コットンコーデル レッドフィンジョイント
13cm12gほど(フックレス時)
IMGP0814

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
アメリカンルアーメーカーのレッドフィンのジョイント、
1970年代末ごろから80年代初めのシーバス狙い用ミノーとして
紹介されていたミノーの代表格の一つです。
ちなみに私の認識では、当時のメジャーなシーバス狙い用ミノーは
ラパラの各シリーズ、ボーマーのロングA、
レーベルのレーベルミノー、そしてこのレッドフィンと言った感じ、
あと、ニールズマスターのインビンシブルも気になる存在でした。
これらの全メーカー共にフローティングミノーの泳ぎは
現在主流のシーバス用みのと比べかなり大振りの泳ぎでしたが、
特にこのレッドフィンシリーズとロングAは
これでもかという感じの泳ぎが特徴でした。
ボディタイプがジョイントになるとそれはさらに顕著で
バスルアーのクランクベイト等と比べてもそん色ない大振りアクションでした。
更にレッドフィンのジョイントは浮力の凄さが際立っていて
速引きしすぎると破綻するし、程よい速度で引くとほぼ水面近くお泳ぎ、
トップウォーターとして位置付けても良さそうは程でした。
現在の主流シーバス用ミノーと比べると段違いの射程の狭さですが、
届いてくれさえすれば十分勝負できるルアーで
実際に今でもコアなファンは少なくないと思います。
Gフィニッシュと言うキラキラしたカラーのものもあり
それらもまた固定ファンが多いようです。