Recent Comments
Archives
2017年07月18日22:30甲州 裏山ウォッチング
PermalinkComments(0)生き物 | 植物
青山椒(山椒の若い実)を取る時期かと「お山の家」に行ってみました 7/13。
あら まだ早い・・↓
サンショウ17071s-IMGP6543

もう少し膨らんできたほうがいい。
けれど 中の種が黒くなってしまったら それはもう遅過ぎ(好みにもよるでしょうか)
そのまま秋までおいて収穫し乾燥山椒にします。
青山椒は取ったら冷凍庫で保存しています。

ついでの裏山ウォッチング。
コアジサイは終わってヤマアジサイの咲く頃かと・・
↓ヤマアジサイ。今が見頃です。
ヤマアジサイ170713s-IMGP6485


ヤマアジサイ170713s-IMGP6482


半日陰の湿り気のある林や沢沿いに生育しているので別名「サワアジサイ」ともいうと。

毎年同じことを書いていますが・・
ここはアジサイの咲く道。
(コアジサイは右上の方に咲きます)
コアジサイが終わって ヤマアジサイ・・しばらくしてタマアジサイが咲いてきます。
写真左がわ、下には川が流れています。↓
ヤマアジサイ170713s-IMGP6484


タマジサイはまだ小さな蕾
タマアジサイ170713s-IMGP6506



右の擁壁が出来て多くの花を消しました。
残っていた花々も刈り取られ かなりさみしい・・

あらここは草刈りがされていない。
オカトラノオ1本!!
オカトラノオ170713s-IMGP6494


まあ けなげなこと
オカトラノオ170713IMGP6495

オカトラノオは裏山入り口には大量に咲いていたものだけれど ある年に突然すべてが刈り取られ・・
えっ〜っ!!ハルジオン感覚で刈り取ったらしい(ハルジオンさん失礼)
確かに「庭に植えては増えて困る花」のひとつになっているとか・・。
一方では「なかなか増えない」とも

1本・・ダイコンソウのまん丸花もこれ1本。
ダイコンソウ170713s-IMGP6492


コマツナギ
コマツナギ170713s-IMGP6501


この先のコマツナギに「ミヤマシジミ」がいたことがあったけ。
でも害獣柵から外へは行ってはいけないときつく言われていますので ここで引き返し
引き返しs-IMGP6493

こっち側にもコマツナギだって シジミチョウが・・
上を見上げる

チョウ170713s-IMG_8641


確かに飛んでいる。止まってる!
チョウ170713s-IMGP6515


チョウ170713s-IMG_8647

あら これはコマツナギではなくハギ
ナンテンハギにはアサマシジミが来ますよ、と教わったっけ。
でもこれはナンテンハギとは違う・・と思う。

で チョウは ちゃっちゃっと望遠。
ルリシジジミ170713170713IMG_8656

↑はルリシジミ・・。

ちょいと残念な気持ちで歩いていると 先に黒いチョウ。
いつも忙しく飛び回っていて私のカメラには収まってくれなかった。
まあゆっくりとしていること。ここの花が咲き始めたものね。
遠くから一枚
IMGP6525


IMGP6542

近づいても気にしないで吸蜜。オナガアゲハ♀ですね。
オナガアゲハ170314IMGP6536


そういえば 先日 夫がチョウを「飛べないのかなあ・・防水シートの水たまりにいた」
と・・
ナミアゲハ170710IMG_8599

「あ、飛んで行った」
「我が家の『家つきチョウ』かなぁ 大丈夫かなあ」と心配する夫。
次の日に
「あ、来た」と夫・・カメラをもって飛び出すのは私
ナミアゲハ170713s-IMG_8638

「きのうのアゲハか?翅がちぎれているか?」と夫。
「健康体です!」・・ちょっとお、私にそんな心配してくれたことあったっけ?
削除。

話をもとに戻して・・裏山へ。

コアジサイの様子もみてこよう
コアジサイ170713s-IMGP6474


香りは・・しない。
コアジサイがいい香りをすることは今年初めて知ったことなので 来年の開花が楽しみです。でもシカが食べているようで今年のコアジサイはさみしかった・・・。
先日も この近くで小鹿を見たものね。害獣柵の中です。

この下に咲いたフデリンドウは今はなんの姿もとどめていない・・あれも一つのスプリングエフェメラルかと思ったけれど違うのですね。「定義に反する」

あら イチヤクソウ・・!!
イチヤクソウ170713s-IMGP6460


イチヤクソウ170713s-IMGP6476


何年か前に突然のようにたくさん咲き、咲いたとたんに持ち去られ(た と思っている)
消えていたイチヤクソウですが、確か昨年に2,3株が花を咲かせて喜んでいた私です。

消える花あれば やってくる花あり・・上のイチヤクソウもそうでしたが。

畑の隅っこの「ヒメコウゾ」・・いよいよ赤い実になりました。
ヒメコウゾ170713s-IMGP6569


「食べられる」ときいていたので 口の中に入れてみました。
「甘い・酸味なし、野イチゴと桑の実に近いような香り・・」
ヒメコウゾ170713s-IMGP6571

少しだけ摘んで帰りましたが 家人は誰も口にしませんでした〜
この写真ではわかりませんが 一粒一粒から出ているヒゲみたいのが異様だって


オダマキは・・・
「昔っからのオダマキ」・・キバナノオダマキはまだ咲いていました
キバナノオダマキ170713s-IMGP6553


濃い紫色のオダマキは 近年「やってきたもの」・・同じく畑の隅っこに咲きます
オダマキ170713s-IMGP6572


「オダマキ」・・道端にいっぱい増えているオダマキ(園芸種?)はもう種を飛ばします。
オダマキ170713s-IMGP6574


ヤマユリはつぼみが膨らんで もうすぐ開花ですね。
ヤマユリ170713s-IMGP6545


ヤマユリ170713s-IMGP6544


***おまけ***++

「嘆きの雲」と名付けました。
嘆きの雲170705IMGP4854


嘆きの雲170705IMGP4856


「あ〜 嘆いていてもしようがない」↓
嘆きの雲170705IMGP4857


 
 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してくだい




2017年07月12日14:19孫と一緒 松本#2
PermalinkComments(0)信州 | あれやこれや
庭のカワラナデシコが咲き ナナカマドが咲き始め・・・
s-IMGP6407


ナナカマド1707s-IMGP4871
s-IMGP6407


7月になって七夕様も終わり きょうはもう7月も12日・・

せっかく書いた「孫と一緒 松本#2」をうっかり消してしまい 意気消沈・・
ブログをさぼっていました。

遅くなってしまいましたけれど 「お蔵入り」にはしないぞ「孫と一緒 松本#2」

「松本#2」は 6/25(日)のこと。

「天気予報通り雨が降っているね。晴れ男、じいじの威力はどうかな?・・」
と 話していた7時ちょっと過ぎ
TV画面、ケータイ、各スマホから「緊急地震速報」の警戒音が鳴り響きました。
ドアを開け 身構えて揺れるのをやり過ごしました。
「長野県南部 震度5強」
松本は震度3・・物が落ちてくることはなかったのですが恐ろしいことです。

この日の子守りは 雨でも行ける館内遊び、「松本市教育文化センター」に行こうと決めていました。
「松本市教育文化センター」の中の科学館は「下見」済み(前回 孫を連れて行ったら着く前に眠ってしまったので 私一人でチェックしてきたのです)

以下 科学館内部のことを 孫、Yくん中心の写真で「紹介」

出迎えてくれるのは この「じゃんけんロボット」
プs-IMG_8375


ちょいと「昭和のかおり」
そう、「ロボット」といえばこのデザインでした。
ゆっくり動作と説明で「じゃんけん、ポン!」のタイミングがつかめません。(大きなボタンを押せばいいのですが・・)

孫Yくんは↓
科学館s-IMG_8373

コロコロと転がり落ちる玉の行方を不思議そうに追っていました。

↓うちわをかざすと音が変わる・・不思議だね。
科学館ss-IMG_8377


↓なんだかわからないけれど一生懸命ハンドルを回す
科学館ss-IMG_8378


↓「パイプホン」
 塩ビパイプを「ハエ叩き」みたいので叩くと音階が・・
これは 変化がわかり楽しそう
科学館ss-IMG_8381


↓不思議な部屋
Yくん、シャツのロゴや靴の模様が光っているよ

不思議な部屋IMG_8393


↓写っていない? 孫と私。
パシャッと写される瞬間にとったポーズが「影」のかたちで残される
不思議な部屋科学館ss-IMG_8384

我が娘たちが子どもだったころ、家庭でも遊べるこのおもちゃがありましたっけ。
私は「レントゲンをとっているみたい」でなんだか不安になった覚えがあります。

お〜「新らしき」ロボット、アイボくん。
この前は「入院中」だったけれど退院してきたんだ。
アイボIMG_8376



アイボs-IMG_8398


せっかくのアイボくんだけれど私には「遊べなかった」
どんな風に反応してくれるんだろ
「こんにちは」
「こっちに来て」
・・・・知らんぷり。
孫は 向こうへ行ってしまった。

私は つくば万博で出会ったロボットを思い出していました。
小さな子が「歌って」というと
ロボット「何を歌おうか」
子「○○△△♪〜」
ロボット「うん 歌うよ〜 ○○△△♪〜 △○♪〜」
みんなで拍手
別の子が なにか悪いことを言ったら 怒って「しらない!」と後ろを向いて行っちゃった。
「大人」の私は どこから覗いて遠隔操作しているんだろ」と 遠慮しつつまわりをキョロキョロ。
不思議でした〜。

私にも一緒に遊べる CDコマ。
CD盤に絵を描いてビー玉をはめてまわします
いっぱい作ったっけ。
「○○コマ」

s-IMG_8380


ついでに・・↓これなどを作りました。今度Yくんと作ろうかな。


私は「下見」の時には 「教育都市 松本」にしては 古めかしい科学館だと感じていました。
佐久市子ども未来館の方がいい・・なんて思っていたのです。(ネットで見たのですが)
でも 孫の様子を見ると これは「科学館」の基本かと・・

「不思議だな」と見る目がいいですね(やっぱり孫、ばばバカか)

そして この科学館にはプラネタリウムもあり
ちょうど 子ども向けの「おおぐまざ・こぐまざ」のお話しをする日でした。
そして「きょうの松本の夜空」も。

始まる前に写させていただきました。
科学館ss-IMG_8388

「はやぶさ」の姿を映し出していました。小惑星イトカワも見えます。
科学館ss-IMG_8389

山梨県立科学館のプラネタリウムで 『はやぶさ』の映画を見た時には 人間は出てこなかったけれど頑張ったその姿に涙したものです。
” オカエリナサイ、そして、お疲れさま、ハヤブサ!! ”

おっと 話が横道に・・

プラネタリウムを出たあとも もう一度遊びたい、と科学館に入る孫。
やっぱり来てよかったね。

お昼はママと待ち合わせて Yくんの選んだ「ビッグボーイ」
ママは「お肉を食べたいのなら別のお店で・・」と言っていたけれど いいの、前にYくんと入ったことがあるから・・。

いっぱい食べて
「誕生月のサプライズ」
・・yくんは6月で4歳になりました。
お誕生日s-IMG_8403

これは もう渡してあったけれど
おばちゃん「め〜め」が ちょっと豪華にラッピングしたもの。
おめでとう4歳s-IMGP6200

プレセントしたものは 戦隊もの・・車が「なんとかジャー」に変身していくものです。
写真なし。

山梨への帰り道は・・やっぱり下道で・・
ファーマーズガーデンうちださんで見ておいた苗を買っていかなければ・・と夫。
あら、残念でした。
もう落花生の苗は「売り切れ」
でも なんだか いろいろな苗を抱えていました。
「ヤマアジサイ」
松本からs-IMGP6298

「サラサウツギ」
松本からs-IMGP6297


↓「瀕死状態じゃあないの?」と言う私に
「これは『真っ赤なルバーブ』かもしれないぞ」と夫。・・お山の畑に植えてきました
松本からs-IMGP6295


↓蔦木宿でもイチイの苗を買っていた夫。
松本からs-IMGP6294


私は
松本帰りs-IMG_8421


「ほぺ落ちソフト」
限定「赤いルバーブジャムとヨーグルト入り」ですって!!これに決まり!!
松本帰りs-IMG_8422


カップの底にヨーグルトとルバーブジャム(真っ赤なルバーブジャム)が入っているというので・・ちょっとかき混ぜて↓パチリ
松本帰りs-IMG_8424

おや あの方も召し上がったのですね
甘くてほどよい酸味・・と〜ってもおいしかったです〜。

往き道で買っておいた「真っ赤なルバーブ」
松本からs-IMGP6301


さて 手に入らなかった落花生の苗のことですが。

私は 昨年ファーマーズガーデンうちださんで買った生落花生を保存して種まきしておきました。
うちださんで買っているときに お隣の女性から「それは 少し残しておいて風通しのよいところで乾かして来年蒔けばいいんですよ」と教わりました。

ほら もう花も咲き・・収穫が楽しみ楽しみ

s-IMGP4863


IMGP4867


↑落花生「おおまさり」・・大きい粒で驚いたものです。
もう少しあってもいいと苗を求めたのですが・・残念。
でも売っていた苗は「おおまさり」ではなかったような・・

送信!

 
 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください


2017年07月03日23:30 かつぬま朝市 2017年7月
PermalinkComments(0)勝沼朝市 | くわがったん
「えへへ 梅雨の真っ最中なのに第150回かつぬま朝市曇りしてやったり」
これは 「かつぬま朝市」トップページでの会長さんのことば。
ようやく梅雨らしくなってきていて この日の早朝も雨が降っていたのですがいつのまにか雨も上がり「かつぬま朝市開催中」は「ノーレイン伝説」どおり。

えっ?150回!
あぁ、もう150回!!
月に一度の開催で・・何年間続いているんだろ、え〜とお正月だけはお休み・・それに雪のため開催できなかったこともあったけ・・
算数しているよりHPから。
「平成15年4月四季の里公園にて第1回かつぬま朝市を開催」ですって。
「かつぬま朝市はこんな朝市です」より。

本当に「ありがとう、かつぬま朝市」


↓「囲み取材」を受けている(?)会長さん。
あs-IMGP6357


ゴミ(あ、落とし物)を拾っている会長さん
あs-IMGP6344


「片腕」さん、サポート隊のみなさまも紹介したかったこと。

さて、私は先月のブログで

この「あ」の標識は 通路の番号だったのです。
「あ」「さ」「い」「ち」
(あ、写真がない・・)


で、そのままになっていました標識、今回は撮ってきました。
↓「あ」(もしかして新品標識かも)
あs-IMGP6314

「あ」の通路にはね
↓こういうお店が並んでいます。
あs-IMGP6317


あs-IMGP6318


「あ」の次は「さ」
あs-IMGP6320

「さ」の列のお店
あs-IMGP6319


次は「い」、そして「ち」・・・
そちらに行く前に「さ」から 見ていこうっと。またまた遅く出かけた私には「時間がない」

サポート隊のHさんに会ったのでご挨拶
私「きょうはテーマを決めてきたの。行列のできる店、売り切れのお店を中心に撮ろうと思って。・・・ワインでしょ、日々さんでしょ、パンやさん 餃子屋さん・・」
Hさん「日々さんはお休みですよ。桃でいそがしい。ワインはもう販売しないとこになったし・・」
私「えっ〜!!!?? あんなに人気があったのに?」

↓ワインのお店、テーブルの上に張り紙がありました。
「お知らせ」・・
0P6343


「販売体制の見直し」・・ですか。
会長さんの撮られた開催情報の写真を見たら 早朝からお見えになった方もいらっしゃったみたい。
せっかくの人気ワインなのに残念ですこと。
気兼ねなく飲める「ワイン」・・ではなく 懐かしの「ぶどう酒」(昔、勝沼では一升瓶のぶどう酒が主流、ハレの日には「日本酒」でした。だいたい・・父は下戸でしたが)

で、そのHさんのお店、奥様が売りこをしています。
私「さっき シカのうちわを買ってきたの」
Hさん「それはありがとうございます!!」

さて、「シカのうちわ」とは・・・


↓「イベント限定 シカのうちわ 3本入り500円」
あs-IMGP6333

私なんか
「イベントで鹿のうちわを広げて楽しむの?」なんて解釈してしまった」

あははは
「うちわ」とは「シカのふくらはぎ」とのことで 製品は「アキレス腱からふくらはぎ」まで使った ワン君の「おやつ」だそうです。
買っていった方は「ウチの○○なんて もうそりゃあ楽しんで・・」と・
あれが「リピーターさんというものですねぇ。
私も 義弟のところのジン君のために「シカ肉ジャーキー」や「シカの耳ジャーキー」を買っているのです。ジン君も義弟もそうりゃあ喜ぶこと。
今回は「うちわ」で!

「シカのうちわ」で検索したら このHさんのHPが一番にヒットしました。
「ワンさまニャンさま」これです。
「シカのうちわ」の写真をお借りしました↓
111660190

で、Hさん このHPからもおわかりのように「SatoYama Style合同会社の樋山さん」
東京からやってきた若者です。
(弟の知り合い、で 私も「知り合い」)

「あの十割豆腐」っていうのも気になっているの」と私。
十割蕎麦はそば粉十割、小麦粉は使っていない・・お豆腐って みんな「大豆」じゃないかと・・
樋山さん
「あ、あれは大豆丸ごと全部、おからも出さない豆腐ですよ」
あ、そういうことなの それなら 行ってみてこようと・・
ありがと 樋山さん。情報いっぱいいただきました。

↓十割豆腐 (旗がずれて千割豆腐に見えてしまっていますが)
s-IMGP6337


「十割豆腐」・・こだわりの豆腐のことをお聞きしました。
「国産大豆を胚芽まで丸ごと超微粒子の大豆パウダーに粉砕して・・
以下 ホームページをリンク
十割豆腐

↓(実は苦手な豆乳)・・試飲して
「あ、おいしい!」
あs-IMGP6336

夫と娘は朝は豆乳を飲んでいますが私は苦手・・でも この豆乳なら苦手な独特のかおりは消えコクはあってもさっぱりとしていておいしいいこと。

豆腐は3種類を買ってきました(朝市特別価格だそうです)
肝心の写真がない!

せっかくだから記念写真を!なんてお店の方の写真を撮ってしまいました〜。
あs-IMGP6339



↓楽しそうな会話が聞こえていました。気もちよさそう〜!!
あs-IMGP6323


あs-IMGP6324



ムートンのお店。
あs-IMGP6326


暑い時にもムートンを!
IMGP6325


私は以前に、こちらのお店で小さなムートンクッションとかムートン(端切れ的なもの) それにいつかは ちびっこ店長さんもいて べっちゃっとくっつくおもちゃを買った覚えがあります。
「あ〜 あの子はもう高校生になります」って!

「革屋ですので印伝も作っています」・・甲州印伝(鹿革に漆で模様を付ける伝統工芸)
あs-IMGP6327


もちろんムートンクッションも
あs-IMGP6328


そして 甲斐絹(かいき)の端切れも目立っていました。懐かしい時代の模様です
あs-IMGP6330




次!
あら〜 オートバイ!! 車は売っているけれどオートバイは珍しい(と思う)
あs-IMGP6340


「ハーレーダビットソン」だって!!
あs-IMGP6342


欲しい人、いっぱいいそう・・。

私、今回も集合(夫との待ち合わせ)は11:30。 急がなければなりません。
あと10分。
夫に会ったので 「あと10分あるね」と重い荷物を持っていってもらい
重い荷物
↓「甘夏」・・静岡からの出店で
あs-IMGP6321


あs-IMGP6322


ごつごつして見てくれはいまいちですが 以前にもこういうのを買ったことがあり 懐かしい甘酸っぱさがとてもいい(夏ミカンほど酸っぱくありません)
もっと買ってくれよかったな。

その隣のお店(静岡から・・いつもの「金龍丸さん)で 買った「お買い得」のウナギのかば焼きと蒸しあさり、そして豆腐と豆乳・・
車まで持って行っておいて、お願い。私は 「くわがったん」を見てくるから・・夫の手元の荷物も気になりつつ・・

「くわがったん」のお店。
先に目に入ったのが↓これ
あs-IMGP6376


琉球スズメウリの苗です
あs-IMGP6375


私は蒔くのを忘れていたので「お買い上げ」

さて けん坊くんの作品
アゲハ
あs-IMGP6363

まっ、「父の日のプレゼント」ですって!!
あs-IMGP6364

特別に「何アゲハ」ではなく黒いアゲハのイメージで、ということです。
見事ですね〜。

「マンモス」
切り抜かれた紙だけ見ても仕上がる作品が・・想像できない。いつもの感想ですが・・。

パパさんの説明
切り抜いたものをこうして
あs-IMGP6367


折りあげて
あs-IMGP6369


こう重ねていって
あs-IMGP6370

こうなる
あs-IMGP6371

マンモスの毛一本一本がまたすごい。
この写真では伝わりにくい。

中学生になったけん坊くんです。もう「くん」なんて失礼なような・・
2014年のTV取材の時の写真 ・・これは見なかったなぁ、見たかったこと!
あs-IMGP6365


「カタツムリ」
あs-IMGP6373

「カマキリ」
あs-IMGP6374


夫の「荷物」はまた器・・こうとく窯さんから↓
0s-IMG_8527


以前に買ったものと同じようですが このコーヒーカップは「私、take用に」ですって。
これで「お揃い」になりました。
↓こういう「曜変 窯変、ようへん??」も見えるのが楽しい
0これIMG_8524


最後に「おことわり」
「孫と一緒 #2」を書きました。書いたのですがアップするところで×閉じるボタンを押してしまって 全て消滅
ショックのあまり・・そのまま手付かずで
先に「朝市ブログ」を書きました・

 
 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください

2017年06月27日23:22孫と一緒 松本#1
PermalinkComments(0)TrackBack(0)信州 | あれやこれや
松本に行って 孫の子守り・・・
6/23(金)保育園のお迎えからスタートです。

山梨を早く出て諏訪湖あたりを見物してから松本へ入ろう・・
との計画はつぶれ とりあえずお迎え時間に間に合えばいいと、高速道路ではなくまたまた一般道でゆったりと・・。

山梨県を出たとたんに思い出したおみやげ「信玄餅」!
孫の好物なのです。

「蔦木宿道の駅で売ってたはず」と夫。

売っているのですねぇ・・買いました。
ついでに「真っ赤なルバーブ」も買って松本の家でジャムにしよう(写真なし)

↓蔦木宿(帰り道に撮ったものですが)
松本帰りs-IMG_8420


諏訪湖は Tさんからお聞きしていた通りにほんとに緑色。
諏訪湖170623s-IMG_8187


浄化作戦も大変そうです。

塩尻峠を越え
塩尻峠170623s-IMG_8190


気持ちの良い「山麓線」を通っていきます。
(前回は どこかが工事中とかで迂回させられ、どんどん狭い道になり不安だったこと)

曇ってはいても いい風景です
松本へ170623s-IMGP6289


雲の間からさす光。光のカーテンのよう。
松本へ170623s-IMGP6290


麦とお蕎麦の花
山麓線170623s-IMG_8196


s-IMGP6287


市街地の渋滞が心配だったけれど まずは「引き取り」いえ「お迎え」
いつも感じるのですが 松本の信号って長いような・・。

お豆腐買ってから帰りましょ。
日本一おいしい豆腐屋さんで。
「ソフトクリームも食べたい」って 孫Yくん。
パパ、ママと来た時に食べたって。

↓お豆腐屋さん
お豆腐やさん?
カフェ?みたいなお豆腐屋さん
s-IMG_8210


あるあるソフトクリ−ムも!
お豆腐170623s-IMG_8209


おいしく食べて
お豆腐170623s-IMG_8205


おいしい水で手を洗い
お豆腐s-IMG_8208


「今夜はお豆腐三昧」
お豆腐170623s-IMG_8212


「富成伍郎商店」
リンクで 店内の様子もわかるブログ
あ、「試食も出来たおとうふメンチカツ。216円」ってありますが 私が買った時には118円。でした。



6/24(土)朝がきて
パパとママは早くから「お仕事」。
お子守りスタートです。

「Yくん どこへ行きたい?」
・・!うっかり訊いてしまったしまったものね
「松本空港!!」
どんだけ好きなの「松本空港!」

ちょっと前のママとの「業務連絡」では
「じじばばと釣りに行きたいって言っているよ。 池田町とか青木湖方面にあるみたい」と。
(内心、それならラーメン屋さんセーブリックに行ける、と 
    http://blog.livedoor.jp/nonko0127/archives/55667718.html勝手にリンク )
釣りはホイホイと釣れる「ゲーム」ではないし、水の事故もこわい(私ら夫婦はカナヅチ同然)

やっぱり
「松本空港へ行こう!!」
早めに出たので 時間つぶしの場所を探してウロウロ。

信州スカイパーク ファミリースポーツゾーンにバッテリーカーを「発見」

あまりの上手な運転にじいじも舌を巻き「ばあばより上手ではないか」と・・
動画ばかりを撮って静止画を撮るのを忘れていた。
空港へ行かなければと 移動しかけて振り向いてパチリ↓ バッテリーカー、一部です。
松本s-IMG_8225

Yくんのお気に入りは↑には写っていなかったスピードがでる車でした。


松本空港
松本s-IMG_8230


きょうは何色の飛行機が来るのかな?
いつもの「当てっこ」です。

じゃ〜ん!
やってきたのは「ピンク色」
松本s-IMG_8255


福岡発10:05 松本着11:35
そして点検整備されて 札幌へ向かいます。
松本発 12:00 札幌着 13:30 
松本s-IMG_8257

その間に小さな飛行機も飛び立ち
松本s-IMG_8271

あちらには ヘリコプターも見えます。

暑い!
干ぼしになりそうです。

帽子を忘れてでかけてきたので 雨傘をさして・・
松本s-IMG_8260


日傘をさす経験はあまりないのですが 
「いや〜、 あるとないのではこうも違うのね
じじばば孫、傘の下、空港を吹き抜ける風を感じながら 整備点検を眺めます。

そうそう飛行機が来る前に土産物屋さんで買いました。
FDAの飛行機モデル。
Yくんはシルバーにするかオレンジにするか迷った結果 買ったのは「オレンジ」
松本s-IMG_8235


休憩室でジュースを飲みながら・・ふと手にした雑誌
松本s-IMG_8245


「大町」特集です。
見どころ食べ処満載・・
あ、そうそう この朝じいじは「黒部ダムに行こうか」とも言っていたのです。
「行きたいけれどダメダメ。真夏の格好しかしてこないかったもの」と私。
黒部も大町市だった。
あら これは↓
以前に行った「わちがい」さんに おいしいと評判が聞こえてきてた「松葉ずし」さん
松本s-IMG_8246


さすがに信州 お蕎麦屋さんも満載
松本s-IMG_8247


ささ 松本空港を出たら 朝日村のお蕎麦屋さんへ出発です。
気になっていたお蕎麦屋さん、「ふじもり」さんに行きましょ。

築100年の養蚕農家だったとのこのお家、板張りのお部屋で(奥には畳敷きの部屋もあったみたい)ひんやりと気持ちいいこと。
↓これこれ・・(気持ちいいもんね)
ふじもりss-IMG_8291


↓吹き抜ける風にカランコロンと鳴る竹筒風鈴(?)低い太い音が この家に合っている・・
ふじもりss-IMG_8313


「お待たせしました〜」
がっつくYくん。蕎麦も大好きです。
ふじもりss-IMG_8309


ふじもりss-IMG_8315

あ、カメラはついつい孫に向け・・

この日 食べたものは
私とYくんが「玄そば」(十割そば 細打ち麺)
じいじは「にしん蕎麦」(5日間もかけて ゆっくりと炊き上げたにしんのおいしいこと。
身欠きにしんは夫の大好物、ほとんど毎日のお酒の肴に出します・・最近はソフト身欠きにしんでちゃちゃっと煮てしまう私)

そして 天ぷら
ふじもり てんぷらs-IMG_8306

写真あり、で ほっ。
内容は・・長いのがアスパラ、シシトウ、人参、肉厚なキノコ?それに・・え〜と。

そして 蕎麦がき
つぶつぶ感が残る方をを注文しました
ふじもりss-IMG_8294

蕎麦の香りが口の中に広がり〜〜おいしかったぁ〜

ふじもりさん 
「大切にしていること」
大切にしていることs-IMG_8284

HPにもありますが
「ここは標高800メートル以上ある、昔からお蕎麦が食べられていた山里。
ふじもりは朝日村の休耕田を利用して、そばを自家栽培している、畑とつながったお店です。

無農薬、無化学肥料で栽培。品種は在来種の常陸秋そば。無農薬の畑はきれいで気持ちいいです。春のあぜには、ふきのとう、のびる、のかんぞう、つくし、よもぎなど摘草料理も楽しみます。
草刈りは大変難儀ですが、微生物や虫や鳥たちもいっぱいの豊かな土となってゆきます。
それは、森の動物や、山の環境、海の環境につながる命の循環。
持続可能な生活環境を作りながら、そば畑や野菜畑を耕しております」って

デザートは「お店からです」
そば寒天と蕎麦プリン
ふじもりss-IMG_8332

蕎麦粒がのっている
ふじもりss-IMG_8335


カメラ写りにいいように傾かてくれるYくん。慣れているねぇ
そう、このカメラ小僧のことは あとにおいて
まずは私が撮ったもので ふじもりさんを紹介
入口で見たこの焼き物
ふじもりs-IMG_8281


器類にしてもすてきな焼き物でしたし(と 言いながら写真なし)どなたか 焼き手がいらっしゃるのかしら・・。

ここかしこに懐かしいもの、すてきなもの
ふじもりss-IMG_8301


↓あら「ごんばち(甲州弁か? =「こね鉢」のことです)」に いい色の梅
ふじもりss-IMG_8302


窓辺
ふじもりs-IMG_8286

キラリン〜
ふじもりss-IMG_8288



お庭の写真を撮ろうとしたら Yくんが「Y(自分)が撮る」って。

カメラマンs-IMG_1726


で、撮ってきたものは 以下。
カメラマンss-IMG_8317


カメラマンss-IMG_8320


カメラマンss-IMG_8321


カメラマンss-IMG_8327


お店を出てもカメラを離しません。
空!
カメラマンss-IMG_8340


稲(?)
カメラマンss-IMG_8339


アヤメかな?
ふじもりss-IMG_8328


ハス
ふじもりss-IMG_8338



そうだ、ばばバカは孫を撮ります。
カメラマンs-IMG_1727


孫の目線 Yくんが撮ったのは↓です。
カメラマンふじもりss-IMG_8342


次の狙いは
カメラマンs-IMG_1728


↓ツツジ
カメラマンふじもりss-IMG_8343


↓次は?
カメラマンs-IMG_1731


↓あぁ これ? 石臼の中から・・
カメラマンふじもりss-IMG_8346


↓次は何?
カメラマンs-IMG_1730


↓石! 接写ですねぇ
カメラマンふじもりss-IMG_8345

へぇ こんなに近づけても写るんだ(今さらの私)
御影石でしょうかねぇ

ささ、これにて 帰りましょ。


 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください


2017年06月21日23:43甲州 梅雨らしく・・
PermalinkComments(0)TrackBack(0)植物 | あれやこれや
ようやく雨が降り 私のまわりはほっと一息。

遅れ遅れのブログをまとめて記しておきましょ。

裏山のコアジサイが咲き始めていました(6/15)

コアジサイs-IMGP4790


コアジサイ170615s-IMGP4786


山の中に静かに咲くアジサイ・・華やかさよりも控えめな感じ、それにほわほわと感がかわいこと。

光の加減で・・・葉に影を落としています↓
コアジサイs-IMGP4791


コアジサイのことを調べ直しました。
「いい香り」と書いてあります。
私は山の中の しっとりとした緑や土の匂いは感じていましたが
コアジサイの花の香には気がつきませんでした。
「鼻自慢(だった)」この私が・・。

その中のひとつに あの柳生真吾さんのブログがありました。
「八ヶ岳倶楽部」から発信されていたものです。
   ※コアジサイの香り・柳生真吾さんのブログ

「装飾花を持たずに、香りで虫を誘う」と。
そうだったんだ。
装飾花をもたないこのコアジサイはあの小さな花の集合で虫を誘っていた・・
コアジサイ170615s-IMGP4780


見るたびに色が違って見えるのは一日の中でも変わっていたのですねぇ。
そばにいて優しい目で見られていたのでしょう・・合掌。

コアジサイの数も少なくなっています。
これもシカが食べたのかしら?
シカか1706IMGP4776


シカか1706IMGP4774


気にしている「フデリンドウ」は・・
これはもう とぼれてしまいそう(あれ、「とぼれる」は甲州弁か(検索) =「自然に消えていく」ことです。標準語だと長いのう)
あ、「とぼれた」のではなく シカが食べたのかもしれませんが・・

↓残り1本
s-IMGP4775


↓ふっくらとしている。種は?
s-IMGP4768

↓ちょいと押してみました。パカンと開いたその中に・・種ですね。
s-IMGP4770

フデリンドウは雨の後に種を飛ばすとか・・きょうは飛ばしているのかな?

イチヤクソウは姿がなく・・このまま消えてしまうのか。
オカトラノオは刈り取られた場所には もう出てこなくなってしまった。
害獣柵の外までは行く時間もなく(ほんの2,3分のことだけれど・・「害獣」がこわい)

ハッカクレンはこの十年ちっとも大きくならない・・
いや そもそもこれが「ハッカクレン」かどうかもあやしい・・
カッカクレン170615s-IMGP4795


チョウたちは
↓あそこに小さなチョウが
ヒメウラナミジャノメ170615IMGP4813


近づいてパチリ。拡大↓
ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメ170615IMGP4815


こちらは キタテハか↓
キタテハIMGP4744


キタテハ170615IMGP4748


↓はウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン170615IMGP4801



ややこしいいなぁ
ウラギンヒョウモン170615IMGP4807


ウラギンヒョウモン170615IMGP4803



あっちには ツバメシジミ
ツバメシジミ170615IMGP4753


ベニシジミが開翅しているのは・・・初めて見た(かな?)
ベニシジミ170618IMGP6239


黒いのは止まってくれない。
何を急いでいるのだろ。

私も急いで帰ってきました・・が。途中、売店のモモらしきものが目に入ってきました。

もう桃?
もうすぐ孫が来るのでUターンして買いました。

モモs-IMGP4828



露地もの「早生種 ぬのびきわせ」とか・・(このあと「はなよめ」とか「ちよひめ」などが出てきますって。
わたしにとっては、桃は7月から収穫のイメージです。
モモs-IMGP4829


モモs-IMGP4830


このあたりは 桃の生産地ですので 桃はいつもいただきものでいっぱい。買った経験があったかなぁ・・。

とにかく孫のために買ってきました。

孫が来て・・・
親戚からサクランボも来ました。
「雨が降るっていうので全部とっっちゃた」
「はね出しだよ〜」って 3度目のサクランボ
 ※「はね出し=出荷できないもの」
s-IMG_8181

Yくん「これによそって」
s-IMG_8183

「うさちゃんもどうぞ」って
うさちゃんどうぞs-IMGP6257

あぁ この器(カップ)によそるのもいいわねぇ

孫はジャガイモ堀リを手伝って(?)
s-IMG_8172


花火をして
花火170617IMGP6207


国内生産の花火はモチが違うねぇ・・
花火IMGP6211


パパさんが迎えに来て帰っていきました。
また来週ね〜って。

そう、今回は予定外の里帰り・・娘が東京に用事があってのついでの里がえり。
来週は お子守り、サポーターとして松本行きです〜。

うこっこが・・・
砂浴びをして
うこっこs-IMGP6145

汚しているみたいじゃん
ん?なにか?
うこっこs-IMGP6146



お花も葉っぱもたべるから、うこっこ避けのネットを張りめぐらしました
うこ避けa s-IMGP6194



でも秘密の抜け道をみつけては
うこs-IMGP6170


ここ、ここ うこっこ
うこs-IMGP6173


うこs-IMGP6196


あ〜涼し!(と言っているような)
うこs-IMGP6182



**** 追記****
我が家のバラ。
母が残してくれたこのバラは 花びらの裏側がオレンジ色のもの
バラ1706s-IMGP4697


バラ1706-IMGP4705


それがね、5月の下旬早々と一輪咲き始めたのは 裏側がピンク色。↓
バラ 170527s-IMGP4662

我が家に来て20年ほどたっていますが こんなの初めて。
不思議です。裏がオレンジ色のものでした。

一緒にくれた蔓バラも元気に蔓延しています。
ローズ170615s-IMGP6177


上の写真の中にはもうひとつの「ローズ」が写っています。
秘密の「ローズクォーツ」・・ピンク色した石です。
あれも外に放っておかないで 家の中に飾りましょ。「砂漠のバラ」の隣にでも・・


道路拡幅工事のため崩された石垣から救い出した「フジウツギ」も我が家で元気にしています。
ずいぶん大きくなっていっぱいの花を咲かせています。
よかった「ここが好き」と思ってくれているみたいで・・
フジウツギs-IMGP4710





 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください



2017年06月11日23:00甲州 梅雨?
PermalinkComments(0)TrackBack(0)生き物 | 植物
梅雨?
「気象庁は、6月7日(水)、四国、中国、近畿、東海、関東甲信地方が梅雨入りしたとみられる、と発表しました」って・・・

その前の日曜日、かつぬま朝市の午後に「お山の畑」にヤーコンを植え付けてきたので 夕方は雨、の予報にも「念のため」水やり作業に行ってきました。
行っておいてよかったこと。その後に降った雨はほんのわずか・・。

梅雨に入ったとはいえその後 きょうまで雨なし。
農家は困っていますが 天気予報士さんは「お天気は回復していい天気に」と
(※さくらんぼ農家の親戚は雨のための「玉われ」がなく喜んではいますが)

ヤーコンに水やりして
ヤーコン170606s-IMGP6084


水やりして、草取りして「ついでのウォッチング」
↓裏山のフデリンドウは花が咲いた形跡なし・・??・・
マクロ撮影ではないのでよく見えませんが、拡大拡大で

フデリンドウ170606s-IMGP5980

頭頂部はふっくらとしています。
エイっと押すと種が見えました(観察のためじゃ ごめん)
(写真なし。ピンボケボケ写真でした)

裏山に咲くナルコユリは「ミヤマナルコユリ」
葉が交互に出ていますのでわかりやすい(なにより小さい)
ミヤマナルコユリ170606s-IMGP5975


ミヤマナルコユリ170606s-IMGP5978


畑のナルコユリは・・↓
ナルコユリ170606s-IMGP6053

これは賑やかな鳴子で・・泥棒さんもタジタジでしょうね。

マムシグサはあちこちで伸びています。
マムシグサ170531IMG_7954

義母のあたりではマムシグサのことを「ヤマコンニャク」と呼びます。(地方名ってことですね)

ヤーコン畑にニョキッと出ていた「コンニャク」は すっかり萎れていました↓
コンニャク170606s-IMGP5966


↓ちょいと失礼、とめくってみるとブツブツが・・これは雄蕊だそうです。雌蕊はこの下にあるとのこと(あらら 見てこなかった)
コンニャク170606s-IMGP6082


チョウが行き来していたので ついでにチョウも・・

今度は間違えない「ヒメウラナミジャノメ」
ヒメウラナミジャノメでIMGP6051


ヒメウラナミジャノメでIMGP6048

別の場所で開翅していた↓ これも「ヒメウラナミジャノメ」か
ち ヒメウラナミジャノメ 170607 9:30IMG_8038


↓シジミチョウかと思ったほど小さい・・
「後翅 大きな(中くらいだけど)目玉の上に小さな目玉が四つ・・」とコジャノメか
ち コジャノメ目玉が4つMGP5988

別の個体です↓
ち コジャノメ170607IMGP6119


ムシトリナデシコに「イチモンジセセリ」
ち IMGP6015

ストロー出して
ち IMGP6017


↓ここにはウラギンヒョウモン?
ち ウラギンヒョウモンか170606IMGP6031

↓モンシロチョウ
ち モンシロチョウの夏型♂IMGP6010


↓モンシロチョウ
ち IMGP6025


↓タイヤのそばに止まったのは・・?
ち ミスジチョウの仲間どこ170706IMGP6002

↑この写真ではどこにいるのかわかりませんよね。
↓拡大トリミング
ち コミスジ1706IMGP6008

コミスジには 上の白い線が3/4くらいのところに1カ所の切れ目がある・・と、
で、これは「コミスジ」!

おっ、飛んできた!
↓なんだ「シリアゲ」か
シリアゲ170606IMGP6111


ついでにトンボのところにも行ってみよう。
今は 「アサヒナカワトンボ」の季節
 
ん? また名前がわかりにくいトンボばかり(このまま「トンボ!」でアップ
トンボ170607IMG_8049


トンボ!!
トンボ17060710:47IMG_8045

(↑ これは アサヒナカワトンボか・・・今まで見たのとは色合いが違うけれど・・)
目線がこちらに・・かわいいね。
と ミヤマカワトンボ 170607IMGP6129


これだけ特徴的なのはわかりやすいかも「ミヤマカワトンボ」
↓白い紋があるのは♀だと・・
と ミヤマカワトンボ ♀ 白紋があるIMG_8059


こんなところに「オトシブミ」
オトシブミ170606s-IMGP6133


鉄板の上では 熱くなりそう・・
オトシブミ17060711:07IMGP6132


草取りしたのは・・これだけ。
草刈り170606s-IMGP6092


この畑にヤーコンを作ってみたけれど 新芽をシカに食べられてしまってうまく育たなかったので 害獣柵のある畑に作ることになったのです。(集落全体も害獣柵で囲まれてはいるのですが どこからか入ってくる・・)
この広い範囲を手鎌では難儀なこと。夫が刈払い機でやるからいいと言われました。

雑草の新顔↓
麦?・・ではなくて「ただの雑草」だって(隣人)
ちょっと前からの新顔「オヤブジラミ」とコラボです
オヤブジラミと麦っぽいの170606s-IMGP6090

オヤブジラミの実がはぜないうちに刈り取らなくっちゃ。
今は「くっつきむし」のオヤブジラミです
オヤブジラミ170607IMGP6099


甘い香りはニントウ
ニントウ170606s-IMGP6071


放っておくとどこまでも伸びていく〜
ニントウ170606s-IMGP6087

うっかり家の庭に植えてしまって困り果て「お引き取り」願ったっけ。
道路際には壁みたいにニントウ
ニントウ170606s-IMGP6070


おまけ
うちのうこっこちゃん。
パンジーを食べるから囲ってみたけれど・・?どこから入ったの?
うこ170601IMG_7999

これこれ
うこ170601s-IMG_8001


ツマグロヒョウモンさんは入っていいのよ
ツマグロ170601IMG_7996

でも卵は産みつけないで。花が終わると抜いてしまう花壇なので・・
ツマグロIMG_7994


 
 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください


2017年06月08日22:30かつぬま朝市 2017年6月
PermalinkComments(0)TrackBack(0)勝沼朝市 | あれやこれや
遅れ遅れのブログなのに 今回の朝市レポートは少ないのです。
3件だけかな?
「どんぐり牧場」さん、
「堀内製作所」さん
「スティールパン演奏会」
あ、それにお花屋さん。

出口近くに駐車したので いつもとは違う通路から朝市ウォッチング。
この「あ」の標識は 通路の番号だったのです。
「あ」「さ」「い」「ち」
(あ、写真がない・・)

弟のところは「い」の通路かな?
ここで出会った「どんぐり牧場」さん、
今、通ってきたばかりの気になるお店。
「写真を撮らせてください」とついていきました。

「アローカナの卵」・・これが気になっていたのです。
↓淡い水色の卵です。
あs-IMGP5868


「アローカナ」幸せの青い卵。
アローカナとは・・ここをクリック
帽子もかわいいこと。
「帽子だけ売って」なんてお客様もいました。
お友達が編んでくれたものなので「売り物」ではないのですって。

普通の卵は「完売」
普通の卵、といっても えさの半分はお米だそうで・・特別の育て方をした鶏の卵。
詳しくは→「どんぐり牧場」
あs-IMGP5877


このイラストは歌手・岩崎けんいちさんが描いてくれたものですって
イラストは・・あs-IMGP5876


「星に願いを」・・岩崎さんのチャリティーコンサート
あs-IMGP5865



どんぐり牧場さんとお話ししてきました。
どこにあるのですか?
「博物館の上の方」って・・
山梨県立博物館ではなく 釈迦堂遺跡博物館!!
そこはもしかして京戸川扇状地の上の方?
上記リンクに地図、住所がありますね。

↓京戸川扇状地・・このブログに何回も登場している私の「思い入れのある地」
京戸川扇状地100106IMGP0180



「ほったらかし温泉から灯りが見えるって言われました」って。
私も
「(その下にある)フルーツ公園から ずい分上まで家が建ってきている、と眺めている」と・・
(上の写真もフルーツ公園から眺めたものです)
そう、 この一番上に牧場があるのですって。

話は「ヤーコン栽培」のことに及んで・・
私「売れなかったでしょ」と一言。
売れなかったのですって。
我が家はこれから植え付けるところ・・などと 楽しくお話して お客様が立ち込めてきたので 失礼してきました。

あs-IMGP5864


さて次は「堀内製作所」 さんで。

電動カート(電動補助車、シルバーカー)のこと。
先月のブログでもちょこっと載せましたが 今回はお話をうかがってきました。
↓先月撮ったもの
abed4e7c

これは折り畳んで車に載せることもできるって。
そして今は免許証返納すれば割引サービスもあるのですって。
あs-IMGP5886

あぁ そんな時もあっという間に来るのかも
友も「今はいらないけれど あれはよかった(臼杵石仏に行ったときに利用してみての感想))」
そして 今回、私が飛びついたのは この堀内製作所さんの「本業」、この抗菌ライト。
 あs-IMGP5891


お風呂場のカビ防止にいいって。
我が家の風呂場は換気扇をつけっぱなしにしてもカビが発生。
そんなのは すぐ落ちてくる、そうです。
キレイにしてから取り付けたいというと そのままで効果をみたらいいと。
あ、before、after・・やってみましょ。サイズを計って次の朝市には購入予定。

お話をうかがってホイホイ帰ってきてしまったので写真を撮り忘れています。
「殺菌」「除菌」「消臭」「防汚」「坊カビ」「曇り止め」・・
詳しくは 「堀内製作所」 のHPで・・。

今回はあちこち見て歩けなかったのは 他にもスティールパンの演奏を聴いていたからです

あ


ん?世界的スティールパン奏者来場ですと
あs-IMGP5915


ご本人登場して
あs-IMGP5930


あs-IMGP5924


あs-IMGP5927

軽く細やかな演奏に耳を傾け始めるとケータイから無情にも「時間だぞ」と夫の声。
いけないいけない 11:30集合だった。

後が忙しいこの日。
帰ってきました。

夫は「こうとく窯」さんは出ていなかったと(何を買うつもりだったのだろ)
猫好きの次女のために↓
あs-IMGP5944

次女は「喜んで飾らせていただきます」と。それにこの袋・・
広瀬アリスさんの写真がわざわざ貼ってあることに気付いておもしろがっていた。

私は 風呂敷包みを番しているようなワン君のお店で「砂漠のバラ」を買いました。
あs-IMGP5901


↓この中の
あs-IMGP5905


「これは何ですか」
「砂漠のバラだ」
「石ですか?」
「そうだ」
なんとも不愛想な店主さん
「砂漠のバラ」どこできいたことがあるような・・いい響きの言葉です
つい買ってしまいました。
砂漠のバラ170604MGP5955


砂漠のバラ・・
砂漠のバラ(さばくのばら、Desert Rose または Sand Rose)とは、ある種の化合物が自然現象でバラのような形状の結晶に成長した石である・・
   Wikより

あ、お花屋さん。
ブルーウィングを求めて・・
冬に取り込むのが遅かったのかダメにしてしまったので(偶然にも義妹も同じ)
前に買ったお花やさんにを探しました。
「今年は遅れていてまだ売れる状態ではないの」と。あらら残念。義妹の分も買おうと思っていたのに・・。
あs-IMGP5898

暑さに強いという「かがり火」を買ってきました〜。

帰り道
朝のうちは雲に隠れていた南アルプスが顔をだしていました。
久しぶりの「南アルプス」

あs-IMGP5936
あs-IMGP5937


甲斐駒が岳の雪はもう消えていますね
あs-IMGP5938


緑も濃くなってすっかり夏模様のよう
あs-IMGP5942


午後には「かつぬま朝市由来」のヤーコンを植えました。
このことについては次の機会に・・


そして前回 朝市のブログでは花盛りの「ベニバナトチノキ」
uさんから
「ハイブリッドの繁殖力はゼロないし弱いのが通例で、ベニバナトチノキも同様だと思いますが、実はつけるのでしょうか」とお問い合わせがありました。
お答えします。
見てきました 実はほんの一粒二粒・・ようやく探し当てたほどでした
いs-IMGP5962


s-IMGP5957


↑見てきたのは次の日のことです。
↓朝市会場は・・がら〜ん
いs-IMGP5963



******追記****

ここに記録しておこうっと

「我が家のヤーコンはかつぬま朝市由来のもののこと。

10年以上前、かつぬま朝市がまだ「小さく」、別の場所で開催されていた頃のことです。
TV『花まるマーケット』でヤーコンの健康効果について報道していました。
義母「あれを作ってみたい」
私「かつぬま朝市で見たことがある」
・・・私は朝市の会長さんに「ヤーコンの苗」を「リクエスト」したところあちこちあちこち探してくださって ようやく義母の手元に一塊(ひとかたまり)のヤーコンの根塊を届けることが出来た次第です。

あれはいつのことだったか・・とネット検索すると ちゃんと出てくるものですねぇ
記念にここへ置いておきましょ。

2005年に「ヤーコンの苗がほしい」とリクエスト

2007年の朝市では「ご自由にお持ちください」とお礼の出品。
・・・少しもも減らなったなぁ・・まだ「市民権」を得ていない「知る人ぞ知る」のヤーコンだったような。
2007年のこと


ヤーコンの苗 お礼出品

朝市の日の夕方植えました(前回義母と一緒に植えた30本、プラス120本で 全部で150本

いs-IMGP5964


いs-IMGP5967



 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください



2017年05月30日23:09甲州 5月も終わりに
PermalinkComments(0)TrackBack(0)あれやこれや | 生き物
ニョッキと一本。
コンニャクの花170527-IMG_7930

コンニャクの花が咲いていました。
コンニャクの花170527s-IMGP5822



コンニャクの花は5〜6年玉に咲くといいます。
この畑にそうっと生き延びていたのですね〜。

コンニャクの花は臭いと聞いていますが・・
どうしよう、匂いません。鼻自慢でしたのに

あ、ルバーブにチョウが・・
IMG_7908


IMG_7905

いないいないばぁ〜 ばかりでよく撮れません。
IMG_7903

向こう側にまわろろうとしたら飛んで行ってしまいました。
う〜ん、この特徴ある裏翅は・・ミスジチョウ??
いえいえ 「スジ」は一本しか見えません・・ので「イチモンジチョウ」かしら?・

あっちにも隠れ気味で・・

遠くから撮ったものを拡大拡大
ヒメウラナミジャノメ170527IMG_7922


ヒメウラナミジャノメIMG_7928


ジャノメチョウもいろいろで・・ややこしいけれど「ヒメウラジャノメ」かな?

突然ですが・・
5月ももうすぐおしまい。
久々に「開催中」の展示を。
甘草屋敷「五月人形展」・・5/31まで開催中。
甘草屋敷s-IMGP5754


甘草屋敷は「甘草」よりも「おひな様展」の時が話題になっています。
このブログでも何回か紹介しましたが 五月人形展をやり始めたことは知りませんでした。
ちょこっと行ってきました、「甘草屋敷」へ・・
一番、気になるのはやはり甘草の花が咲いているかどうか、です。
年によっては5月に咲くこともあったそうですが、咲いているものはありませんでした。
(5月であっても8月であっても 咲くのはほんの数本、いえ1、2本程度だった・・と、記憶しています)
甘草s-IMGP5755


今回は「五月人形展」で。
五月人形展s-IMGP5764


「五月人形」といえば 今は↓こんな風がものが多いかと・・
今はs-IMGP5779


s-IMGP5797


甲冑s-IMGP5790


ひな人形は昔のもの(享保雛、雅楽人形など)も展示されますが 五月人形の「古いもの」って あるのかしら?と・・
そもそも この地域(私が生まれたこの山梨県峡東地方)では どんな五月人形が飾られていたのか知りません。
※「古いもの」としては別の地方の「かなかんぶつ」(後述)は知られていますが・・

私が子どもだったころの五月のお節句(端午の節句)は、武者のぼりを立てて・・これは母の実家から贈られた)親戚からの「五月人形」を飾ったものです。
「鯉のぼり」は「都会的」と感じていました。
さて その「五月人形」はどんなものだったか
確か「鍾馗様」
そう↓これ。この右側の「怖い感じ」だった・・(こんなに立派ではなかったもの)
神武天皇 と鍾馗さまとs-IMGP5766

ん?左は?弓をもち鷹が・・神武天皇??

五月人形s-IMGP5786


↓「尚武神」とありますね。
尚武神s-IMGP5785


「尚武神」については記憶がなくネット検索してもあまりよくわかりませんでした。

「鍾馗様」についていえば
「関東中心で、京阪にはあまり見られません」と出てきました。
ところ変われば・・ですね。

古いもの・・やはり鍾馗様と尚武神(?)
昔はs-IMGP5783


私の実家に飾られていたのは 金太郎さんが熊と相撲を取っているものとかだったっけ?
兄は覚えていなくて 実家をとっている弟は今はブドウのジベレリン処理(種なし葡萄にするための作業)の真っ最中で電話も憚れます。

甘草屋敷に飾られていたもののなかで一番古そうなのが これ↓
かわいい1705s-IMGP5787


かわいらしいんです。兜には武田菱が見えます。

兜といえば 現代のお飾りの中で多いのは兜飾りでした。
兜s-IMGP5795


大河ドラマで見る兜を誰の兜かしっかりと覚えてておけば この展示も一層興味深く見えたかもしれません。
私にわかるのは 真田の六文銭、伊達の月、それに「愛」・・あの方の名前は覚えられない。『真田丸』にも出ていたのに・・

私が子どもだったころは 幟が主流でした。
「武者絵」だったり「鯉の滝登り」(金太郎さんも一緒だったような・・)
鯉のぼりは少しは見かけましたが あれは「都会風」・・おしゃれなものに感じていました。
↓これです。
幟s-IMGP5782

お外に展示(立てる)できないのかなぁ・・いっぱいはいらないけれど「各代表的なものを」を。


そうそう、終わってしまったけれど「安藤家の五月人形展」には 甲州ごく一部で飾られた「かなかんぶつ」も展示されていたようです。
こちら↓右端のもの
020


※写真は安藤家住宅 五月人形よりお借りしました。

そして・・・さりげなくお蔵入りになっていた「安藤家」を引き出してきます。
南アルプス市にある重要文化財「安藤家」の「おひな様展」に行ってきたのは3月の終わりごろ・・二女に連れて行ってもらいました。

土間から入ると・・(↑五月展から)お借りしました。
015


3月には↓「おひな様」
安藤家s-IMGP3999

ほほほ 同じようなアングルですね。

「甘草屋敷」については何度かかアップしているので 是非「安藤家住宅」をご覧ください。

↓長屋門
0あs-IMGP3989

武家屋敷ではありませんが(武田氏が滅んだあと帰農したと)立派なお屋敷です。
長屋門の向こうに「中門」
0s-IMGP4120


「中門」は公式なお客様とこの家のご主人さまだけが使える門だったそうです。
「中門」をくぐって式台付玄関から座敷に上がっていきます。って。
0s-IMGP4096

このような形式は普通の民家には許されていなかったということで 「安藤家」の格式の高さがうかがえます。

※ここで登場「甘草屋敷=旧高野家住宅」の「座敷門」
座敷門s-IMGP5761

こちらには あらためての玄関はなく直接座敷に上がるものです)

安藤家の庭・・川も流れています
娘は「川も山もあってお庭遊びが楽しいよね」って。・・確かに。
川もs-IMGP4076


↓「ワニもいるよ」と私
ワニがいるs-IMGP4048

↓松の根っこ、「根上がりの松」
根上り松s-IMGP4046


安藤家の「おひな様」は古い時代のものから現在までたくさん飾られていました。
古いもの・・享保雛や古今雛。
そして ↓これらは添え雛として贈られたものでしょう(きっと)
0s-IMGP4021


s-IMGP4020


0s-IMGP4054


私が生まれた頃には初節句のお祝いに 母の実家から内裏様、叔父や叔母からは一緒に飾る(上の写真のような)お人形が贈られてきました。
覚えているものは「藤娘」とか「高砂」です。

実家の甥っこが初節句の時にもそうしていました。現在はそういう風習が残っているのかどうか定かではありません。何より「飾る場所がない」「片付けが大変」とか聞いています。
わが孫の初節句のお祝いも・・・「泥人形」(失礼か?「中野土人形」です)所望でした!!
中野ひな市
時代とともに変わってきているのを楽しむ・・・ちょっといい時間でした。



2017年05月24日22:43甲州 あらら
PermalinkComments(2)TrackBack(0)植物 | 生き物
シロバナフデリンドウ
「2008年に咲いたのを見て以来 咲いた姿をみたことがありません」と、その後のブログは毎年毎年「咲かない・咲かない・・閉鎖花というものなのか」
「シロバナフデリンドウ・シロバナフデリンドウ」と唱えていました。

まずは 今年、5/4の様子を再登場させます。
↓花びらは虫かシカが食べてしまったのか この状態。
咲いたのか 咲かなかったのか・・と。

11a170504IMGP4348


↓いまになって 他の画像を拡大してみたら こんなのがありました。
これって 咲き方が不十分ですけれど「シロバナ」だったのかしら??
11a170504 10時59分MGP4343


それでは、
「30株がシロバナ開花か〜」と楽しみに出かけました。
5/20のチェックです。

と、ところが・・・・・一株も見当たりません。盗掘??シカのしわざ??



ないものはしょうがない 帰りましょ、と・・、

「あららら」の始まりです。
あきらめて立ち去ろうとした瞬間、私の目に飛び込んできたものは!!
11b170520 16時02分IMGP4446

薄青いフデリンドウ!!
↓その拡大
11b170520拡大IMGP4448


↓ここ。
こちら、葉陰のフデリンドウは健在だったのか〜、とカメラを向けました。
見えますか〜? ☆印の中に フデリンドウ(青)!!
11b170520 16時01分IMGP4441


毎年 こんなに熱い視線で見ているのですもの せめての「ご褒美」?

いやいやびっくり。
シロバナではないにしても
サプライズプレゼント
ありがとう。

すっかり気をよくしてフキを採り始めました。
まわりにはチョウたちが舞っているのですが ちっとも止まってくれません。

↓ん? 止まってくれるの?
ヤマトシジミかな・・ま、せっかくだからパチリ!!

このチョウの名前がわかりません。
不思議な模様と思っていたのは翅が傷んでいた?

チョウ170520s-IMGP4477


チョウ170520IMGP4477

反対側からパチリ。
ムラサキシジミかしら??
↓こんなボソボソした模様って・・ん〜 わからない。
チョウ17052016時57分IMGP4480

飛んだ!
拡大拡大写真です。
チョウ拡大IMGP4492

地味な色合いですこと。


そして・・事件は昨日起きました。
「あららら第二弾」

↓このキジの雛 遠くから撮りました。
「おかあさ〜ん こわいよう、こわいおばさんがカマ振り上げて・・」
と鳴いている写真です。
キジ170523s-IMG_7812


キジ170523s-IMG_7810


↓あの茂みの中です
キジ170523s-IMG_7811


ことの顛末
私は昨日5/23 フキとルバーブを採りに行ってきました。
ほったらかしの畑は オヤブジラミが蔓延って(はびこって・・変換して知った漢字)フキの場所はどんどん狭くなってきました。
↓オヤブジラミ・・ちょっと目にはかわいい花
オヤブジラミ170523s-IMGP4509


オヤブジラミ170523s-IMGP4507


フキを採る前に オヤブジラミをやっつけよう・・
とカマを下げたとたんに むくっ!
何?暖かいものが私にぶつかってきました。
猫?狸?小熊?・・・

逃げていきます。ちょこちょこと・・
あぁ、キジの赤ちゃんか?飛べないみたいです。
キジ170523s-IMG_7783

飛べないのは まさか私が傷つけた??
頭部よし。
キジ170523s-IMG_7787

体よし。
キジ170523s-IMG_7788

ちょこちょこと急斜面を歩いていきました。

でも〜、その後、鳴くこと鳴くこと
「たすけて、たすけて こわいおばちゃんがね・・」と聞こえてきます
↓動画で



私がいては親鳥も近づけないでしょうからフキ採りはここで止めて ルバーブの畑に行きました。
フキ170523s-IMG_7826


ルバーブを採っていると チョウ達が・・・。
近づいて撮らせてくれたのは モンキチョウ♂ですね。
メスはもっと白っぽいんですって。
チョウ モンキチョウ♂170523IMG_7856

ま、かさぶたのような模様はご愛嬌。
そして ベニシジミ・・♂とか♀とかはわかりませんが。
チョウ ベニシジミ170523IMGP4563

そして ツバメシジミ
チョウ ツバメシジミか 170523IMGP4567

あ、飛んだ・・この色合いではメス♀ですね。

あとは道路で黒いチョウを見て・・追いかけて
↓違う!クマバチじゃ
s-IMGP4599

↓こちら 黒いチョウ・・証拠写真程度に。
s-IMGP4601


s-IMGP4603


♪〜 戻ってこ〜いよ♪〜。
ダメダメ戻ってきません〜。
あ、サカハチチョウ春型
チョウo170523IMGP4637


拡大拡大
チョウサカタチチョウ春型170523IMGP4637


あ、一番数多く飛んでいたのは スジグロシロチョウ・・2頭ずつ仲良くね・・でも止まってくれません。

証拠写真程度だったら

IMGP4611


トンボたちも元気に飛びまわり・・
撮らせてくれたのは↓ ギンヤンマだけ。
IMG_7870


アハハと、よろけているのは キセキレイ
キセキレイ170523s-IMG_7876


おっとと
獲物をくわえていたのでバランスくずしちゃった・・と、いうことで。
キセキレイ170523s-IMG_7877


おしまい。

追加=5/23のフデリンドウも
朝のうちはまだ閉じていた青いフデリンドウ
dフデリンドウ朝は170523s-IMGP4513


消えた30株付近に小さな小さな この株を発見
シロバナかな?・・あ、また期待してしまう

大きさ比べ


dシロバナか?s-IMGP4518


あとはこの季節だたクリンソウ
側溝に咲くクリンソウ
11cクリンソウ 側溝に170520s-IMGP4461


真上からパチリ
11cクリンンソウ170520s-IMGP4464


草取りして
11cクリンソウ170520s-IMGP4468


 
 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください



2017年05月18日23:52山梨県立博物館 企画展
PermalinkComments(0)TrackBack(0)博物館 | 植物
雨上がりの朝・・水やり作業から解放されてお花をウォッチング。

ムラサキツユクサ
雨上がり170518lIMGP4429


よく見れば露が写し出している模様が不思議
雨上がり170518IMGP4429


塔立ち「とう立ち=とうが立ってしまうこと」したサニーレタスの花を見ると「キク科」だとわかりますね。
サニーレタス


こちらは ハツカダイコンの花。
ハツカダイコンはどんどん食べてしまうので花を見たことがありませんでした。
ハツカダイコン

やっぱり「ダイコンの花」・・アブラナ科ですね。
いちいち「科」にこだわるのは 思い出・・我が家の亡きワン君 プウはアブラナ科の葉っぱなら食べていた・・キャベツは食べる、レタスは食べない・・と。

久しぶりにキラリン
雨上がり170518朝IMGP4433


ここから「本題」に入ります。
5月15日で終わってしまった山梨県立博物館企画展のこと。

遅れ遅れのブログでは せっかくの「写真を撮ってどんどんお知らせして」との博物館の意向も反映できません〜。
私は2回も行ってきたのいうのに・・。

山梨県立博物館 企画展「ブータン しあわせに生きるためのヒント」に行ってきました。
s-IMG_7309


はたはたと風に揺れているのは「経典」がプリントされている布。

s-IMG_7437

「マニ車」を回したり 民族衣装を着てみることも出来るコーナーもありました。
IMG_7317


s-IMG_7436

今まででしたら 撮影できるのはこの導入部分まででしたが 今回は展示会場もほとんどのものが撮影OK。「拡散して」ですね。

IMG_7313



入場
わっ 目の前に勢ぞろいして出迎えてくれるお面たち・・
s-IMG_7325

「聖なる踊り『チャム』」に使用される面だそうです。
他にも多々・・
s-IMG_7332


1s-IMG_7338


1s-IMGP5506


1s-IMGP5504


↓の「アツァラ」の面は、チャムには欠かせない存在・・道化の役割もあるそうですが 熟達したヨガ行者の様相で物事の本質を気づかるのだと。
s-IMG_7330

以前にブータンに旅した友の家で 動画、このアツァラの踊りを見た時にはちょっと怖い感じがしたものです。

他の面は カラフルで彫り物も細かいのですが ↑のひとつだけはシンプル。
先月、高千穂の神楽でかぶられていた面を思い出しています。シンプルだけれど表情は豊か。

面のほかには生活用品や装飾品も展示されていてブータンの国を想います。
これ↓・・
装飾品つ使われている「赤石」って・・サンゴでもなくルビーでもない「赤い石」が気になりました。
この面たちはs-IMG_7376


s-IMG_7378


s-IMG_7366


↓この布は・・・
s-IMGP5537

これらは女性用の衣装「キラ」

「キラ」を巻き付けまとって
壁にかかる動画で解説されているのでよくわかりました。

s-IMG_7424



「コマ」で留め
コマs-IMGP5520


「テゴ」を 羽織り
s-IMG_7417

s-IMG_7411


肩掛け「ラチュ」をかけて正装
s-IMG_7414


s-IMG_7426


細かい織り模様
s-IMGP5538


s-IMGP5540


細かい模様になると1日かけて1cmしか織れないと・・
s-IMG_7398

↓こんなのも相当手がかかっていますね。
s-IMG_7403


娘はこの布のコーナーに釘づけ(最終日に二女と一緒にもう一回見てきました)

娘に買ってもらったマグネット↓ 
素敵な王様ご夫妻のこの撮影時の衣装も展示されていました(撮影できない場所です)

IMGP5571


男性用「ゴ」
ゴs-IMG_7421

身分によって 着付けの丈、袖口の折り返し幅が違うそうです。
(しもじもは ひざ上、袖の折り返しは少ない・・と)

これらは現在に生きている衣装たちで 公式な場には必ず民族衣装を身に付けることが法律で決められているそうです。

古い時代の衣装の展示、織物に使う素材もいろいろ(ヤク、イラクサ、野蚕・・など)
天然染料(リュウキュウアイ、アカネ、ラックカイガラムシ(!) ウコン)のことなども説明がありました。

そして この企画展が始まったほんの短期間だけの「特別展示」は
「幻のチョウ・ブータンシボリアゲハ」でした。
(私は行くことが出来なくて残念)
↓このチョウ
00422499


↑この写真はお借りしたものです。詳しくは
ブータン 幻のチョウ ここをクリック」でご覧ください。

そして こちらも動画で・・

幻のチョウ 日本調査隊が確認 投稿者 samthavasa



この企画展
山梨県立博物館 企画展「ブータン しあわせに生きるためのヒント」は 
日本・ブータン外交関係樹立30周年を記念しての企画展で 全国6箇所をめぐる展覧会だそうです。
あとは・・
7/1〜 兵庫県立美術館
11/2〜 広島県立美術館
にて。

「しあわせに生きるためのヒント」・・を。

ん?
この「物品」ばかりのブログでは そのヒントが得られない・・か。

わたし的には 
ブータンの鎖国時代から NHKが「世界で初めてブータンにカメラを入れた」時の映像が思い浮かばれたり 昭和天皇の葬儀の時の国王(前)の姿、なんといっても 最近 報道されるの国王夫妻のご様子や 笑顔に満ち溢れた人たちの写真、それに随所に 書き表せてあるイラスト(これを撮ってこなかった!)で ヒントを「いただいてきました」


 
 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください