いつの間にやらOTA、ミニキャンプが終了し、トレーニングキャンプまで1ヵ月余り。NFL好きにとっては最も退屈な日々です。

今後はトレーニングキャンプまでに各ポジション争いを見ていこうと思います。

その前にOTA、ミニキャンプまでのニュースのまとめを。

まずはドラフティーから

・ルーキーキャンプで右ひざ半月板の部分断裂の怪我をしてしまい、去年のドラ1Dante Fowler Jrの二の舞かと言われたJalen Ramseyですが、手術も成功し、2週間後にランニングもできるほどに回復。どうやらトレーニングキャンプには100%の状態で戻ってこられそうだ。本人もほぼ大丈夫だと自信を持っている。

・ひざの状態が不安視され、2巡まで落ちたMyles Jackだったが、ここまでは順調にトレーニングをこなしている様子。もちろんまだ100%の動きというわけでは無いようだが、本人に不安はないようだ。ポジションはPozに次いで2番手のMLBとしてプレイしている模様。開幕ではどのポジションでプレイするか注目されるが、将来的にはPozの跡を継いでMLBするのが理想だろう。早くもサードダウンやパスシチュエーションでは、T.Smithとコンビを組み、高いパスカバー能力を見せているようだ。期待は高まる一方。

・ドラ4ルーキーSheldon Dayも高い能力を見せている模様。ジャガーズのDLは最後までフレッシュに起用できるようにローテーションを多用するが、早くもMalik、Macksと共にローテーションを組めると期待されている。

・一方、ドラフト7巡Jonathan Woodardはアキレス腱断裂の為、シーズンアウト。LEOもしくはSLB(OTTO)で3、4番手としてロースター争いをするとみられていただけに残念。来シーズンに期待したい。


次は怪我からの復活組

・去年のドラ1Dante Fowler Jrは怪我はもう完治しており、鋭い動きを見せているとの事。パスラッシュ不足に悩まされたジャガーズにとっては、最も期待されている選手の1人。このままシーズンまで進んでほしい。

・Sen'Derrick Marksも怪我から復活を目指しており、トレーニングキャンプには間に合う模様。2年前の活躍の再現を期待したい。


OL問題

・私が先発Cとして期待していたLuke Bowankoは臀部の怪我で開幕PUPリスト入りが確定。能力はあると思っていたので非常に残念。これでCはBrandon Linderで決まりでしょう。問題はLGが誰になるか。これはトレーニングキャンプを通じての争いになるでしょう。

・トレードの可能性もあると見られているLuke Joeckelは、LTとしてトレーニングキャンプでBeachumとポジション争いをすると明言。まだまだ諦めていない様子。もしダメならLGとしての起用案も出てきている。トレーニングキャンプでのポジション争いは1番の見物になるでしょう。


Allen Hurnsと契約延長。

今シーズンまでの契約だったAllen Hurnsと新たに4年40M(保証20M)で契約を延長しました。
2年目の昨シーズン、怪我を抱えながらも64キャッチ1031ヤード10TDと素晴らしい活躍を見せただけに、少し高くつきましたがこの契約延長は当然でしょう。

内容は次の通り

hurnsdeal 

マイアミ大からドラフト外ルーキーで入団し、同じ年にドラフトされたMarqise Leeを完全に追い抜いて2番手WRの地位を確立したのは立派。GM Caldwellも機会があれば、地元フロリダ出身の選手を育て行きたいと言っていただけに喜びも大きいようだ。 またCaldwellにとっても自分が連れてきた選手で初めて契約延長した選手になった。FAで獲ってくるより、自前の選手を育てて契約延長するのが、チームを強化する上では理想だと思うので、本当に良かったです。

そして来年にはこの人の契約延長が待っています。

 NFL屈指の若手WRコンビとして今後もジャガーズを支えてくれるでしょう。

GO JAGUARS!!