ストライクキング スペンススカウト
000000-2

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
1980年代半ばごろのダイワのカタログに載っていた
アメリカンバスルアーです。
素材はウッドで新品状態からすでに木目が浮き出ていました。
塗装が剥がれてきたり経年変化で素材が痩せてくると
更に木目模様が浮いてきました。
重さは10数gありますが飛距離はあまり期待できません。
元々はリアフックにラバースカートが装着されていて
この個体はスカートが劣化して外した直後です。
泳ぎはドシャローレンジをくねくねと魅力的に泳ぎます。
地元の激シャロー河口エリアでは
シーバスはじめマゴチ等もバホバホ釣れました。
1990年代当時はフグみたいな形状のルアーでは
ソルトのフィッシュイーターはあまり釣れないと
都市伝説的な情報が流れた時期もありましたが
実際はほぼ関係なくこれでも釣れるし、
例えばウイグルワートのようなカモノハシがエサを探す如く
とんでもなく暴れまくって泳ぎ
且つ騒々しいラトル音を響かせるクランクベイトでも
ターゲットの近くまで投げることが出来、
捕食射程内を通過させることが出来れば
大体アタックしてきたと思います。
ソルトに特化したルアーをあまり持っていなかった頃は
子供の頃に集めたバスルアーもかなり使っていました。