シリヤケイカがものすごく釣れていると
新聞でも他の方のブログでもにぎわっている。
私も、ついつい釣りたくなった。
ここはこのイカで有名なポイント、熊本新港、
すでにメジャーすぎてあえてポイント名をぼやかす必要も無いほどだ。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
たぶん、人も多いだろうと日没前に到着してみると
すでにたくさんのアングラーが陣取っていた。
街路灯の下が一箇所だけまだ空いていたので
そこに私も陣取って
周囲の人につり方を教えていただこうと声をかけた。
すると、周囲は皆、キビナゴをえさのエサ釣りばかりで
エギングは一人もいない。
「わぁ、手探りで釣るしかないの???」
不安になりながらも2.5寸の安いエギをつけて
ちょい投げで探ってみる。
何度か沈めていたら根掛かりする深さがわかったので
カウントダウンで底近くまで沈め、
50cmほどちょいっとしゃくって、
すーーーーっと沈め、また、しゃくるを繰り返していると
「もあーーー」っと重たい感じが!
「これがアタリか!」
と、ラインテンションを保って、
ゆっくり巻き上げると、
水面を「プシュー!、プシュー!」とスミを吹きながら
イカがついに寄ってきた。
ゆっくりと持ち上げ、ランディング成功!
000000-3

握りこぶしくらいのシリヤケイカちゃん。
とりあえず、一匹釣れた。
続けて頑張ってみるが、意外に釣れない。
横のエサつりの人たちはすでに10匹以上は釣っているのに。
でも、だんだん勘所がわかってきて
少しずつペースアップしてきた。
「シリヤケイカ釣り、けっこう楽しい」
そんな感じで、手にイカ墨をたっぷりとつけながら
3時間ほどで30匹程釣った。
横の人はおそらく100匹以上は釣っていたが
私はもう満足。
ここでゲームセット。


※ブログ引っ越しに伴う過去記事の再掲載です