るのか。デプスもペラペラなので確実に指名してくるとは思いますがどうなるでしょう。



ドラフト展望

まずはプレドラフトで訪問した選手を。

・Jerome Baker OLB Ohio State
・Jermaine Cater OLB Maryland
・Rashaan Evans ILB Alabama
・Skai Moore OLB South Carolina
・Kenny Young ILB UCLA
・Jeff Holland DE/OLB Auburn

シニアボウルでの接触

・Shaquem Griffin LB UCF

プレドラフトでジャガーズを訪問したLBは実に6人。ただ
Rashaan EvansとJerome Baker以外は下位指名もしくはドラフト外を予想されている選手ばかりです。ただこれだけLBに興味を示しているという事はやはり指名の可能性は高いと言えるのかもしれません。しかし先ほども書きましたが、ディフェンス全体の35%しか使われない選手をドラフト上位で指名するのは勿体ないような気がします。できれば下位で限定的に使える選手を。と考えるのが普通のような気がします。
この中だけで私的に注目している選手はJeff Holland
地元ジャクソンビル出身で
Auburn大に進学。フレッシュマンの時はCarl Lawson(現ベンガルズ)の控えとしてSLBでプレイ。Carl Lawsonが卒業(ドラフトされて)してからはチームのトップパスラッシャーとしてDEで活躍しました。
上記にあるようにジャガーズは
Jeff Hollandとコンバインだけでなく、プレドラフトにも呼んで、入念にDEだけでなくSLBとしてプレイできるか能力を確認しているようです。アンダーサイズですが、いかにもDC Washが好みそうなタイプにも見えます。地元出身ということもありますし、SLBとしても使えると判断できるなら真剣に指名を考えているような気がします。


LB指名予想 ドラフト中位~下位



    このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと空いてしまいましたが、ここからドラフトまでラストスパート。

今日はQB。

・QB カッコ内は(何年目/契約年数)

・Blake Bortles(1/3)
・Cody Kessler(3/4)

今オフ最大の懸案事項だったQB問題。ジャガーズフロントは
Blake Bortlesと新たに3年契約を結び直しました。契約内容を見てみると1年目(2018シーズン)はキャップヒット10M、2年目(2019シーズン)はキャップヒット21M(デッドマネー16,5M)、3年目(2020シーズン)はキャップヒット23M(デッドマネー5M)。
この契約から感じることは2019年シーズンまで確実にエースQBは
Blake Bortlesであるという事。2020年シーズンに関してはデッドマネーが5Mで済みますし、18Mもキャップを開けられることを考えれば、カットの可能性もあるかもしれません。
フロントは
Bortlesに自信を持っているというようなコメントが多いですし、特に副社長T.Coughlinはプレイオフ(ピッツバーグ戦、ペイトリオッツ戦)での内容を高く評価していましたし、Bortlesへの信頼は非常に高いように感じます。
また実は昨シーズン中、ずっと悩まされていた右手首痛を今オフに手術し、現在はまったく痛みを感じない状態で新シーズンに臨めるということも新契約を結んだ大きな要因になったと思います。
なかなか決まらなかった控えQBにはトレードでCody Kesslerを引っ張ってきました。ブラウンズではさっぱりだったみたいですし、控えQBとしてどのくらい計算できるのかは未知数。
ここ数年はQB2人体制ですが、怪我などで欠場する可能性などを考えるとあと1人は欲しい所でしょうか。



ドラフト展望

いまだにモックでは1巡でLamer JaksonやMason Rudolphを予想するところもありますが、私的にはドラフト上位でのQB指名はないと思っています。理由としては、先ほども書きましたが、契約内容を考えると最低でもあと2年はBortlesがエースQBとしているので、ドラフト上位で指名して2年間寝かせておくことはさすがにないだろうという事。そしてフロントの
Bortlesへの高い信頼感。頑丈で怪我にも強くこの4年間欠場もないBortlesの事を考えれば今ドラフトでの上位指名はあり得ません。あるとしたら3番手QBとしてのドラフト下位での指名くらいではないでしょうか。接触しているQBも少なく、Mason Rudolph(シニアボウル)とBaker Mayfield(コンバイン)のみ。プレドラフトで訪問したQBは1人もいません。
私も
Blake Bortlesで今シーズン勝負してもいいと思います。もしダメでも2019年ドラフトでQBを上位で指名しても遅くはないと思います。

QBの指名予想 ドラフト下位
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はRB。

・RB/FB カッコ内は(何年目/契約年数)

Leonard Fournette(2/5)
T.J.Yeldon(4/4)
Corey Grant(1/1)

Tommy Bohanon(2/2)


今オフにChris Ivoryを放出。エースRBには
Fournette。3ダウンバックで貴重な控えのYeldon、1発TDがあるGrant。FBにBohanonとバランスの取れたユニット。昨シーズンは4RB、1FBの計5名で開幕を迎えたが今シーズンはどうなるか。



ドラフト展望

今の所、ジャガーズがRBを探しているような雰囲気はないですね。もしかしたらこのまま行くのかもしれないです。ただ個人的にはドラフト中位でできれば指名して欲しい。理由としては
Fournetteの怪我の多さ。大学最終年、そして昨シーズンと2年続けて怪我(足首の捻挫)で何試合か欠場しています。Fournette欠場の間はやはりランの脅威は減りましたし、ランヘビーを掲げるチームとしては致命的でした。できればFournetteの負担を減らし、できるだけフレッシュな状態を保てるような2枚看板に近い存在が欲しい所。またYeldonもGrantも契約最終年ですし、層が厚いと言われるRBを今ドラフトで指名するのもアリじゃないでしょうか。希望としては3~4巡でRashaad Penny(San Diego St)やKalen Ballage(Arizona State)辺りを獲れれば最高なんですが、虫が良すぎますかね。
現実的にはドラフト下位もしくはドラフト外辺りかもしれません。

個人的願望 3~4巡
現実的な予想 ドラフト下位~ドラフト外

    このエントリーをはてなブックマークに追加

OL、TEに続いて今日はWRを。

・WR カッコ内は(何年目/契約年数)

ロスター確定
Marqise Lee(1/4)
Dede Westbrook(2/4)
Keelan Cole(2/3)
Donte Moncrief(1/1)
Jaydon Mickens(2/2)

ロスター当落線上
Rashad Greene(4/4)
Shane Wynn(1/1)
Jaelen Strong(2/2)
Tevaun Smith(1/2)


今オフ、大きな動きを見せたのがWR陣。エースWRであったA.Robinsonを引き留められず、その代わりM.Leeとの契約延長に成功。その後、D.Moncriefと契約し、余ってしまったA.Hurnsを放出。
昨シーズンには主力と見られていた
A.RobinsonとA.Hurnsを放出した形ですが、元々、A.Robinsonは昨シーズンは怪我の為、ほぼ全休だったし、A.Hurnsも3,4番手扱い。今シーズン、2年目になるDede WestbrookとKeelan Coleが期待通りの成長曲線を描いてくれれば、昨シーズンと同等もしくはそれ以上のユニットになれるはずです。そしてこのまま近年の傾向通り、ロスターは5人でいくと思っていたのですが。。。



ドラフト展望

個人的にはラン中心のオフェンスを考えると5人のデプスで十分回せるような気がするのですが、どうやら首脳陣はそうは考えていないようです。
オーナー会議期間中のT.Coughlinのインタビューでは、もう1人レシーバーを加えたい(加えることが出来る)と発言し、それを示すように、プレドラフトでの訪問は今の所1人もいないものの、プロデイに多くのWRと接触しています。
その顔触れを見ると、

・Andre Levrone(6-3/225) Virginia

・Javon Wims(6-4/220) Georgia

・Keith Kirkwood(6-3/221) Temple

・Dylan Cantell(6-3/226) Texas Tech

ドラフト下位指名が予想される選手ばかりに接触していますが、特徴的なのはその身長。すべてが6-3以上の選手を見ており、結局は
A.Robinsonの代わりとなる選手を探している感じです。
確かに昨シーズンは、レッドゾーンで頼りになるWRは不在でしたし、現在のデプスをみても
D.Moncriefの6-2を除いては、皆、6-0前後と高さで勝負できるWRがいないのが現状です。
今後は上位指名が予想されるWRとも接触があるかもしれません。ただ現状では今いるWR陣でも戦えると思っているので、絶対に上位指名というわけでもないような気がするんですけどね~。それでも1巡29位でCourtland Suttonが獲れるなら是非獲ってほしい。

WRの指名予想 1~7巡(どこで指名してもおかしくない)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はTE。

・TE カッコ内は(何年目/契約年数)

Austin Seferian‐Jenkins(1/2)
Niles Paul(1/2)

控えTE

B.Koyack(1/1)
J.O'Shaughnessy(4/4)


今オフにFAで
Austin Seferian‐JenkinsとNiles Paulを獲得。逆にチーム1の古株だったM.Lewisは年齢的な衰えも見られ、カットされました。これで昨シーズンと比べてグレードアップされたかというと疑問が残る所。
それでも首脳陣はAustin Seferian‐Jenkinsの能力を買っているようで、今シーズンはエースTEとしての起用となりそうです。ただ契約年数も2年と短く、長期的な答えになっていないのも事実。また頼りになるのがAustin Seferian‐Jenkinsだけとデプス的にも不安が残る所で、首脳陣もこのままで満足しているとは思えません。



ドラフト展望

ドラフトでのTEの層の薄さを考えても個人的にはドラフト上位での指名を確実にしてほしいポジション。
現在(4月7日)までにプレドラフトでジャガーズを訪れている選手を見ても

Mark Andrews Oklahoma

Hayden Hurst South Carolina

と2巡までには確実に消えそうな選手だけを呼んでいます。またコンバインで評価爆上げとなったMike Gesicki(Penn State)に関してもジャガーズのオフェンスクオリティーコントロールコーチであるJohn Donovanの教え子(2年間
Penn StateのOC、TEコーチ)ということもあり、能力は熟知していると思われ指名候補に挙がってくるでしょう。ここまでのジャガーズの動きを見てもTEの指名は確実なように感じます。

TEの指名予想 1~3巡

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラフトまで1か月を切りましたし、そろそろドラフトモード。
ただドラフトTop5以内にいた過去数年とは違い、戦力も充実し、FAでしっかりニーズは埋めてきており、デプスもほぼ埋まっていますし、予想するのは非常に難しい所。ニーズを埋めるのに四苦八苦していた過去のドラフトと異なり、今年は基本的にはBPAで行くかな。というところでしょうか。
それでも来季以降も見据え、指名しそうなポジションがいくつかありますので、ポジション別でいくつか紹介できればと思っています。

今日はOL。

・OL  カッコ内は(何年目/契約年数)

LT 
C.Robioson(2/4)
LG A.Norwell(1/5)
C B.Linder(2/5)
RG A.J.Cann(4/4)
RT J.Parnell(4/5)

主な控え
OT J.Well(2/2)
C/G T.Shatley(2/2)
G C.Reed(2/2)


昨シーズン、T.Coughlinが副社長としてフロントに復帰してから、
B.Linderと契約延長、ドラフト2巡でC.Robiosonを指名、そして今オフ、FAでA.Norwellを獲得と攻守ライン(OL、DL)を重要視するいかにもT.Coughlin好みの大型でフィジカルに優れるタイプ を集めてきました。
これで
RG A.J.Cann以外は、身長6フィート6インチ、体重310ポンド以上の大型ラインが完成しました。
盤石の左サイドとは異なり問題は右サイド。
RG A.J.Cannは好不調の波が激しく、プレイにムラが目立ちます。契約最終年を迎えることもあり、今ドラフトで後釜を指名する可能性はあると思います。できれば
Cannに代わり、今シーズンから先発できる選手を指名したい所。
RT J.Parnellは実力も十分。来シーズンまで契約は残っているものの、今シーズンには年齢も32才を迎え、来シーズンにはデッドマネーが発生しないことから、今シーズンまでではないかと囁かれています。実力はあるだけに本来なら来シーズンまで契約を全うしてもらいたい所ですが、ドラフトで後釜を指名する可能性は捨てきれません。
控えOLも総じて契約最終年を迎え、来シーズン以降は不透明な状況。



ドラフト展望

まずはRGのグレードアップ。モックではI.WynnやW.Hernandezの1巡での指名予想がありますが、個人的には無いような気がしています。理由としてはフィジカル的には問題ないものの、サイズが
2人ともWynn(6-3)、Hernandez(6-2)と小さく、Coughlinの好みではないこと。
それよりもカレッジではOTでプロではOG向きな大型な選手を指名する可能性が高いように感じます。もしくはプロではOG向きと言われた
C.RobiosonをLTからOGに回し、OTを上位で指名する可能性もあるかもしれません。

現在(4月6日)までにプレドラフトでジャガーズを訪れている選手を見てみると、

OT Orlando Browns(6-8/345) Oklahoma

OT Will Richardson(6-6/306) Oregon

OT/OG Tyrell Crosby(6-5/325) NC State

OC/OG Billy Price(6-4/305) Ohio St

といずれも3巡までに指名が予想される選手ばかり。やはり3巡までにOLの指名があるというのが自然な流れなのかもしれません。個人的な好みで言えば、この中なら3巡で
Tyrell Crosby辺りを指名できれば、最高なんですけど、どうなりますかね。

OLの指名予想 2~3巡


    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の続きを。

◎DB

 ・D.J.Hayden 3年19M(9.5M保証)
 ・Cody Davis 2年5M(2.5M保証)
 ・Don Carey 2年2.5M

 A.Colvinは年8M以上で同地区のHOUへ。私的にはA.Robinson以上に残ってほしかっただけに非常に残念な気持ちでいっぱいです。そのColvinの代わりに獲ったのが元ドラ1D.J.Hayden。でもどうなんでしょう、簡単にしか見ていませんが、とてもColvinの代わりが務まるようには見えません。サラリーも高く、今回のFAでの獲得選手の中で一番評価できません。
C.Davisはスペシャルチームと控えSとしての獲得。特にGM Coldwellはスペシャルチーマーとして高く評価しています。また3番手Sとしても重宝される選手でしょう。
Don Careyはまだ現役でやっていたんですね。調べ直してみたらやはり過去にジャガーズに在籍したことがあり、出戻りとなりました。私の中ではタックル下手でとても使える選手ではないというイメージなんですけど、8年経っていい意味で成長していてほしいです。スペシャルチームでの起用が主になるでしょう。これでSもT.Gipson、B.Church、C.Davis、D.Careyの4名でロスターは決まりでしょう。



◎控えQB

 控えQBだったC.HennはKCへ。現在、QBはロスターにBortles1人。まさかこのままドラフトに行くことはないでしょう。GM Coldwellは控えQBについてしっかりとしたプランがあるとは言っているものの、ここまでまだQB獲得の話はありません。ベテランを確実に1人は連れて来るとは思うのですけど、もう少し時間がかかるかもしれません。



◎3番手LB

 たぶんこのままFAでの獲得はないと思います。ただPozの引退もありドラフトでは上位もしくは中位での指名はありそうです。




追加

 予想通りWR A.Hurnsはカットされました。これで7Mを浮かすことに成功しています。またこれは驚きましたが、TE M.Lewisもカットされました。これで3.5Mを浮かすことに成功しています。しかしまさかM.Lewisをカットするとは思いませんでした。ASJがいるもののこれでTEもドラフトでの指名の可能性はでてきたと思います。



FAは一段落つきました。ジャガーズはほとんどすべてのニーズをFAで埋めることができました(ニッケルCBとWR陣の質には不満はありますが)。おそらくあとは控えQBを獲るくらいでしょう。近年、ここまでニーズが埋まってドラフトを迎えることがあったでしょうか。
これでドラフトの自由度はかなり増しました。基本的にはBPAで行くと思いますが、どうなるでしょう。FA解禁前までは絶対ないと思っていたのですが、何かQBの1巡指名も見えてきた気もします。
ただキャップもキツキツですし1巡をトレードダウンして指名権を増やし、デプスを厚くすることも十分ありそうです。
次回からはドラフトモードに入っていきたいと思います。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ