スポーツ&オリンピックまとめ

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権、国際大会などの日本選手情報を中心にまとめています

U―23のOAに浦和・FW興梠慎三が内定「監督から直々に」 反応まとめ

「U―23日本代表」手倉森ジャパンのオーバーエージ(OA)枠に内定したJ1浦和のFW興梠慎三(29)が、決断までの経緯を語った。

 3―2で勝利したFC東京戦から一夜明けた23日、チーム練習後に報道陣の取材に応じ、「最初は断ったんですが、手倉森監督から直々に『一緒に戦ってほしい』と熱く言われたので、それに応えたいという思いに変わった」と葛藤を明かした。

 すでにOAに内定しているDF藤春広輝(27=G大阪)、DF塩谷司(27=広島)を含めたU―23日本代表では、チーム最年長。

 若い選手のけん引役としても期待がかかるが、「自分には後はない。今五輪に入っている選手は若いし、これからA代表でやっていかなくてはいけない選手なので、思い切りプレーさせてやれるようなプレーをしたい」と抱負を口にした。

 指揮官待望のストライカーは、リオ五輪で悲願のメダル獲得に導くつもりだ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000029-tospoweb-socc
続きを読む

宇佐美貴史、アウクスブルクへの完全移籍が決定…クラブ間合意をG大阪が発表 反応まとめ

 ガンバ大阪は20日、日本代表FW宇佐美貴史のアウクスブルクへの完全移籍がクラブ間合意に達したことを発表した。

 アウクスブルクは今シーズンのブンデスリーガで9勝11分け14敗の勝ち点38、12位でフィニッシュした。ヨーロッパリーグでは決勝トーナメント1回戦でリヴァプールに2試合合計0-1で競り負け、ベスト32で敗退している。同クラブには2010年末から2012年6月までMF細貝萌(現ブルサスポル)が所属しており、宇佐美は史上2人目の日本人選手となる。

 宇佐美は2009年、17歳でガンバ大阪のトップチームに昇格。活躍が認められ、2011-12シーズンにドイツの名門バイエルンに加入したが、強力なタレントが揃うチームで出場機会を得られなかった。2012-13シーズンをホッフェンハイムで過ごした後、2013年6月にシーズン途中で当時J2に沈んでいたG大阪への復帰が発表された。

 途中加入となった2013年シーズンは18試合に出場して19ゴールを挙げる活躍で、J2優勝とJ1昇格の立役者となった。翌2014年シーズンには自身初のベストイレブン入りを果たし、チームの三冠(J1、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯)達成に貢献すると、昨シーズンには34試合でチームトップの19得点を記録。2年連続でベストイレブンを受賞した。今シーズンは明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節終了時点で全16試合に出場し、5ゴールをマークするなど主力として活躍している。日本代表としても6月3日に行われたキリンカップのブルガリア戦で得点を決めるなど、存在感を示していた。

 G大阪は今回の発表で、宇佐美の移籍前ラストゲームが25日の明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第17節の名古屋グランパス戦(市立吹田サッカースタジアム)となることを伝えている。同試合終了後にセレモニーが実施される予定となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00455214-soccerk-socc
続きを読む

MLB=イチロー、日米通算4257安打 ローズの最多記録抜く 反応まとめ

[15日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)、マーリンズのイチロー外野手(42)は15日、敵地で行われたパドレス戦に1番・右翼で先発出場して2安打を放ち、日米通算4257安打として、ピート・ローズ氏が持っていた最多4256本安打の記録を超えた。

ただ、MLBは日米通算記録を公式記録とは認めていない。日米別に分けると、日本では1278安打、米国では2979安打でメジャー歴代31位。

イチローは1回に内野安打でローズ氏の記録に並ぶと、その後の3打席は凡打に終わったが、9回に二塁打を放った。この日は5打数2安打、1得点、1三振の成績。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160616-00000016-reut-spo
続きを読む

【MLB】イチロー スタメン復帰で3安打固め打ち!最多ローズにあと1 4打数3安打1打点 .350 反応まとめ

◇ナ・リーグ マーリンズ13―4パドレス(2016年6月13日 サンディエゴ)

マーリンズのイチロー外野手(42)が13日(日本時間14日)のパドレス戦に「1番・右翼」で先発出場。
4試合ぶりのスタメン復帰で、8日のツインズ戦以来となる1試合3安打の固め打ちを見せた。

イチローは初回の第1打席では四球で出塁。プラドの右前打で二塁へ進塁すると、ボアの左前適時打で快足を飛ばして先制のホームを踏んだ。

3回の第2打席はイニングの先頭打者として左打席へ。パドレスの先発・レアが投じた3球目のストレートを見事なバットコントロールで左前に運び、続くプラドの2ランで生還した。
その後もマーリンズは攻撃の手を休めず、イチローはこのイニング2度目の打席に立つと、遊撃へ打球を転がして内野安打。この間に三走・エチャバリアが生還して打点も挙げた。

この日は快音が8回の第6打席でも響き、三塁線を抜ける左前打。これで、イチローはメジャー通算2977安打とし、殿堂入りの目安とされる3000安打まであと23本。
日米通算では4255本とし、ピート・ローズの持つメジャー通算最多安打記録までついにあと1本にまで迫った。

試合は3回に一挙7得点を奪ったマーリンズが13―4で大勝。先発のチェンは6回7安打4失点で4勝目。
イチローは3安打以外にも2つの四球を選び、さらに1打点3得点と大活躍だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000098-spnannex-base
続きを読む

<サッカー>OA枠に藤春、塩谷…リオ五輪代表 反応まとめ

 日本サッカー協会は14日、リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子U23(23歳以下)日本代表のオーバーエージ(OA)枠選手にガ大阪のDF藤春広輝(27)と、広島のDF塩谷司(27)が決定したと発表した。

 OA枠は24歳以上の選手を3人まで起用でき、霜田技術委員は残り1枠についても「使いたいと思っている」と語った。OA枠ではこれまでに浦和のFW興梠慎三(29)が打診を受けたことを認めている。本大会に臨む代表18人は7月1日に発表される。

 手倉森監督は「藤春選手はアップダウンの活動量、塩谷選手は対人の強さと高さを兼ね備えており、最終ラインの守備力と攻撃力を高めてくれることを期待している」とコメントした。【大島祥平】

 ◇ディフェンス巧者に白羽

 リオ五輪のOA枠は、まずは故障者が続出している守備陣をてこ入れするために現実的な補強となった。俊足の藤春は左サイドバックのスペシャリスト、塩谷は競り合いに強く、センターバック、サイドバック、ボランチと幅広くこなせる。海外組の選手はクラブの協力を得ることが難しく選出に制約がある中、Jリーグの強豪クラブの主力2人に白羽の矢が立った。

 霜田技術委員は求める点について「短期の一発勝負の世界大会は経験がものを言う。Jリーグや日本代表選手としてアウェーでの経験もある選手」と語る。ただ、フル代表での出場経験は藤春3試合、塩谷2試合で、代表選出も主力級選手のように定着しているわけではない。「ロシア(W杯)を見据えているこのチームで彼らも成長する可能性がある」(手倉森監督)という側面も大きな選考理由だろう。

 手倉森監督は五輪で結果を求めるだけでなく、2年後のW杯を見据えて日本を支える選手に成長するための育成を重視する。その点で方針は一貫している。【大島祥平】

 ◇夢舞台「うれしい」…ガ大阪・藤春

 ○…藤春は大阪・吹田スタジアム内で記者会見し、「世界でどれだけやれるか、楽しみ」と言葉を弾ませた。大体大から2011年に加入。俊足を生かした攻撃力が武器のサイドバックとして、昨年は日本代表デビューも果たした。これまで年代別代表の経験はなく、五輪は「遠い存在」だったというだけに「夢がかなってうれしい」と喜ぶ。本番では若い選手たちのまとめ役となることも求められる。「声を出して、盛り上げていければ」と、チームを引っ張る覚悟を示した。

 ◇「勝利のために戦う」…広島・塩谷

 オーバーエージ枠で選んでいただき、光栄に思う。自分にできることをピッチ内外で全力で行い、日本の勝利のために戦う。

http://livedoor.blogcms.jp/blog/gorinsports/article/edit
続きを読む

錦織 今季芝初戦は逆転勝ち 成長株プイユを下し「勝ててよかった」 反応まとめ

 男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは13日にドイツ・ハレで開幕し、男子シングルス1回戦で世界ランキング6位で第2シードの錦織圭(26=日清食品)は、成長著しい世界29位のリュカ・プイユ(22=フランス)と対戦し、6―7、6―1、6―4で逆転勝ちした。試合時間は1時間51分だった。

 両者は初対戦。錦織にとって今大会は、27日開幕の4大大会第3戦のウィンブルドン選手権につながる芝コートのシーズンの初戦となり、芝コートでの初優勝を目指す。

 試合前の練習中に雨が降り出し、会場の屋根を閉めるために1時間近く試合開始が遅れた一戦。錦織は第2ゲームでダブルフォルトなどのミスをし、いきなりブレークされてしまう。しかし徐々に左右に散らしてからドロップショットなど、多彩な攻撃が決まり始め第5ゲームをブレークバックした。その後は互いにサービスゲームをキープしてタイブレークへ。錦織は0―2から5連続ポイントを取ったものの、その後5連続ポイントを奪われ6―7(5―7)で第1セットを落とした。

 錦織のサービスゲームでスタートした第2セットは、ファーストサーブの確率確率が54%から85%に上がったことで、試合の主導権を握る展開。第2ゲーム、第6ゲームをブレークし、6―1で取った。

 第3セット前にはメディカルタイムアウト取って左脇腹の治療を受けた錦織。昨年のこの大会では準決勝の試合途中で左足ふくらはぎを痛め棄権。その影響でウィンブルドン選手権のシングルス2回戦も棄権しただけに心配されたが、第7ゲームをブレークし、6―4で試合を決めた。

 2回戦では世界262位のブライアン・ベイカー(31=米国)と世界192位のフロリアン・マイヤー(32=ドイツ)の勝者と対戦する。

 ▼錦織圭の話 (試合開始が遅れ)簡単ではなかったが、勝ててよかった。(自分にとっては)ここから芝のシーズンを迎える。2回戦に向けて集中したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000151-spnannex-spo
続きを読む

広島浅野、今夏にも欧州挑戦へ アウクスブルク候補 反応まとめ

 広島のFW浅野拓磨(21)が11日、今夏にも欧州挑戦する意向を明かした。途中出場したアウェー神戸戦後「レベルの高いところで成長するべきだと思う。今年の夏に行くかと言われれば、可能性はゼロではない」と前向きな姿勢を見せた。

 関係者によると、移籍先の候補にはドイツ1部アウクスブルクが挙がっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000009-nksports-socc
続きを読む

桐生3年ぶり自己ベストタイ10秒01も「ショック」と苦笑 リオ五輪派遣設定記録を突破 反応まとめ

 「陸上・日本学生個人選手権・第2日」(11日、BMWスタジアム平塚)

 男子100メートル準決勝が行われ、日本人初の9秒台の期待が懸かる桐生祥秀(20)=東洋大=は、リオデジャネイロ五輪派遣設定記録を突破する10秒01(追い風1・8メートル)の日本学生新記録をマーク。全体1位で決勝進出を決めた。

 高校時代の13年4月の織田記念でマークした日本歴代2位で10秒01に並ぶ自己ベストタイ記録となったが、9秒台まで再びあと一歩という記録に関係者には「ショックです」と苦笑いで話す場面もあった。

 決勝は午後6時から行われる。桐生はリオデジャネイロ五輪代表最終選考会の日本選手権(24日開幕・瑞穂)に向けて、調整のため出場している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00000045-dal-spo
続きを読む

五輪OA3枠フル活用!興梠、塩谷、藤春に絞られた 反応まとめ

 サッカー男子のU-23(23歳以下)日本代表が8月のリオデジャネイロ五輪で行使する、24歳以上のオーバーエージ(OA)枠の3人がFW興梠慎三(29=浦和)DF藤春広輝(27=G大阪)DF塩谷司(27=広島)に絞られたことが10日、分かった。同日夕、手倉森誠監督(48)ら同代表のスタッフ会議が東京・本郷のJFAハウスで行われ、最大3枠をフル活用する方針を確認。今月下旬までに3人と最終交渉する。五輪代表は7月上旬に発表される予定。

 リオ五輪のOA選手が、浦和FW興梠、G大阪の左サイドバック(SB)藤春、広島センターバック(CB)塩谷に絞り込まれた。約2時間半に及んだスタッフ会議で、前日9日にブラジルから帰国した手倉森監督と、交渉責任者の日本協会・霜田技術委員が中心となって議論。3人を軸とする案が現場サイドで固まり、本人、クラブとの最終交渉に入ることになった。

 12人の大枠リストから人選が始まったOA交渉。8月4日の1次リーグ初戦ナイジェリア戦まで2カ月を切り、道筋が立った。手倉森監督は5月11日のガーナ戦後、OA起用位置について「FW、攻撃的MF、サイドバック」と初めて言及。「前線に収まりがほしい」と、ポストプレーに優れたFWを求めた。J1で4年連続2ケタ得点中で、ACL日本人最多得点記録(通算14点)を誇る興梠のスタイルと合致する。

 上限3人中2人を守備に割いたのは負傷禍対策だ。U-23世代の主力CB奈良、岩波が大けがを負い、SBも一時、最終予選メンバー4人(松原、室屋、山中、亀川)が全滅。その状況で臨んだ先月のトゥーロン国際は4戦5失点で1次リーグ敗退。穴を埋める存在として50メートル走5秒8の藤春、CBと右SBをこなせる塩谷に白羽の矢が立った。

 OA候補は今年1月にハノーバーMF清武、ケルンFW大迫のリストアップが判明。5月には川崎FのFW大久保と興梠、塩谷と藤春の候補入りが明らかになった。この6人が最終候補。大久保は当初からクラブ側が難色を示し、清武もセビリアへの移籍が決まったため招集が困難になり国内組の3人に絞り込まれた。

 取材対応しなかった手倉森監督に代わって霜田氏は、この日が期限だった日本オリンピック委員会へのOA派遣手続きを「今月中をメドに延期した」と話した。負傷などの不測の事態に備え、FIFAに今後提出する35人の予備登録リストには大久保、清武の名前も残したとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00000027-nksports-socc
続きを読む

本田にストーク移籍の可能性が浮上。英地元紙報じる 反応まとめ

 来季末で満了となるミランとの契約を延長するのか、その去就に注目が集まっている日本代表MF本田圭佑。これまでも再三プレミアリーグからの関心は伝えられてきたが、ここにきて新たな移籍先候補が浮上した。

 イングランド中西部に位置するスタッフォードシャーの地元紙『ザ・センチネル』は9日、ストーク・オン・トレントに本拠地を置くストーク・シティが本田の獲得に興味を示していると報じた。

 同紙は先日の日本代表戦後に本田が口にした「僕としても首にさせられる結果だと認識している。自分の中では結果を残せなかったと2年半を振り返ることはできている。(ミランを)出ていく可能性はこの結果なんで常々ある」という言葉を伊『スカイ』の報道として引用し、移籍の可能性に言及した。

 そして、本田の獲得においてトッテナムやウェストハムがストークのライバルになりうるとしている。

 ストークの攻撃的なポジションではインテルで長友佑都とともにプレーした経験を持つスイス代表MFシェルダン・シャキリや、圧倒的な個人技で違いを生むオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ、元バルセロナの天才FWボージャン・クルキッチらが活躍している。

 しかし選手層は厚くなく、今季はパフォーマンスに継続性を欠く上記の選手たちの出来が成績に直結してしまう課題を最後まで解決できなかった。来季は欧州各国から実力者たちを集めながら9位に終わった今季の反省を生かし、上位躍進を狙っているようだ。

 果たして本田はミランを離れ、イングランド挑戦を決断するだろうか。ストーク移籍が実現すればレスターの岡崎慎司やサウサンプトンの吉田麻也と同時に3人の日本人がプレミアリーグでプレーすることとなり、これまで以上の盛り上がりを見せるに違いない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160609-00010033-footballc-socc
続きを読む
タグクラウド
応援クリックお願い致します
Sponsored Link
  • ライブドアブログ