2005年02月21日

テクニック

えーたぶん結構有ると思うのですが思い出したのから適当に。

本気でやるのならまず覚えましょう。
最初3分〜5分までのアーマー、MH出現時間は覚えるべきです。
取るまでの時間を5秒として、MHなら
5,40,1:15...といったかんじで。

アーマー、MHは全部数えましょう。
感覚に頼ってはだめです。一度狂うとゲームが崩れます。


次は打ち合い。

まず平で撃ち合ってはいけません。(RA的なの)
絶対に相手より有利な状態で撃ち合うべきです。
有利な状態の例をあげると

ヘルス的に優位
隠れられる
上下では上(例外あり)
相手に逃げ場が無い位置

等があるんですが抽象的すぎて分かりづらいですね。
まあまた別の機会にでも具体例をあげて説明します。
一番書きたいことを先に。


1on1における有利不利からまず。
何故aimが近いもの同士で1on1をしてもかなりの差が出るのかというと
それは動きなどなどにあるからです。(そりゃそうですが)

説明にあたって、例としてcRで採用されるpro-q3dm6を出します。
まずは押してる、押されてる時の違い。

体力的(アーマーとヘルスの総称)に押している時というのは
ヘルスとアーマーが199/199、つまりほぼmaxの状態です。(およそ400)
逆に押されてる時というのはヘルス、アーマーは100/199ぐらいが限界。(およそ300)

この状態で、ほぼ同じスキルを持ったもの同士が撃ち合ったとしてとして
単純に数値から言ってもその差はおよそ100あるわけですから
(およそ100というのは戦況によってこの数値が異なるため)
aimがほぼ同等の相手ならば、100のアドバンテージを持ってる方が
圧倒的に有利です。
RAで200/200vs100/200で戦ってどっちが勝つと問われれば
まあ200/200でしょう。(アーマー/ヘルス)

なので1on1でもこのように有利/不利な状態
言い換えれば300vs400の状態で、相手と同じ条件で戦ったとしたら
負けて当然と考えるべきです。ほぼ同じスキルで
100の差はすげーでっかいですから。


この差を埋めるためにどうするかというと

有利な方法で戦う
ダメージを受けないように攻撃する 等があげられると思います。

まず先に思いついた「有利な方法で戦う」というのは一体
どのようなものかを説明したいと思います。

まずは相手の先手を取る事。
相手がMHを管理しているとしても、MHを取った音だけはごまかし様が無いので
これを利用します。

まずはMH取得音を聞けて、隠れられ、すぐ逃げられる位置でキャンプし
相手がMH取ったのを確認したら次の出現時間を数えます。闇雲に待っているだけじゃ
ただの的なので事前に知っておくことが重要なのです。

そして次の出現時間のちょっと前(相手によって時間は変わるので、目安10秒として)
出現ポイントで待ち構えます。つまり先手を取っていると同時に
有利な位置取りも兼ねているわけです。

何故その位置が有利かというと、2階(RGのパッドエリア)から攻撃しづらく
顔を出せばLGで体力を削られ、万が一MHエリアに落ちたら
そのままLGで削られてしまう等、互角に打ち合う条件を満たしづらいからです。
仮に3階(RLエリア)に居たとしても、やはり攻撃しづらいです。

うまくいけばあまりダメージを受けずにMHが取れ、流れも自分に少し傾きます。
まあその、Coollerがよくやるやつです。
こういった確立が高くて効果の大きい戦いが1on1を制すのです。

次に、「ダメージを受けないように攻撃する」です

Railとって遠距離で削ってください。
Railとれねーよーと思うかもしれませんが
相手がMHを取っている隙等を見つけて取りましょう。
歩いて気配を消すのも結構おいしいです。

どういう場面で当てるか。

基本は遠距離で、RA,MHを餌に当てたり
ジャンプパッドに乗った瞬間も有効です。
ここで重要なのは、2回当てることです。

上で述べたように差はだいたい100あるわけですから
1回当てて同条件と言えます。そこからゲームの流れを変えていくわけです。
2回当てたら一気に攻め込むんでもいいでしょう。
そこらへんの判断は戦況を見極めてがんばってください。

ちょっと収拾つかなくなりそうなのでまた別の機会で。



gorugomu at 23:05│Comments(2)TrackBack(0)くえいこ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by けのこ   2005年02月22日 00:35
はううう勉強になりました
2. Posted by yonchё   2005年02月22日 01:11
..._〆(゚▽゚*)  
これで普段凹まされてるbbさんに勝てます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔