ごりらいおんの日常

青菁社編集部のヒトリゴト


こんにちは。

いやー有馬記念も終わったな。

これが終わるとほんとにあとわずかって感が強い。

ということで今年を振り返ってみると、

ん~なんかあったかな。

あ、オリンピックね。

寝不足なりながら見てたな。

やっぱ卓球がおもろかった。

ほんで愛ちゃん結婚したし。

旦那の台湾人イケメンやし。

全然関係ないけど。

いやーあれだけイケメンやと、

卓球のイメージもかわるな。

昔は稲中卓球部のイメージやから。

ごりらいおんもイケメンになったら

人生かわるのかなぁ。

~妄想スタート~

イケメン男

帰ったら綺麗な奥さんがいて、

「おかえり」って。

イケメン女

~妄想おわり~





あかんっ

こんなんゆうてたら嫁からフルボッコ確定。

大丈夫、人には個性てのがあるから。

なにか絶対秘めたるものがあるはず。

それを開花させてないだけや。

(むなしい)

よし、来年こそは、

その何かの才能を開花させてやる!

待っててもそれは咲かない。

そう、行動力。

これがかなり大事なのは間違いない。

前向きにポジティブシンキングで。





いつもなんかわけわからんことゆうて

すいません。

今日のメインテーマはこれ。

熊谷勝写真集

「すずめ日誌」

の重版が決定のお知らせです。

こないだ猫写真集の重版が決まってすぐに

またうれしい出来事です。

本当にありがとうございます。

重版出来2

中身は本当にすばらしい作品ばかりです。

この写真集を見た後、

普段身近にいるすずめを

気にするようになったんですが、

もう超絶ギガンティック可愛いです。

(よーわからん)

すずめと一緒に暮らしたいくらい

ハマりますよ。

ぜひぜひ一度ごらんください。

他にもかわいい写真集など、

いろいろ出てますので。

みんなでスズメ業界を盛り上げよう!

おー!

ごりらいおんもよろしくね。

gorilion


どーもー、ごりらいおんですー👏

M-1グランプリおもろかったー

うん、全員おもろかった!

銀シャリは昔からおもろかったもんなー

最近爆笑することあんまりなかったけど、

笑うっていいよね。うん。

(なんゆーとんねん)

ちなみ、ごりらいおんが一番好きな芸人は

千鳥やけどね。





さっ、気を取り直して、お知らせっと。

えー、先月に発売となりました、

あおいとりさんの写真集

「気ままに猫だもん。」 

この度、増刷することが決定いたしました。

重版出来

本当にありがとうございます。

もっともっと、この写真集が広まってくれたら

嬉しい限りです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

今や猫人気はとどまることを知りません。

ねこ休み展など、にゃんこイベントもたくさんあります。

猫好きの方はぜひ行ってみてくださいね。

さあ猫時代を楽しもう!





一作目「猫だって鼻提灯くらいできるもん。」

二作目「島ねこぽん」、

そして、三作目「気ままに猫だもん。」

これで、あおいとりさんは、

猫写真集三部作の最後と仰ってます。

もっともっと見たい気もしますが、

今後のあおいとりさんの動向に注目ですね。

それでは今日は二作目の「島ねこぽん」を

少し紹介したいと思います。

島ねこぽん表紙カバー(明るさ+)

こちらの写真集は、

その名の通り「島猫」がテーマです。

著者がたくさんの島を巡り出会った猫たち

そのゆっくりとのんびり流れる時間とともに

楽しんでもらえる内容です。

では中身をちょっと紹介。

20161216121433_00001

島では、かわいいにゃんこがお出迎え。

20161216121518_00001

こちらは竹富島。

ほんとゆっくりとした時間が

写真からも伝わってきます。

20161216121551_00001

ごろにゃーご。

20161216121622_00001

こっちでは猫の大運動会かな?





と、こんな感じで、

自然体のにゃんこたちがいっぱいです。

ぜひ一度ご覧になってくださいね。





今年も残り僅か、

ほんと寒くなってきたなぁ。

週3で鍋やね。

ではここで、ごりらいおんの鍋ランキングーー

パチパチパチパチ👏

第1位は・・・「赤から鍋」

第2位は・・・「味噌煮込みラーメン鍋」

第3位は・・・「塩豚ちゃんこ鍋」

第4位は・・・

(もうええわ!)





みなさん体調お気をつけてくださいね。

それではこのへんで。



バイバイ





こんにちは。

10年前に戻りたいごりらいおんです。

これってよくある事で、

いわゆる後悔ってやつ。

あのときにしておけば・・・とか

ゆうたらキリがないくらいあるよねー

と、このように、

ネガティブ思考のごりらいおんですが、

あのときにしておけばの事を

仮に全部やっていたとしても、

また別の後悔が出てくるわけで。

そう考えると人間って贅沢な生き物ですよねー

(なにゆーとんねん)

まあ結局、過去を嘆くより、

これから先をどう生きるかが大事で、

こんな誰でもわかっているようなことが難しい。

(なにがいいたいねん)

結局、人生ってすばらしいってこと。

(は?)

“人生ってすばらしい”って歌詞で思い出す。

そうみなさんお分かりですよね

モー娘。ですよねー

はい私モー娘。世代ど真ん中で

やらしてもらってます。

あの歌詞いいよね。

(何の話??)

でも先を見て走るのもいいけど、

初心を忘れないこと。

この間、ある写真家さんと

お話する機会があり、

その方も写真を始めたひとつは

初心を忘れないために。と

写真というものは、

過去の志や想いなどを

呼び覚ましてくれるアイテムでもありますね。

そこで探しました。

青菁社が初めて出した写真集を。

それまでデザインや日本画などの

美術書中心だったようですが、

あるひとりの男性との出会いが。

それが「高橋真澄」さんだそうです。

その時に見た北海道の風景は、

今まで見たことのない日本とは思えない風景で、

衝撃を受けたそうです。(社長談)

それが青菁社での初写真集

「NORTH LAND IMAGE」

20161209103633_00001

中身を少し紹介

20161209104119_00001

20161209104156_00001

20161209122256_00001

もちろんもう在庫はありませんが、

今でもたまに「この本持ってます」って

言ってくださる方がいます。

ごりらいおんはこの本が出た時代は

全く知りませんが、

そう言っていただけると、

歴史を感じることができ、

そして今現在もこうして写真集を

つくり続け、そこに携わていることは

ほんとに感慨深いです。

高橋真澄さんも写真集を発刊して、

もう30年だそうです。

来年、

この歴史を振り返ることのできるものが

何かできれば良いなと思う今日この頃です。

青菁社って京都なのに

北海道の写真集多いよね。って

言われるんですが、

こういった歴史背景から

北海道を中心に数々の

すばらしい写真家さんと出会っていったわけです。





ごりらいおんも初心を忘れず、

より一層努力していきたいです。


gorilion


ごりらいおんでした。

このページのトップヘ