ごりらいおんの日常

青菁社編集部のヒトリゴト

タグ:写真


どうも。ごりらいおんです。

腹減ったなあ。

こないだひっさしぶりに吉野家行って、

すき焼き?みたいなん食べたけど、

あれ半端ないっす。

うますぎる。

あんなんあるんやったら早く教えてくれよ。

(だいぶ前からあるけど)





さて、今回も

佐藤和斗さんの奈良公園撮影同行のつづき。

体力の限界に近づいているので

ここでアイスクリーム休憩。

(こら最高やで)

そして最後の撮影スポットへ向かいます。

image9

ちなみに奈良公園へ行ったことない人へ、

ここでは鹿が優先です。

鹿が道路を横断しているときは、

気長に待ちましょう。

車で行く人は気をつけてね。

そしてたどり着いたところが

「飛火野」という場所です。

ここは広大な野原でたくさんの鹿を見る事ができ、

近くに都市があるとは思えないような場所なんです。

image11

紅葉と鹿の写真もいれておかなければ。

(あんま色付いてない)

image10

鹿さんはいつでもどこでもいます。

(いい顔!)

でも本当に奈良公園は広い。

そしてとてもいいところで、

想像以上のいい経験になりました。

こんな機会を与えていただき感謝です。

正直、佐藤さんと出会わなければ、

佐藤さんの作品を見る事が無かったら

奈良(や鹿)にここまで興味を持たなかったかもしれません。

人の心を動かすことができるという価値が

やっぱり写真にはあると改めて思いました。

そして、

その人の心を動かす写真を撮影するのが

どれだけ大変かという事も身を持って感じました。

またぜひ機会があれば同行したいですね。





自然写真家・佐藤和斗さんの活動内容は以下で。

佐藤和斗公式ホームページ



どうも、ごりらいおんです。

最近はあったかくなったり寒くなったり、

体調には気をつけてくださいね。

さて本日も写真家・佐藤和斗さんの

撮影同行のつづきです。





とりあえず人が多いところは避けて、

角鹿を見にいくことに。

あ、説明しておくと、

この時期の奈良公園にいるオス鹿は

ほとんど角がありません。

オス鹿は秋の発情期になると気性が荒くなります。

角による事故を防ぐために角を切るのです。

奈良の鹿愛護会のみなさんによる

「鹿の角きり」行事も毎年恒例の伝統行事です。

詳しくは以下のページで。

鹿の角きり(奈良の鹿愛護会)





さて、角鹿がいるという「大仏池」に。

なぜ、角のある鹿がいるのか?って?

それは、切ることができないからでしょう。

(暗黙の了解)

1

だってこんな所にいるからね。

(もののけ姫の世界)

でもこの大仏池って所もいい所でしたよ。

image8

もっと色付いていたら最高。

ここでもやっぱり、

「あそこに鹿が来てくれたらなあ」とか、

色々イメージするのですが、

そううまくはいきません。

景色と動物をイメージ通りに撮るのって、

本当に難しい。

(景色も季節で移り替わるからね)

そのシーズンには満足いくものが

撮れなかったとか、普通にあるでしょうね。

大変です。

ちなみに佐藤さんの鹿写真集の第1作目

「Dear deer 鹿たちの楽園」に収録されている

銀杏の絨毯の作品はこの場所だそうです。

あの作品は好きだなあ。





しかし、もうかなり歩いた。

足が痛い。

こんなに歩いたのは書店営業以来。

とりあえずアイス食べよ。

つづく



どうも、ごりらいおんです。

今日も自然写真家・佐藤和斗さんの撮影同行日記(つづき)です。

まだ鹿に会えてないごりらいおんですが、

とりあえず森の中は一旦切り上げて

鹿を見にいきます。

はい、ちょっと歩けばすぐにいます。

ふと見渡せば鹿と外国人。

日本語なんか聞こえてこない。

そんな鹿さんは人が近くにいても、触られても気にしない。

image3

でもこれが奈良の鹿なんです。

人と野生動物が共存する場所なんです。

(実際にいってみないと感じれない)

紅葉はまだもうちょいだけど、

広大な土地に広がる景色は別格です。

そして鹿のふんを避けながら色々と散策。

image6

これだけ観光客がいても

いい感じに鹿と風景を撮影できます。

奈良公園ではいろいろな場所でいいものが撮れるんですよ。

佐藤さんにいい感じに撮れるコツも聞きながら、

とても勉強になります。

佐藤さんは年に何回か写真教室など開催されておられるので、

ご興味ある方はチェックしてみてはいかが。

佐藤和斗公式ホームページ

image7

でも本当に色んなとこに鹿たちがいてここは別世界。

(そろそろ足が痛い。腹減った)





つづく



どうもお久しぶりです。

ごりらいおんです。

久しぶりすぎてなんと1年ぶりのブログ更新!

まあ気まぐれなんでそこはご了承ください。

と、いうわけで、

実は昨日(2018/11/08)

初めて写真家さんの撮影に同行させていただいたんです。

実際に現場に出て、どんな感じなのか、

これは身をもって感じたかったので本当にいい経験です。

とはいっても写真家さんのガチの撮影に同行するとか、

素人には身体が持たないんで、

かなりレベルは落としていただきました(感謝)

紹介が遅れましたがそんな素人を案内してくれる

写真家さんは?

奈良の鹿でお馴染みの佐藤和斗さんです。

地元奈良を中心に活動を続けておられ、

トークショーや写真展など、

様々なイベントをとても精力的に行われている写真家さんです。

写真集も発売されておりますので、

気になる方は以下公式ホームページをチェックしてみてください。

http://kazutogallery.plusphoto-web.com/

というわけで、

案内してもらった場所は、

佐藤さんのメインフィールドのひとつ

奈良公園です。

本当は若草山を徒歩で登るって話だったんですが、

紅葉の色づき加減などの影響もあり、奈良公園周辺の撮影に変更。

(とりあえず助かった。)

そして、撮影同行スタート!

最初は春日大社へ続く道にある森を案内してもらいました。

image1

気が付いたらもう足場の悪い森の中。

すでに足の裏が痛い。

(完全に舐めた服装で来たごりらいおん)

しかし、なかなか鹿さんが見当たらない。

時間帯なのか警戒しているのか、

全くいる気配がない。

そうこうしていると、

なんじゃこりゃ!

めっちゃ綺麗な“ふんちゅう”発見!

こんな綺麗なやつ初めてみたわ。

image5

結局この森で鹿を見る事はできなかった。

佐藤さんの著書「DEER LAND」には、

森の中の鹿の写真も多く収録されているが、

こんな所で?といっては失礼だが、

どうやってあんな作品が撮れるのかとふと思う。

それは、一度足を運んだだけでは絶対に捉えることはできない

ということは間違いない。

偶然森で鹿に出合い、偶然いい写真は撮れるかもしれない。

でも、

時間帯、天候、鹿の通る道、縄張り、嗅覚・・・

色々な事を頭に叩き込んでおかなければ、

この森で自分がイメージする作品は絶対撮れないのだろう。





つづく



どうも、ごりらいおんです。

寒いです。

寒すぎです。

布団乾燥機買いました。

これはこの冬重宝します。

もう今年もあと2ヶ月。

はやい。

とにかくはやい。

大人なると年いくのめっさはやいぞ

とどこぞの親父に言われたことを思い出す。

こんなことを言ってる間にも

冬は目の前。



どうでしたか?

少しは日ごろの疲れも癒されましたか?

はい、高橋真澄氏の四季シリーズ写真集

「冬 ふらの・びえい」

が発売中です。

美しい北海道富良野・美瑛の風景を見て、

心をリセットして、

今年最後まで突っ走りましょう。

ごりらいおんでした。

このページのトップヘ