2007年11月27日

盛岡行き4

最近サイト更新もブログの更新も滞りがちです。

GW明けから仕事が忙しくて、帰宅時間はだいたい夜の11時ぐらいです。この状態が来年いっぱい続きそうです。平日はほとんど旅行の事前調査に時間を費やして、土日も現地で走りまわっているので、なかなか掲示板の書き込みやメールの回答が出来ない状態です。

今は9月から、11周連続で山形県の置賜地方に掃苔旅行に出かけています。
米沢を起点に川西町、飯豊町、小鷹町、長井市、高畠町と廻って、あと南陽市の一部を残したところまでいくことができました。

先週末は山形県内は全域で大雪だったため、自転車で廻るのが不可能でした。久しぶりに自宅でゆっくりしようとも思いましたが、せっかくの3連休なので、資料収集と資料館めぐりをすることに急遽予定変更しました。今回は特に準備なしでも3日間もちそうな盛岡市をターゲットにしました。

山形の古書店は壊滅状態ですが、盛岡はいい古書店がけっこう残っています。また郷土出版もがんばっているようで、どこの書店に行ってもなかなかの品揃えです。思わず段ボール一箱分買っちゃいました。荷物に成りすぎるので、残りはネット経由で注文しました。書籍代は合わせて6万ぐらいでしょうか。読んでまとめるのにかなり時間がかかりそうです。

三日間とも県立図書館に通ってきましたが、新しくできただけあってかなり充実したレベルにあります。ゴールデンウィークに行った岡山県立図書館ほどではありませんが、山形や福島の県立図書館よりはずっと設備も使いやすさもまさっていますね。特に立地条件は最高です。やっぱり図書館はアクセスしやすい所に建てるのが基本ですね。

アクセスが良すぎるためか、利用者がかなりいるようで、速い時間帯に座席のほとんどが埋まってしまいます。しかもほとんどが受験勉強の学生です。利用者が多いのは結構なことですが、本来の利用者が不便しているのは問題ですね。学習席と一般席はちゃんと分けてあるのでちゃんとルールを守るよう、徹底してほしいです。岡山県立図書館は館員が定期的にちゃんと注意してまわっていました。

3日間使って3日間とも同じ状態でした。現在の場所に移転してまだそれほど時間がたっていないので、これから改善していくことになると思いますが、来年か再来年に本格的に行くことになったときには、もっと使いやすくなっていることを願います。



この記事へのトラックバックURL