『コードギアス』展開遅延の原因になったような気がするブログ。

(※いまだに旧角川書店他のデマに騙されている人が居ますが、彼らは当ブログに対して、言った通りの告訴をしていません) 『コードギアス 漆黒の蓮夜』は、キャラ・時代設定・物語が『柳生烈風剣連也』という92年に週刊少年ジャンプに掲載された漫画を中心に、過去のヒット作に酷似していましてな。 どうやら描き手が、「一旦連載を始めてさえしまえば、角川・サンライズ・バンダイは擁護せざるを得ない」事を計算し、意図的に盗作を行っている様子。 そのあたりツッコんでいます。 …ちなみにこの話を角川・サンライズ・バンダイの系列が広告主として影響力を持つpixivですると、バッサリ消されます。何者かwに勝手にログインされて退会操作をされて消えます。へー。  そうそう、都合が悪くなってきた制作者サイドがエア告訴で脅迫をしてきましたが、それは現在『漆黒の蓮夜』描き手のたくま朋正こと山口県岩国市麻里布町在住・大和商行&ダイアンガレージ経営の本名:越海保夫(こしのみやすお)の個人情報を割られるだけの結果になっています。へー。

『鉄血のオルフェンズ』のMA編がグダグダだったのは、メインスタッフの能力不足で『青の騎士ベルゼルガ物語』を上手にパクれなかったからなのでは?

※都合により当記事には、『装甲騎兵ボトムズ』外伝小説『青の騎士ベルゼルガ物語』(87年完結)の重大なネタバレが含まれます。
※『装甲騎兵ボトムズ』TV版や、『ベルセルク』のネタバレも含まれます。
※コメント欄には、『ウルトラマンオーブ』『鋼の錬金術師』『水滸伝』のネタバレもあります。


■■■『鉄血のオルフェンズ』のMA編だが、どうも、よく知らず読んでもいない『青の騎士ベルゼルガ物語』(ソノラマ文庫刊・全四巻)から設定を流用しようとして失敗したのではという気配がある。
 “地中から甦った人類殲滅を目的とする無敵のマシン”“作中では無敵のマシンの正体が完全には判らないまま”“無敵のマシンに抗う為の人型兵器が建造された”などなどという『青の騎士』のプロットそのままの事をしながらも、全く使いこなせなかった辺りが。

■以下、『青の騎士』の設定の該当部分を、出来るだけ本編中での表現を使いながら紹介。
 画像はホビージャパン刊『BULE KNIGHTⅡ』より引用。


■■■レグジオネータ
rectio100

 『装甲騎兵ボトムズ』の舞台であるアストラギウス銀河系の星・メルキアにて、約5000年前の地層から発見された機体。
 莫大な出力を誇る解析不能の機構によって作動し、星間ミサイルの直撃でも傷ひとつ付かない防御力と、触れずに多数の敵機体を破壊し得る攻撃手段を複数持つ。
 その正体は、他の銀河系から追放されてアストラギウス銀河系に漂着した、全ての既存の人類を殲滅し、その上に自らの望む新たな人類と文明を創造する為の兵器であった。
 レグジオネータには洗脳装置も搭載されており、40年かけてパイロットや周囲の人間を洗脳して軍部を掌握、現行人類を容易に絶滅するに足る戦力と、より優れた人間を産み落とせる機械兵士とを用意させた。

■『青の騎士』作中に於いて、レグジオネータの正体と目的は、洗脳を脱した男が見た断片的なイメージから推測された事しか描かれていない。
 “敵が強大過ぎる上に正体すら判らない”という状況が、劇作上の技術として緊迫感を高める為に使われている。


■■■ウォーリアー1
w-1-100

 レグジオネータの尖兵として無人工場で生産され続ける、搭載された生体コンピュータから人間を産み落とす事が出来る機械兵士。
 正確な数字は不明だが、少なくとも数万体は生産されている。
 新型の複合装甲が採用されており、従来(TV版当時)の通常兵器での破壊は不可能に近い。
 作中では、レグジオネータの計画が発動して人類がほぼ絶滅した後の街で、沢山の赤ん坊を産み育てているシーンの描写もある。


■■■FSXシリーズ
fsx-1100

 ウォーリアー1が無線でコントロールする子機。
 レグジオネータの計画が発動した後にも生き残っていた人間を、一人一人撃ち殺していくのに使用された。
 画像はFSX-1のみ引用したが、宇宙戦専用のFSX-2や全身が武器庫となっているFSX-3も設定されている。


■■■旧劣等種(ベルゼルガ)
 現行の人類よりも遥かに強靭な肉体と狂戦士の闘争本能を持つ、古い人類。
 約5000年前、旧劣等種の戦士がキューブの助けを借りてレグジオネータと戦い、一時的に退けたらしいのだが、その戦士の名前も、戦いの詳細も失伝している。


■■■キューブ
 他の銀河系がレグジオネータを追放する際に使用した推進機。
旧劣等種の戦士が使う武器やベルゼルガシリーズに装備されるパイルバンカーの単結晶金属と反応し、凄まじいパワーを発揮する。

■旧劣等種やキューブには挿絵が存在しない。


■■■ケイン・マクドゥガル
1eef135fkirinuki100

 『青の騎士』の主人公。
 旧劣等種の因子を色濃く受け継ぎ、粗暴で野卑な性格で、作中にはウォーリアー1が産んだ赤ん坊達を虐殺してまわるシーンもある。
 心の奥底には繊細な部分も持っているが、自身の感情や考え方を他人に伝えるのは苦手。
 幾多の戦いの中で徐々に片目片腕片足を失い、一人になっても、なお戦い続けた。
 軍の諜報部員からは「最強の兵士」と評されている。


■■■ブルーナイト・ベルゼルガBTS
ベルゼルガBTS100

 物語の前半、ケインが街から街へと渡り、バトリングと呼ばれるATどうしの興行試合に出場していた頃に搭乗していた機体。
 ケインも知らなかったが、パイロットと機体とを有線で繋いでシンクロさせるシステムが組み込まれていた。


■■■テスタロッサ
35wavetesta

 完全な広域破壊兵器を持ち、一対一でしか倒せないレグジオネータに対抗する為に建造された、最強最後のAT。
 ケインのかつての愛機・ベルゼルガを基本に、アストラギウス銀河系に存在する全ての戦闘テクノロジーと、常人が乗って戦えば即死する程の出力とが与えられている。
 キューブとパイルバンカーを装備し、ケインが搭乗した事で、レグジオネータと戦える力を得た。

■テスタロッサの画像のみ、現在最も貴重だと思われる、WAVEが80年代後半に発売したガレージキットの説明書から引用。
 文体や内容からすると原作者が説明文を書いているらしいのだが、記名が無く詳細が判らない。


■■■…。
 と、いう訳で、サンライズが版権に噛んでいて訴えられる心配の無い『青の騎士』から、“他の銀河系から漂着したマシン”“生命と文明を奪おうとするプログラム”“あらゆる攻撃を無効化する謎のシステム”“人間の子供を産むロボット”等々の面白過ぎてパクれぬ部分を削り、更に作り手の決定的な実力不足から“無敵のマシンの正体が最後まで判らない”のをサスペンス仕立てに出来無かったのが、『鉄血』のMA編なのではと。

■ハシュマルの、何故か意味深ぽいとか、何故かMAだけ300年間整備しなくても動くとか、何故かダインスレイヴが効き難いとかいう設定や、そうとは思えないがガンダムが対MA用に作られたという設定は、才能が無さ過ぎて、レグジオネータとテスタロッサの設定を上手にパクれなかった結果、ガバガバになったものなのではと。

■そして厄祭戦の具体的な内容や、アグニカ・カイエルの功績がハッキリしなかったのも、『青の騎士』作中でレグジオネータと旧劣等種の戦士との戦いが描かれていなかったからなのではと。
 長井龍雪がアグニカは熱血系主人公なのだと80年代っぽい事を言っていたのも、「ボクの考えた旧劣等種の戦士」の、貧弱なイメージの発露だったのではあるまいか。

■『鉄血』の三日月には、明らかに作り手固有の精神の中から出てきていない、まるで何がしかのロールモデルの上っ面をなぞっただけの様な気持ち悪さがあるのだが、それも、よく知らず思い入れも無いケインの上辺を真似した結果なのでは。

■ケインが片目片腕片足を失い始めたのは、既に人類の大半が殺し尽くされ、それでもたった一人で戦い続けていた後の事だったので、もう周囲には悲しむ人間など存在しなかった。
 三日月が身体の感覚を失い続けているのに周囲(自称家族)のリアクションがどうにも薄かったのは、元ネタ側に“こんな時周りの人間はどうする”という例が無かったので、『鉄血』メインスタッフが指針を失って何も出来無くなっていたからか。


■■■さて、当記事を書くにあたり、初めて『青の騎士』のウイキペディアを読んでみたのだが、これ原作の描写をそのまま使うのを避けたのか、まわりくどい表現の割に情報が少ないし、ストーリーは碌に書いていないし、登場人物も作中の何時何処で出てきて何をやったかは満足に書かれていない癖に最後だけはバカに詳しく書いてあるという、どうにもよろしくない構成であった。
 …そう、奇怪な事に、まるで『鉄血』本編の如くに。

■しかも設定関係が何箇所か間違っているし。
 という事で、誤っている箇所の一例を指摘するのと、『青の騎士』の原作者が無敵のマシンの正体が不明な事を緊迫感の軸にしていた事を証明するのを兼ねて、ウィキのキャプチャーと『BULE KNIGHTⅡ』のレグジオネータの解説部分とを貼っておく事にする。
 ウィキではレグジオネータの外装も他の銀河系で作られていたかの様な書き方になっているのだが、おいそりゃ「メルキア製だぜ」。
rectiowikikirinuki
recgi100moza妄執誤植

■…まさかとは思うが『鉄血』、只でさえ信頼性の扱いに困るウィキの中でもかなり出来が悪い部類に入る『青の騎士』のウィキを、本気で叩き台にしていたのではあるまいな??
 いやまさか。
 でもう~ん、あの凄絶な無能に加えて、深刻なネタ切れにまで陥っていたメインスタッフの事だからなあ~??

■う~ん、他よりも深刻なネタバレなので詳細は避けるが、ウィキに記述されていないレグジオネータの兵器は、
ハシュマルも使わないんだよなあ…??


■■■それと。
 『青の騎士』原作者のはままさのりがレグジオネータの起源を意図して書いた『凶兵器ヴァン・ヴィール』(ビークラブ連載版・未単行本化)『兇兵器ヴァン・ヴィール』(文庫本全一巻・未完)の主役ロボであるヴァン・ヴィールは、戦闘の度に装甲を少しずつ変更しながら戦っていましてね?
 バルバトスの装甲変更アイデアの元ネタは、もしかしたら『ブレイクブレイド』では無く、ヴァン・ヴィールだったのかも。


■■■…。
jpg largejpg large


■■■『青の騎士』アニヲタWiki(仮)も初めて読んでみたのだが、こちらはこちらで、何故か根拠不詳なまま原作者を叩いたり、何故か読者をアンチ側に誘導しようという明確な意図を持つ記述が複数あるので困る。

■いやあコレマタ、現在のサンライズにとって都合の悪い相手に対するネット工作の一種では無いとヨイデスケドネー。

■そしてソースも示さず「かの虚淵玄氏も本作に強い影響を受けたそうである。」とも書かれていて、スーパーゲンナリダヨー。

■当ブログでは、過去にこんな記事を上げていまして。
虚淵玄が『魔法少女まどか★マギカ』の脚本を書けたのは変だと思っている方は居ませんか??
http://blog.livedoor.jp/gorovion/archives/7333416.html
虚淵玄脚本の元ネタと思われる作品まとめ。
http://blog.livedoor.jp/gorovion/archives/7582261.html
『沙耶の唄』の恋愛部分のあらすじは、新井素子『グリーン・レクイエム』(80)そのまんまでした。
http://blog.livedoor.jp/gorovion/archives/8186133.html


■■■『青の騎士』は、完結後30年を経た2017年現在でも新商品が発売され続けている程には人気がある。
 そういえば2015年春のテスタロッサのプラモデル関連のイベントで、サンライズの渋谷誠というのが「会社に『青の騎士』の資料が無かったのでホビージャパンに借りに行ったんですよ~」とヘラヘラしながら喋って会場を凍り付かせた事があったのだけど、という事は秋からの『鉄血』放送開始前の、その頃そう言える時期に、サンライズ社屋内に『青の騎士』の原作やムック本が借り物として目立つ場所にあったという事になる。
 当時ネタを探していたであろう『鉄血』関係者が、そこで初めて『青の騎士』の存在やあらすじ程度を知って、どこかで流用しようと考えたのかもしれぬ。

■サンライズの人が言うには、『鉄血』は元々あった企画書を流用したとの事なので、元の企画書に「『青の騎士』を参考に」程度の事が書かれていたのに盲従して、物語や設定の意味する所を理解出来無いままに実行したのではとも考えられるが。


■■■サンライズは資料を大事にしないし、そのせいで劇作能力も継承出来無いのだなあという話は、その15年当時に当ブログのどこかで書いた様な気がするので、当記事では割愛。

■矢立文庫なるサイトを立ち上げてさえ過去作品のアーカイブ化をしないのは、今居る関係者の能力を底上げする事よりも、過去作品からの安易な盗用がバレぬ様にする事を優先した為なのでは…とまで言うのは穿ち過ぎか。


■■■『青の騎士』については、文庫本全四巻(描き下ろしの表紙とあとがきが追加された新装版も存在)とムック本『BULE KNIGHT』と『BULE KNIGHTⅡ』(印刷の質がやや劣る再販版も存在)を持っていれば、大体大丈夫だと思われます。
(私も、当時から現在までの模型誌の作例掲載号は全て入手出来ていません)
 こんにちでは手に入れる事はそこそこ困難ですが、読みたい方は頑張ってみましょう。

■現物すら持っていないサンライズが、アーカイブ化したりネットで無料公開したりする可能性は、社内事情が激変でもしない限り、全く無いです。


■■■オマケ話。
 …。
 漫画『ベルセルク』は、『青の騎士』完結の翌年に連載を開始しているが?
・身体を失いながらも戦い続け、狂戦士と呼ばれる主人公
・初登場時のエピソードが同じ異人種のヒロイン
・謎の強敵に触れた者が主人公を導く→髑髏の騎士
・テスタロッサ→狂戦士の鎧
・パイルバンカー→ドラゴンころし
・キューブ→魔法少女
・『青の騎士』をなぞり尽くした後は、話が進まなくなった
・『ベルセルク』の単行本未収録回(83話)は、『ボトムズ』TV版最終回の…
BERSERK83ワイズマン

■当記事では多くを語らぬが、サンライズが約30年前から才能ある人間もその作品も冷遇或いは封印し続けて凋落する横で、無関係な人間がそれらを換骨奪胎して儲けている状況の皮肉よ。

『鉄血のオルフェンズ』最終回で、後から出てきたエライ人が「悪魔の首を取ったー」とやらかしたのは、映画『ドラゴンスレイヤー』(81)の流用じゃないですかね?

※都合により当記事には実写映画『ドラゴンスレイヤー』(1981)の重大なネタバレが含まれます。
※『ベルセルク』のイメージソースのひとつでもある『ドラゴンスレイヤー』ですが、2017年現在日本国内ではDVDやBDが発売されておらず、視聴は困難かもしれません。
※『ドラゴンスレイヤー』のウィキペディアには、簡潔ながら物語の冒頭からラストシーンまでが全て書かれています。


■■■ツイッターでは放送終了の十数分後には書いていたのですが、『鉄血のオルフェンズ』最終回で、事実上戦闘の結果が出た後に社会的にエライ人が出てきて、作中最強の存在へとトドメを刺した風なポーズをして「悪魔の首を取ったー」と言いながら手柄をかっさらっていった…というのは、実写ファンタジー映画『ドラゴンスレイヤー』(1981)からの流用だったんじゃないですかね?

■サボってウィキから『ドラゴンスレイヤー』の該当部分を引用しますと、こんな感じです。
(魔術師が一人で命を懸けてヴァーミスラックス・ペジョラティヴという名前のドラゴンを殺し、)
焼けただれたヴァーミスラックス・ペジョラティヴの死骸の傍らに佇むゲイレンとヴァレリアンの元へ、カシオドラス王の一行が現れる。カシオドラス王はヴァーミスラックス・ペジョラティヴの死骸に剣を突きて、王の従者が浪々と宣誓した。「ここに、偉大なるカシオドラス王、悪竜ヴァーミスラックス・ペジョラティヴを退治する」
DSウィキ該当部分

■ウィキには“王の従者”とありますが、実際の映像では全身鎧を着た騎士団がメインです。
 『鉄血』最終回直前で、より騎士の鎧に寄せたデザインと装備のグレイズシルトというのが出てきて、勝利宣言時のジュリエッタ機を囲んでいたというのは、何かと実写映画から流用する長井岡田組の手癖だったのやも。

■カシオドラス王も、映像では結構ヨボヨボ動いて力無い感じでドラゴンの死体へと剣を突き立てていますから、ジュリエッタの動きが弱々しかったのも、元ネタの意味を理解しないまま流用したからだったとか?

■独自性や面白バトルが存在しない『鉄血』の中で比較的ここが目立つのは、『ドラゴンスレイヤー』という明確な元ネタがあったからなのでは?

■バンライズの上層部程度の知能ならば、「これこれこんな感じで衝撃的な展開なんですよ~」「視聴者に衝撃を与えるのは間違い無いですよ~」と『ドラゴンスレイヤー』の該当部分のパクリをプレゼンしてやれば、あんなロボットバトルを大事にしない上に変な展開でも、容易に許してくれそうな気がします。


■■■岡田麿里はどこかで「虚無感を感じてほしかった」と述べていたそーですから、王道を外していて印象に強く残る『ドラゴンスレイヤー』の物語構造を、意図的に頂いたのでしょーか。
 面白い面白く無いとか、滑ってるとかは置いておいて、理由はともあれ『鉄血』最終回の件のシーンが印象的だったとすると、それは先に道を切り開いた『ドラゴンスレイヤー』の御蔭でしょう。


■■■んー。
 岡田麿里は脚本を書く時に自分を投影するキャラを作るそーですが、『鉄血』ではジュリエッタに自己投影していたとの事。
 へー、後から出てきて功績を奪うジュリエッタと、後から出てきてガンダムや映画の功績を奪う岡田麿里が、最後には観客に白眼視される所までリンクしているというのが面白いデスネー。


■■■その頃の資料をひとつ。
 ニブチンだけが幸せそうデスネー。
大張正己 MASAMI OBARI‏ @G1_BARI
最終回の僕の原画パート
鉄血愛故に、いちばん描きたくなかったシーンを敢えて描かせていただきました。
いちアニメーターとして誰にも渡したくなかった…
僕のわがままです。
#g_tekketsu
17:00 - 2017年4月9日
https://twitter.com/G1_BARI/status/850981746615046144
オオバリ鉄血最終回


■■■以下『ドラゴンスレイヤー』雑記。

■『ドラゴンスレイヤー』はディズニーとパラマウントの共同製作で、特撮技術が未発達な81年当時には珍しい
“欧米製の大怪獣モノ”なので、割と有名なのではないかと思われます。
 私の周囲の長井岡田組と同世代は結構知っていました。

■純真な幼児期に観たので、ディズニーが関わっているのに女性のケツが映った事で「ボクはこれを観てもいいのだろうか」と考えてしまった個人的思い出。

■残念ながら、『ドラゴンスレイヤー』はそんなに面白い映画という訳でも無いので、頑張ってまで日本語版を探すもんでは無い、かも。

■『ドラゴンスレイヤー』というタイトルの実写映画は複数存在しますので、探す場合は注意しましょう。

■『ベルセルク』に与えた影響は、14巻の取り出してきた超凄い剣が別の剣を鉄床ごと切断するシーンや、その後その超凄い剣が人外の魔物に通用しないという流れであるとか(『ドラゴンスレイヤー』では槍)、ミッドランド王とカシオドラス王の外見が挙げられます。
 その一部は予告編で視聴可能。
Dragonslayer (Theatrical Trailer)
https://www.youtube.com/watch?v=RSWznYdY_e8

■しかしまあ、元ネタを料理してより広げてから使う(面白かった頃の)『ベルセルク』と、元ネタを意味も判らずなぞっただけの『鉄血』では、無限大の差が出来るものですね。

■ついでなんで『ベルセルク』の元ネタ映画。
 ベヘリットやゴッドハンドの元ネタは『ヘル・レイザー』(87)。
 モズグスが居た塔の辺りは『薔薇の名前』(86)。
 トロールの辺りは『13ウォーリアーズ』(99)。
 …力尽きている最中なので詳しくは書きませんが。

大地丙太郎「31日にヤマカンとニコ生やるわ。」【最終追記170401】

■■■報告が日程ギリギリになってしまいましたが、…という事なんだそうです。
大地ヤマカン告知

大地丙太郎‏ @akitaroh
31日にヤマカンとニコ生やるわ。
タイトル:
大地丙太郎監督と山本寛監督が切る「今のアニメ業界どうなってんの?」
こんな話題、ヤマカンと生でやったらヤバいだろ。知らねえよオレ。
0:36 - 2017年3月23日
https://twitter.com/akitaroh/status/844573558562963457

ヤマカンとニコ生やる
2017.03.24(金)
http://akitaroh.blog25.fc2.com/blog-entry-1932.html
31日に後輩の山本寛くんとニコ生をやり今の業界の現状の話をしようという事なのだが、危ねえ真似するぜ俺もよお~。
それよりも危ねえのが今の業界なのであるが…。
日々業界のヘンタイエピソードにまみれているこの俺が、当日どんな心境でこの番組に臨むのか、ヤマカンくんがどう来るのか、予測もつかぬが、可愛い後輩からの依頼じゃ、断る事など出来ん。
彼との出会いが「あたしンち」なのだ。それ以降は会ってはいない。Facebookでは最近繋がってはいるが。
テーマはアニメの現状ではあるが、この「あたしンち」監督降板に関しても触れる可能性もあるな。可能性だけだぜ。
全てはその日の心境だな。
しかし、結構な反響だ。そんでヘンなのも来てるよ。訳わかんないの。このヘンなのも含めて今のアニメの現状だ。
アニメ100年。
先駆者たちは今の俺たちのこのロクでもない素晴らしい世界をどう見てるのかな。
笑顔が見たい。
視聴者も作り手も。笑顔でいてほしい。コレが望みのすべてだ。


■■■ええっと、当ブログの記事がヤマカンに引用された事と関係があるのかどうかは判りません。
 何年か前に何故かヤマカンスレに粘着して当ブログを中傷する者が現れた事や、先月ヤマカンに記事を引用されたら一つ前の記事に変な荒らしが来た事との関連性も不明ですよ?

■引用があるヤマカンブログ記事と元の記事はこちら。
プロデューサー3
2017/2/4 18:02
http://lineblog.me/yamamotoyutaka/archives/13114056.html
ツイート集。大地丙太郎、ダメなプロデューサーについて語ろうとする…。
2016年11月08日21:00
http://blog.livedoor.jp/gorovion/archives/8735966.html


■■■参考資料で、実は続いていたバッPの話を少々。
 例によって画像やリンクはサボらせて頂きますが。

大地丙太郎 ‏@akitaroh
アニメの世界は変わって来たのだろうか?
変わらないままなんだろうか?
昨年のアニメずっこけ問題からクズP問題が発端で、地味ながら話を聞いて回っているけど、両面あるなあってのが今のところの実感。そんな中を変わらずくろみちゃんたちのスタジオプチは存在してくれていたんだなあ。うん。
10:27 - 2017年1月27日
https://twitter.com/akitaroh/status/824790904829419520

大地丙太郎 ‏@akitaroh
クソPの常套句。
プロジェクトに問題が発生した時…
「わかった、俺が悪者になればいいんだろ」
完全にお前のせいなんだよばーかっ❗️
14:58 - 2017年2月7日
https://twitter.com/akitaroh/status/828845403378290688

大地丙太郎 ‏@akitaroh
読んどいて 今リアルに起こってるクソPの話 http://hibitano.jugem.jp/?eid=1412  #jugem_blog
22:30 - 2017年2月7日
https://twitter.com/akitaroh/status/828959094866223104

大地丙太郎 ‏@akitaroh
それでも俺は傑作を送り続けるからね。
22:32 - 2017年2月7日
https://twitter.com/akitaroh/status/828959603756986369

大地丙太郎 ‏@akitaroh
だがね、俺がもっともっと蔑みたいPとかOKとかいるのよ。
そこは仕事が出来ねえ上にクソゲソカスなコトをやってる訳で、こんなところじゃ言えないんだよ。
コレ読んで思い当たるやつは今すぐやめろよ。何度も書いてるけどやめないとマジに成敗しに行かざるおえないからな。
22:57 - 2017年2月7日
https://twitter.com/akitaroh/status/828966002364813312

大地丙太郎 ‏@akitaroh
ブログで書いたコトをtwitterにレンドさせる時は、大したこと書いてない時だからね。
それで、気になった人は、大地丙太郎のブログ「日々は楽しい♪」をよーくチェックしといて下さい。
たまに爆弾ちゃん発言してるからね。
ギャハハ、ホントはあんまり読むなっ!
23:18 - 2017年2月7日
https://twitter.com/akitaroh/status/828971285992452096

大地丙太郎 ‏@akitaroh
ポカは誰にでもあるよ。思った通りにならないことも。失敗だって誰でもするのだからそんなことはいいんだ。
でも、熱がないのはイヤだ。
熱もなくやる仕事じゃないと思ってる、俺らの仕事は。
0:36 - 2017年2月9日
https://twitter.com/akitaroh/status/829353167313727488

大地丙太郎 ‏@akitaroh
くじけそうだ・・・
1:08 - 2017年2月16日
https://twitter.com/akitaroh/status/831897967158177793

大地丙太郎 ‏@akitaroh
いや、くじけた。もうダメです。さいなら。
1:15 - 2017年2月16日
https://twitter.com/akitaroh/status/831899853546418176

大地丙太郎 ‏@akitaroh
だがなんとか乗り切るぞっ!
2:29 - 2017年2月16日
https://twitter.com/akitaroh/status/831918374980505600

大地丙太郎 ‏@akitaroh
制作中はホントにしんどくて泣きたくて逃げたくなるけど、完成してその仕事に感じてくれた人の反応を知る時ほど全ての苦労を忘れられる瞬間はない。
この病みつきに俺はもう30年浸かってるのさ。
1:33 - 2017年2月17日
https://twitter.com/akitaroh/status/832266541827624965

大地丙太郎 ‏@akitaroh
@akitaroh しまった、もうすぐ40年になるよ。
8:05 - 2017年2月17日
https://twitter.com/akitaroh/status/832365344169660416


■■■170401追記。


■■■面白い所は特に無かったのですが。
 何やら予定外に件の番組を見れましたので、内容を簡単に記しておきます。
 都合によりメモを基にしていますので、支那の歴史書の如く、細かい部分が変わっていると思いますが。

・約70分の番組にも関わらず、番組冒頭で芸人のモノマネ披露とヤマカン新作アニメの
クラウドファンディングの宣伝が7分近く行われる。
※ここで真面目な空気が霧散し、以後の対談もフニャフニャに。
※結果的にそんなに面白い対談にはなっていません。

・大地とヤマカンは『あたしんち』で一緒だった。直接会うのは15年ぶり。
自分も大地の5年後に監督を降ろされた、「降ろされ仲間なんで」と擦り寄るヤマカン。

・大地
「相談やべーな」
「カミさんに黙ってなと言われたので、前回はハイしかしゃべらなかったのでつまらなかった」

・ヤマカン
「ツイッターで荒ぶっておられるのを発見して」
「フェイスブックではもっと荒ぶっていた」
※ツイートをプリントアウトした物を取り出すヤマカン。
紙が真っ白だったので、当ブログのコピペをプリントアウトしたかも。
「コレを見て、半年くらい経ってもういいだろうと対談をお願いした」

・大地
「監督がボコボコ降ろされて、『あたしんち』の時はPも降ろされてる」
「監督とPが、セットで降りる、セットで降ろされる」
「最近はPと監督の関係が希薄になっている」
「Pが監督を守る事がない」

・大地
「俺達を大人と思うなよ」
「ちゃんと保護されて子供でいさせてくれるのが望ましい」
「やってくれない現場が急に増えた」
「製作会社が弱くなってる」

・ヤマカン
「派閥争いやラインの上下関係ですぐ独立する」
「会社や本数が増えてもクリエイターは増えない」

大地
「話し合いにPがいない」

ヤマカン
「松本人志はギャグだからこそ悲しみが必要だと言っていた」
「情感を描く作品が少なくなった」
「『けもフレ』観ていない」
※この辺の知ったかぶりはコメントでもツッコまれていた。

大地
「監督になったあと高橋良輔さんがついてくれた」
「その頃、3秒のカットは3秒で描けと教わった」
「今のアニメにはスピリットが欠けている」
「事故が起こる所に限ってそれに気付けていない」
「プロフェッショナルじゃない」
「放送が落ちるかどうかは何ヶ月何週間前にわかる」
※大地、一瞬この記事の話をしようとするが止めてしまう。
放送が落ちるのは「悪い状態」に慣れてしまっているから 女性アニメーターに聞くアニメ業界の今 (1/2)
2017年03月30日 21時40分 更新
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/28/news113.html

大地
「自分達もPの勉強をしないとと薄々感じている」
「5歳児だったけど、小学生程度にあがりたい」
「今の現場には味方がいない」

ヤマカン
「げそさぁん」×3
※『魔●陣●ルグル』の監督を降ろされた、げそいくおに呼びかけ。

大地
「バッPがよくない」
「悪いのにも色々枝葉がある。『クソP』『ゲスP』」
「追放する方法を考える」
「自分を守るためには自分で呼んでマイPを作るしかない」
「ホント横の繋がりがない業界なんで」

両者笑って
「今日はホガラカで良かった」
※オシマイ。
その後またヤマカン新アニメの宣伝。


■■■資料で周辺のツイートをペタリ。
 誰かさんの行動、番組で利用し終わったらもう手間暇かけてまで擦り寄らないという事じゃないと良いですね。

大地丙太郎‏ @akitaroh
明日のヤマカンとのニコ生は、その瞬間での気の持ちようと体調によってなのでどうなるかはわからないけど、なんなら見てな。
ただのゴシップとしかならない可能性も高いので俺もまだ迷ってるよ。どっちにしても中間報告ということになると思う。純粋にアニメが好きな人は見るなっ😑
23:11 - 2017年3月30日
https://twitter.com/akitaroh/status/847451305740124161

大地丙太郎‏ @akitaroh
あと、興味のある人は、少し前に書いたFC2の日々は楽しい♪を読んどいてくれ。
クソリプ好きの俺ではあるが、今回はクソリプちゃんたちは相手にする気はないのでクソなリプしてくんなよ。
23:15 - 2017年3月30日
https://twitter.com/akitaroh/status/847452327741083648
大地丙太郎‏ @akitaroh
@akitaroh といいながらクソリプ期待してんじゃねえぞオレ😆

大地丙太郎‏ @akitaroh
創作者として一番カッコいいのは、作品以外では語らない人だと思う。
でも、わしゃそーゆー意味ではカッチョ悪い演出家だと思うんだ。
「おじゃる丸」や「信長の忍び」「ずんだ丸」「僕等がいた」、それらを黙々作っていればいいのに…って自分でも思ってる。
ああ、カッコわるい。
23:35 - 2017年3月30日
https://twitter.com/akitaroh/status/847457138074992640

大地丙太郎‏ @akitaroh
もうすぐヤマカンとのニコ生はじまるわ。
体調と機嫌はなかなかいいわ(^^)
19:56 - 2017年3月31日
https://twitter.com/akitaroh/status/847764644080918528


げそいくお‏ @gesoikuo
ヤマカンさんと大地さんのニコ生楽しみ
19:20 - 2017年3月31日
https://twitter.com/gesoikuo/status/847755385377140738

げそいくお‏ @gesoikuo
見てます
20:03 - 2017年3月31日
https://twitter.com/gesoikuo/status/847766198225731584

げそいくお‏ @gesoikuo
あ、2ちゃん見てるのがバレた
20:04 - 2017年3月31日
https://twitter.com/gesoikuo/status/847766432033120256

げそいくお‏ @gesoikuo
え?呼ばれる!!!?
20:13 - 2017年3月31日
https://twitter.com/gesoikuo/status/847768915954417664

げそいくお‏ @gesoikuo
制作プロデューサーと製作プロデューサーの圧倒的違いをもう少し視聴者にわかってもらいたいな
20:23 - 2017年3月31日
https://twitter.com/gesoikuo/status/847771295504674816

げそいくお‏ @gesoikuo
反応しづらくて固まってしまった
20:58 - 2017年3月31日
https://twitter.com/gesoikuo/status/847780234455797761


大地丙太郎‏ @akitaroh
ヤマカンニコ生終わって人形町で飲んでたら終電逃してギャハハだわ
0:29 - 2017年4月1日
https://twitter.com/akitaroh/status/847833354921693184

大地丙太郎‏ @akitaroh
まだ飲んどるわー。ヤマカンはよこんかーい
2:19 - 2017年4月1日
https://twitter.com/akitaroh/status/847860920541773824

大地丙太郎‏ @akitaroh
まだ人形町てー☆
4:43 - 2017年4月1日
https://twitter.com/akitaroh/status/847897177879752704

大地丙太郎‏ @akitaroh
エイプリルフール不参加権限。
4:44 - 2017年4月1日
https://twitter.com/akitaroh/status/847897360831086592


山本寛‏ @yamacane_0901
ブログ更新しました。  本番後
22:26 - 2017年3月31日
https://twitter.com/yamacane_0901/status/847802381085450240

本番後
http://lineblog.me/yamamotoyutaka/archives/13125219.html
2017/3/31 22:26

山本寛‏ @yamacane_0901
うそーん!呼んでくださったら行ったのにー!
大地丙太郎 @akitaroh
まだ飲んどるわー。ヤマカンはよこんかーい
2:34 - 2017年4月1日
https://twitter.com/yamacane_0901/status/847864725874462721

山本寛‏ @yamacane_0901
大地監督が上機嫌で良かった。
2:42 - 2017年4月1日
https://twitter.com/yamacane_0901/status/847866750821584896

大地丙太郎‏ @akitaroh
失礼しましたーm(_ _)m
今度みんなで飲もうに☆
朝まで行っちゃったよ😆
山本寛 @yamacane_0901
うそーん!呼んでくださったら行ったのにー! https://twitter.com/akitaroh/status/847860920541773824 …
12:23 - 2017年4月1日
https://twitter.com/akitaroh/status/848012867794214913

大地丙太郎‏ @akitaroh
ニコ生のあと、スタジオに来ていたまんきゅうのお祝い事で春日森春木を交えて近くで飲んでいたのだが、ニコ生を見ていた春日森もスタジオにいたまんきゅうも対談の話で盛り上がってね。
実に有意義な対談だったね。
山本寛 @yamacane_0901
お元気ですねぇ(笑)。 https://twitter.com/akitaroh/status/848012867794214913
14:03 - 2017年4月1日
https://twitter.com/akitaroh/status/848038079185035264
記事検索
最新記事
最新コメント
ギャラリー
  • 『鉄血のオルフェンズ』のMA編がグダグダだったのは、メインスタッフの能力不足で『青の騎士ベルゼルガ物語』を上手にパクれなかったからなのでは?
  • 『鉄血のオルフェンズ』のMA編がグダグダだったのは、メインスタッフの能力不足で『青の騎士ベルゼルガ物語』を上手にパクれなかったからなのでは?
  • 『鉄血のオルフェンズ』のMA編がグダグダだったのは、メインスタッフの能力不足で『青の騎士ベルゼルガ物語』を上手にパクれなかったからなのでは?
  • 『鉄血のオルフェンズ』のMA編がグダグダだったのは、メインスタッフの能力不足で『青の騎士ベルゼルガ物語』を上手にパクれなかったからなのでは?
  • 『鉄血のオルフェンズ』のMA編がグダグダだったのは、メインスタッフの能力不足で『青の騎士ベルゼルガ物語』を上手にパクれなかったからなのでは?
  • 『鉄血のオルフェンズ』のMA編がグダグダだったのは、メインスタッフの能力不足で『青の騎士ベルゼルガ物語』を上手にパクれなかったからなのでは?
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード