Recent Comments
Archives
2017年02月19日22:30甲州 このごろ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)あれやこれや 
きょうもいい天気でした。
(畑はカラカラ)
義母は
「昔から言うだろ、大雪は豊年(ほうねん)のしるし」と そら恐ろしいような諺をだしてきました。
確かにね、地方によっては(山梨にとっては)当てはまるので納得。


今日の富士山↓。
170219s-IMGP2943


170219s-IMGP2945


対面に行ったついでに南アルプス連峰も眺めてみました
170219s-IMGP2954


↓甲斐駒ケ岳

170219s-IMGP2956


広角にしてひと眺め
170219s-IMGP2952


山の名前を 以前に撮ったものを参考にして入れようと思いましたが 以前に撮ったものをそのままアップ(釈迦堂遺跡博物館から撮ったものです)
南アルプスimg_2


ここまで撮ってみると 富士山、北岳、間ノ岳・・日本の「高い山」ナンバー3を眺めたことになるなぁ、と調べなおしました。
あら、7番目までに5つの山が入っています。
1 富士山  3,775.6
2 北岳   3,193.2
3 間ノ岳  3,190
  3 奥穂高岳 3,190
  5 槍ヶ岳 3,180
6 悪沢岳  3,141
7 赤石岳   3,120.53

・・ま、これはさておき
最近のお天気のことを記しておきましょ。

暖かい日、寒い日が交互にきている感じがしています。
それに「ところにより雨、または雪」って・・。
「雪も降りました、このことは次の機会に」で終わらせてしまわないように「証拠の写真」を。
2/9 朝。
ゆ 雪170209s-IMGP2671


ゆ 雪170209 7:11s-IMGP2676


ヒヨドリたちが 雪の上に落ちている(自分たちが食い落とした)を食べています。
センダン ヒヨドリ170208s-IMGP2687


センダン 下にはある170209IMGP2679


そう、もう枝には少し実しか残っていませんでした。
センダン170209 ないね〜s-IMGP2680


この雪は 10時ごろには消えてしまい 登校した子どもたちのがっかりした顔が浮かんでくるようでした
(昼休みには雪合戦!)

いやいや天気予報が当たっていれば 雪遊びもできたはず・・TV画面を撮っていたのでチェック
9日(木)お昼までは
雪、のはず。ほぼ 真っ白。
2月8日00IMGP2665


が、今になって拡大してよ〜く見ると・・
2月8日IMGP2665

私が住むところはすっぽりと「緑色」・・天気予報は見事に「当たって」いました。
※ここでまた 昔のジョークを思い出す私。ちょっと古くなった食品でも「気象庁、気象庁」と唱えれば「当たらない」と・・失礼いたしました、気象庁さま

「山は雪」の日。
あの辺りは雪が降っているみたい。
山は雪 170210 15:18IMGP2700

(↑下の方に写っているのはマンズワイン勝沼工場です)

また「ところによっては雨か雪・・」の日。「あの辺は降ってるね:(画面左の方)↓
IMGP2855

と思っていたら フロントガラスに雨粒が・・!
IMGP2856

このまま降ってほしかったのにこの雨粒だけでおしまい。

乾燥注意報が出ているときって・・
飛行機雲も出ませんねぇ(いつも、なのかはわかりませんが)
飛行機が飛んでいます。赤丸の中・・見えませんね。
ひ飛行機雲なし2月12日 IMG_5140


きょうは いい天気。でも・・
s-IMGP2963

でも、飛行機雲は見えました
IMG_5240

次から次へと 数えること6本が出ては消えて・・
↓これは飛行機雲の跡・・
IMG_5251


一昨日の富士山は「雲隠れ」
富士山は雲隠れ170217s-IMG_5197


そうそう ついでに
あまりにかわいかったからここに残しておこうっと。
ワン君・・「おばさん、お久しぶり」と寄ってきて
s-IMG_5143

すり寄ってくること。近い近い
s-IMG_5144


このワン君はほんとに人懐っこい。
以前にも夫のほうへ・・
「おっちゃんの方へ行く〜」と引っ張り
ここがいい 行かない〜s-IMG_3961


なつくことなつくこと
ここがいいs-IMG_3960

「そうかそうか 愛い奴じゃ このままウチへ行くか?」・・
あらこの写真から比べると随分大きくなっていること。

あぁ 標高850mのここ 前山の川は氷がいっぱい。
s-IMGP2799


前山はまだ花には早いだろうけれど・・
この橋はもう渡れません。
s-IMGP2794

s-IMGP2795

あれ?誰かが渡っている??
s-IMGP2797

なんだ・・この足跡は・・?? 犬一匹お散歩か。

こんな中でもフキノトウは出て
s-IMGP2771

おてんとうさまの下 ホトケノザも咲いていました。
s-IMGP2779

そして 枯れ葉の中からルバーブの新芽、真っ赤な新芽も出ていました。
s-IMGP2783

春の兆しを感じながら・・・


 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください


2017年02月14日23:37甲州 春がくるまでは・・
PermalinkComments(0)TrackBack(0)雲海 | あれやこれや
我が家のウメが咲き始め(2/4)
ウメ170207sIMG_5129


フクジュソウも咲き始めました(2/4)
ふ フクジュソウ170204s-IMGP2376


フクジュソウは朝寝坊。 お日様が高くならなければ開きません(2/7)
フクジュソウ170208s-IMGP2653


我が家のウメが咲くころには 「お山の家」の裏には フキノトウも出ているはず・・と(2/13)・・
あった!
s-IMGP2771


天気予報では「しばらく いい天気が続くでしょう」と・・
「困ったものだ」と義母。
畑はカラカラ乾燥状態です。
TVでは大雪被害を報じています。ひどいこと。
いつも思います・・「もっと平均的に降ってくれればいいのに」と。
そう、前回のブログで「朝市」が終わったとたんの「雨」、乾いた大地にも好都合、「恵みの雨」だと書きました。
・・。
でもあの雨はほんの少々・・
記録、「5日 曇時々晴後雨(みぞれを伴う) 雨量1.0mm 」

夜には霧が発生しました。霧に気が付いたのは22時ごろ。
「霧が出るのだったら明日にしてよ、雲海見物するから」と

次の朝・・
遅ればせながら 
「雲海見物」2017年2月6日

霧は朝までもってくれました。
さて、この霧はどこまで上がったら晴れるかしら・・
170206s-IMGP2530


でも霧は上がるにつれ深くなり・・。
「きょうは雲海にはなっていないかな?」と期待薄。

「名前のない展望台」もフルーツ公園 第一駐車場あたりも深い霧。

が・・
富士屋ホテルが見えてきました。霧が晴れているのです。

そしてその上、いつもの展望広場から↓
あれれ・・
170206s-IMGP2531


何が何だかわかりにくいですね。
空は晴れているのですが 盆地はこのとおり・・。
でも私には雲の下に富士山、山並み、そして盆地の雲海が見えていました。
後ろを向けば「ぷくぷくの湯」空には白い雲・・
170206s-IMGP2535


東を眺めると・・
太陽が上って雲海を照らします。きれい〜!!
0000170206s-IMGP2576


正面・・雲が切れないかなぁ。
足湯につかって眺めていたい気分です(営業時間前。ここの足湯は1回100円也)
170206s-IMGP2597


雲の下の白い雲の中が「富士山」
170206s-IMGP2600


↓ iPadで河口湖からのライブカメラを覗いて・
170206s-IMGP2607


あぁ、富士山の頭には雲がかかっているんだと盆地に目をやると、
盆地は雲(霧か)で隠されてしまいました。
え〜っ!!
170206s-IMGP2609

この間、わずか3分。右の方から霧が流れていたのに気が付かなかったのでしょう、私。
170206s-IMGP2611


はいはい おしまいね。
帰りますよ、朝ドラには十分間に合いますものね。

霧の中へ帰ります。
170206s-IMGP2626


信号は赤。
170206s-IMGP2628


お隣の桃畑・・
まだまだ霧は晴れません。
170206s-IMGP2632





5日には小雨。
9日には小雪・・そう9日の朝には雪が見えました。まもなく消えましたが・・。
それはまた別の機会に・・
お休みなさい・・。


7:03
170206s-IMGP2532


7:04
170206s-IMGP2540


7:05
s-IMGP2542


7:11
170206s-IMGP2552


7:17
170206s-IMGP2564


これも 7:17
170206s-IMGP2567


7:20
170206s-IMGP2574


そして これも 7:20 光の中で・
00170206IMGP2576


7:24 (ちょっと引いて
IMGP2590


(業務連絡?)
な 中村屋IMG_5190


な 中村屋1702IMG_5192




 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください




2017年02月09日23:16かつぬま朝市 2017年2月(2)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)勝沼朝市 
かつぬま朝市、続きです。

もし、私に器用な手があったなら
↓こういうものを作り出したい。
s-IMGP2472

↑↓縮緬細工です。(葉は本物)
s-IMGP2471

手元にある古い着物たちがこんな作品になれば・・・着物も喜ぶ。


↓革細工ですって。
革細工s-IMGP2504


これもいいな・
s-IMGP2503


お知らせ「春のブローチ展・冬ごもり」(大きい画像を入れました)
IMGP2505

「春のブローチ展・冬ごもり」・・・「題名」の付け方もいいですね。なんだかほっこりと・・。


↓これは?
s-IMGP2481


s-IMGP2484

ミシンを踏むようにしてろくろを回して・・
踏むs-IMGP2480


ろくろs-IMGP2494

削って出来ているものは↓これ
s-IMGP2486

ぶどうの木から器。

あら、この方は以前に 車の上にソーラーパネルを載せて電動工具でブドウの木からいろいろ作り出していた方では?神奈川県からの出店。
当たり!
「こういう活動をしているのは 山の樹々がいかに大切か(水源地の現状など)・・から始まっている」
と、今の林業の実態を話してくださいました。
↓例えばこれ
s-IMGP2491

第一次産業・・農業・漁業・林業に携わる総数は公務員数とほぼ同じだと。
その平均年齢は林業が一番高く(高齢者にはムリ)、就業中の事故率も一番高い・などなど。
興味深くうかがってきました。
我が家の現実・・亡き義父が戦後一生懸命植林し育てた「美林」も 今は手付かず。
例え伐採して売りに出したとしてもそのあとの植林、手入れはできない・・・。(思案中)
******いろいろ考えながら 歩いていると***

「募金をお願いします。救える命が・・」と。
s-IMGP2462


ひろくんを救う会

かつぬま朝市はこんな時にもお役に立てる・・。

続きます。
↓これはかごやさん。
s-IMGP2458


s-IMGP2459

我が家では ここから買った 背負い籠、もぎ籠を使っています。、
レポついでに
「今は「めかご(目籠)って 見かけませんが」
「目籠ってなんだ」
「豆まきの時に標的にする(した)目の粗い籠。鬼の目に見立ててぶっつけるって」
「ほんなこん しん(=そんなことはしない)」
「え〜っ!勝沼でしょ」
と、隣から
「やった、やった」と、旧大和村出身者
※ここでいう「目籠」とは粗く編んだ深い笊・・目籠編みです。
節分を終えたばかりの会話です〜

次!
↓何かしら
s-IMGP2496


折り畳み紙のボックスですって。
s-IMGP2495

これはお札入れ
s-IMGP2497

「SIWA 紙和」さん・・いい名前、オシャレ度も高いなぁ。



そうだった。この写真もアップしておきましょ。
↓カメラを向けたら逃げる会長(左)
逃げろs-IMGP2454


↓「あの女は腹黒い」
・・・なんか聞こえてきたような。いえ、勘違いでしょう きっと。
s-IMGP2455

↓はいポーズ!
s-IMGP2456

いえね、テント張りか撤収かを手伝っているのを見かけたもので 
s-IMGP2452


会長さんはすべてのお店を撮っています。
みんな笑顔。
かつぬま朝市 開催情報 ここをクリック

開催情報の中の一文
「西の空は野焼きをやっていたらしくどんより」から・・
私は見た。
朝市会場へは この野焼きを見ながら行ったのです
野焼き170205s-IMGP2416


野焼き170205s-IMGP2428


家を出るときにフロントガラスに白いものが点々と当たってきました。
「あぁ、降りだしてしまったのか、予報は「雨」か「ところによっては雪」、だものね。
いえいえ よく見ると↓こういう燃えカスのかけらが飛んでいるんのでした。
飛んできた170205s-IMGP2425


かつぬま朝市。降られませんでした〜。
かつぬま朝市・・また来月を。

  −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください



2017年02月07日23:34かつぬま朝市 2017年2月(1)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)勝沼朝市 | くわがったん
今年初めての「かつぬま朝市」
  ※「毎月第1日曜日開催 でも1月はお休みします」なので。

今回も「かつぬま朝市ノーレイン伝説」から始めましょう。
↓当日朝6:00発表の天気予報。
朝市開催時間中(9:00〜12:00)に傘マークが付けられた!!
IMG_5107


TVでも「では雨雲の様子を・・」と。
あらららら 雨雲が山梨県上空を通るみたい・・。
もう会場ではロープ張りをしたり出店者さんのネームプレートを置いたりと準備していることでしょうに。

会長さんが
「天気の崩れはかつぬま朝市が終わる頃までお待ちいただけるとのことです」
見ていた天気予報図は↓
5

「かつぬま朝市HP」より。

さあさあお立会い。

結果は見事にセーフ。

12:03 終了時

会長さん、
「もった〜!」と どや顔でセーフポーズ!
s-IMGP2529


はい すべてが この方のご人徳によるものです。
はい、「もってる男」です。

そのころ。家で外仕事をしていた夫も12時の音楽が鳴ったので仕事を終えようと思ったとたんにポツリポツリと雨粒。
「ウソだろ〜!」って。(=朝市が終わった瞬間の降り出しに)
大・雨女の次女も
「私も行ってみたい・・雨降るかなあ
「ちょ、ちょっと止めてよ」と我が家の中でも大盛り上がり。

安心してください。
娘は日曜日も仕事です(=朝市にはいけない)

夕方の県内ニュースでは
「1月8日から四週間、雨なしの乾燥した日が続いていましたが・・・」と。

「よかったよかった乾ききった大地もうるおったし
雨は夜には上がり この分だと明日は雲海見物か」と・・お休みなさい


前置きだけで長くなってしまった。
朝市の様子をアップしなきゃ。

朝市に着いたのは11時ちょっと前、バタバタと見て歩き。

案内所にいつもの女性(チョークアートの方=朝市で結婚式を挙がられた方=甲州市「地域おこし協力隊」隊員=・・)の姿はなかったのですが
私が「勝沼の三宝」※と思っている方の姿がありました。
そのお方に、地域おこし協力隊のこと、あの女性のことをおききしましたところ
「この『協力隊通信』も彼女が作っているんですよ。イラストも」と。
s-IMGP2429

素敵〜。
「そして、この講演会の講師はこの方」と横に座っている方の紹介がありました。
上の写真に写しました、講演会。
お二方に
「写真を撮っていいですか?」とカメラは向けられなかった・・・

何だろあの人だかり↓
s-IMGP2434


抜け出してきた女の子の手元に↓かわいいポーチ。
s-IMGP2436


「お年玉をとっておいて ここで買うんだと言っていたんですよ。花が咲いて春らしいでしょ」とママさん。
「あら 金魚すくいみたいなトマトも?」と私
s-IMGP2437


s-IMGP2438

え〜と、水の中からすくってきた」って言っていたような(記憶力減退激し
あとで行ってみようとっと(で、結局時間切れで行くことはできませんでした)
このお店を覗いてみました↓
s-IMGP2439

あら、私がこの前、ふわふわマフラーを買ったお店だわ。
夏には水撒きしながら
「水道水じゃあないのよ〜」と言いながら・・
お店の名前は・・記録してきませんでした。入り口近くのお店です。

目立つ看板があればいい・・
お隣は目立つ! 隣は前から気になっていました「塩の山ファーム」さん↓
s-IMGP2443

「塩の山」・・って甲州市塩山にある小山の名前です。
いろいろ売ってらっしゃる「農家です」って。
↓ワインかと思ったらぶどうジュース
「茎から皮から種まで全部で絞ったんですよ」と。
s-IMGP2445

あれもこれも種類が豊富
s-IMGP2442


s-IMGP2444


私は↓これを買いました。「竹炭」と「黒豆」か・・なんだか体によさそうな・・。
s-IMGP2447

↓「これはね 断捨離した人から。・・結構売れちゃったのよ」って。
s-IMGP2449

私も物色物色・・あれこれ選んだけれど私も「断捨離」したばかり・・泣く泣く置いてきました。

そう「朝市でお会いしましょう」と言ってあったのにたどり着けなかった「ゆりの台所」さん、それに「こんにゃくや」さん。
「ゆりの台所」さんは先日女子会でランチをいただいたところ。
こんにゃくやさんは前回の朝市で 売り切れていたのですが「試食」しておいしかったもので 今度は製品を・・と。
そして、 もう一軒「つちころび」さん。 
大丈夫「旗印」がかわいらしく目立ちます。
s-IMGP2520

「つちころび」さんはこのブログに何回か登場していますが、なんたって あの「雑草」を「売って」いるのですもの
「ねこじゃらしのふりかけ」とかね。
s-IMGP2522



巨峰のレーズン(つちころびさんが干したもの)
s-IMGP2521


 このHPを発見。
「つちころび」さんも地域おこし協力隊だった!
これは・・甲州市『地域おこし協力隊』

この方。
s-IMGP2524

私は先日 山梨市のエコハウスで行われた「染物教室・巨峰染め、サザンカ染め」に参加したのですが 講師はこの方「つりころび」さんでした!
お世話になりました。
すごいね、地域おこし協力隊。

地域おこし協力隊・・・・もう一人、かつぬま朝市で車の入場整理をしているHさん。この方もそう。
狩猟免許を取得して 畑の困りものシカを獲って加工工場をおこしたって、TVの取材をうけていた・・。
朝市でも売っている(かわいらしい奥様が売り子さん)「ワンさま ニャンさま」用のおやつとごはん。
s-IMGP2469


お店のなまえは「よろこびと」
素敵な切り絵(モデルは奥様ね)で わかりました(いまさら・・)
s-IMGP2464


さ、ジンくん(義弟のところのアホ犬・・いえいえい賢い賢いワン君です)にお土産にしましょ。
今回は 新製品(?)シカの耳。
この透明感が伝わるかしら
s-IMGP2466

その名も「シカのパリッとイヤー」!!誰がつけたかこの名前。
「僕ですよ」と ここへ帰ってきたその若者。
「何回も茹でて茹でて・・」と製造工程を説明してくれました。
大きな体にやさしい笑顔・・「気は優しくて力持ち」感あふれる方です。

このお客様はけん坊くんのパパさんだ。↓
s-IMGP2474

かわいいチャロくんにあげるのですね。
けん坊くんのお店{くわがったん」に行きました。
「チャロ君は?」
「ここにいますよ〜」って。テーブルのかげから「こんにちは」
お呼びですか

かわいいですよね。

さて けん坊くん。先にお知らせを!
s-IMGP2510

山梨市の「生涯学習フェスティバル」会場で展示されるし「実演も」!ですって。
実際に切り上げていくのを見たことがないので(TVでは見た)ぜひ行ってみたいと思います。そうっと。

で、今回の朝市での展示品は↓
s-IMGP2507


この天狗さん!
s-IMGP2515


下駄に注目!!ここまで細かくこれが一枚つなぎの紙から切り折りされているなんて・・実物をみなければよくわからないかと・・)
s-IMGP2514


オナガの作品・・こんな撮り方じゃかわいそう
・・ですがアップしておきましょ。
IMGP2508


このオナガの抜け殻、いえ 切り抜いた後の紙を見たらまたこの作品の素晴らしさが伝わってくることでしょう。
きっと長〜い紙から生まれ出てきているでしょうから。

あれやこれやと書いていたら随分 長いブログになってしまました。

朝市レポートはまだ続きます。

でも
「今宵はここまでに・・」 


  −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください


2017年02月04日22:36甲州 笠雲
PermalinkComments(0)TrackBack(0)雲海 | あれやこれや
先日、山梨放送ラジオ『ららら モーニング』を聞いていたら
「今、富士山に二重の笠雲がかかっていますよ。写真を撮るなら今ですよ〜」って呼びかけていました。

だったら撮らなきゃ。

我が家からは富士山はほんのちょっとしか見えませんので フルーツ公園まで上がってみました。2月1日(水)

↓笠雲。よく見れば確かに二重ですね。
笠雲


ふと、思ったのです。
これだけ四方を山で囲まれているのに「笠雲」がかかるのを見るのは「富士山」だけのような・・
「笠雲」で検索すると
「独立した山の頂にかかる笠状の雲」ということで、納得。
筑波山にかかる「笠雲」もでてきましたが 多くは「富士山」。

そして この笠雲を見て地元では天気を予測しているそうです。
笠雲はこれから後は雨とか風・・お天気が下っていくそうな。.
「山頂にかかる雲(下)」には その形によって命名されている図も載っていました。

さてどの笠雲に当てはまるかしら?
「笠雲でも 現れる形や時期によって、雨や風を告げるだけではなく 晴れを告げるケースもあるようだ」とも。
 前述リンク「山頂にかかる雲(下)」より

あ、次の日は晴れてはいましたが すごい風が吹きました。最大風速21mだったと県内ねんニュースは言っていましましたっけ。
よく見ると 「つみ笠」という笠雲がありました。これに近いかも・・「立春」も近いし・・。

トップの写真の6分後には「つみ笠」っぽく変化していました〜↓
11時14分s-IMG_5009


次の日は、快晴。強風・・
こんなに風が強くては剪定枝も燃やすことはできないので 盆地がすっきりと見渡せるはず、とフルーツ公園へ(物好きですね〜、と聞こえてきますよ)

ほ〜ら すっきりと甲府盆地が見渡せます。
富士山170202s-IMGP2357


笠雲がかかった日にもよく晴れた日だったのですが 盆地は霞んでいました↓
遠くで燃やしていますね
遠くで燃やしているs-IMGP2316

すぐ近くでも燃やしていました。
近くでもs-IMG_5006

↓これは先月撮ったものです・・。あっちでもこっちでも燃やすとこうなります。
かすむ冬 1612s-IMGP1166


だから↓この景色をみても「雲海かしら 煙かしら」と・・(桜峠より)
どう思う雲海?161218IMGP1322


・・・と、話が変わってきていますが・・・

対面の京戸川扇状地もよく見えること
京戸川扇状地s-IMGP2361

(あの扇状地の中で私は生まれ育ちました)
このチビカメラくんは さっと望遠になり我が実家まで映し出してくれます。
が、それはまた別の機会に・・

今回は「笠雲」とタイトルを付けましたので
過去に撮った笠雲を見つけてきました。
笠雲出現の次の日の天気はきにしていなかった・・・。
雲海と富士山には笠雲・2009年11月。
200911b6d3e8a


これは笠雲というよりは綿帽子雲?2013年1月
(つみ雲、ってこれかな?)
20130128c12cc0e2


ちょっと離れているけれど。2016年12月
201601270c4df389



ついでに「つるし雲」2012年6月
2012年6月


また出た!と 2012年7月
3くもIMGP0489 (800x519)



…この辺で送信!
 −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください




2017年01月31日23:30甲州 雲海2017年1月30日
PermalinkComments(0)TrackBack(0)雲海 
今回の雲海はこんな感じ↓

盆地の雲海より 空を覆っている暗い雲が目立っていました。
1701307:42IMGP2264

富士山も見えません。
それでも今回は別の顔の「雲」をみてきました。

では 時間を巻き戻して・・
天気予報が当たって、夜中に雨が降ったもよう。
でも 陽気は3月下旬から4月並み、ということは 
私が「おっかけ」している「フルーツ公園からの雲海」は 寒い時季に見られる現象なので今回は無理かな?

↓我が家からフルーツ公園を見上げてみる。(家と家の間に見える山の中腹)
s-IMGP2239

霧なし、見通せます。
それが・・陽が上がってくると↓  フルーツ公園あたりに雲がかかり始めています。
この金色に輝く光の中の様子も素敵でしたが 見たとおりに撮れません〜。 
s-IMGP2240


(太陽はこっちから)
s-IMGP2242


「青空・富士山・雲海」とはいかないだろうけれど 雲海は見えるはず。
で、出かけました。

雲の迫力・・
(クリックして大きい写真でみていただきたい)
1701307:36日が差すところIMGP2258


展望広場から。この光の射し方もね。
17017:43IMGP2268

今回は空の雲の迫力に驚いてしまいました。
覆いかぶっさってくる雲。
画面下のほうには「雲海」が見られます。いえ、「雲が生まれてきている」のです。

その様子を動画で撮ってみました。
ゆっくりと湧き立つ雲です。
s-IMGP2271




↓「塩の山」(甲州市塩山にある山)に届くか光の矢
届くか

そうこうしているうちに 右の方から霧がせまってきました。
そろそろ朝ドラが始まる時間、退散しましょ。
s-IMGP2275


では 気持ちもすっきりと
↓晴れた日の様子です。(1/25)
1701251506IMGP2142


**動画で**
2016年11月26日の雲海。静かな雲海。



2016年12月23日の雲海・湧き上がる雲海


そして・・≪業務連絡?≫ 
私の動画の再生回数を見てみました。
「カオマル」くんが一等賞



  −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください


2017年01月30日22:30甲州 うこっこ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)生き物 
我が家のアイドル うこっこちゃん(烏骨鶏)のこと。

前回のブログで
***
うこっこちゃんがなぜ「おっちゃん好き」か なせ「お家の中が好き」か・・
長くなりましたので続きはまた・・
***、
と 書きました。

続きです。

「うこっこ日記」最初からです

我が家に烏骨鶏がやってきたのは2015年3月のことです。
夫の「烏骨鶏でも飼いたいな」のつぶやきに 優しき弟(私にとっては義弟)が 素早く反応して雛5羽を買ってきてくれました。

私は、その日の昼間に会った友人から
「お宅で烏骨鶏なんか飼ったら近所迷惑もいいところ」と言われたばかりですので義弟にその話をしようと思った矢先のこと。
帰宅したら もう「烏骨鶏」5羽が来ていました。


近所迷惑とは その鳴き声がすさまじすぎるとのことです。

さて・・困った。来ているもの。
弟の申し出の電話には「ありがとう、準備が整ったら電話する」と言ったはず。
言った言わないはまた別の話・・・・困った

ごちょごちょと5羽
1FullSizeRender


孫がきて覗きます
2IMG_0463


しばらくはここに入っていてね。
150408s-IMGP2559

箱の中はイヤみたい。

お外にお家ができました。(100均のパネル組み合わせ)
150426s-IMGP2937


日向ぼっこ用
150412s-IMGP2588


たまにはお家の中で遊び
150420s-IMGP2803

ここが好き?
150420s-IMGP2801

この家に来てしばらくは家の中、餌やり、水やり、おそうじとせっせとこなす「おっちゃん」とこんなにして遊んでもらえば もう「すり込み」もいいところ。
おっちゃんの行くところ、ちょこまかちょこまかついていくこと・・。

さて鳴き声。
私の小さな心臓はもう破裂しそうなばかりの「近所迷惑」なその声。

ネット検索してその対策を練ります。
「鳴く時には首を長く高くするから低いケージで(これは考えものですが・・)の注釈つきで。

「雄鶏の声がすごい」と・・
どれが雄鶏?どれが雌鶏?
みんな鳴きます。

そう、購入するときに雄雌の区別はつかないと言われたと言っていました
「卵を産めばメス」と

しようがない。
夫は朝暗いうちに玄関に入れて昼間は外へ・・

いよいよ背も高くなってきたので↓これを
s-IMGP3367

↓2段にして
s-IMGP3369


ゆったりと
s-IMGP3382

それぞれ個性が出てきたね。
鳴くのは誰だ。
※黄色いネットは猫よけ(猫が来てちょっかいだすのです)
↓頭が少しほわほわな・・雌かしら? 2015年4月29日
150429s-IMGP3078




つっつかれるこのこ↓別に離しました。 頭がふわふわ・・このこが雌かしら?(2015年6月1日)
150601s-IMGP4069


あまりにうるさく喧嘩するので 早朝は一羽ずつ・・雄だね。2015年7月15日
150715IMGP4860

雌は一羽だけ?他四羽は雄・・
早朝から夜までコケコケコケッコウ〜〜っ どうしましょ。買ったお店に引き取ってもらうことはできないって・・。
あ〜あ、すっかり疲れ果てた私を見て実家の弟が
「俺が飼うから」と4羽を引き取ってくれました。

実家は広い敷地なので 大丈夫そう。
盆地を眺めながら「こけこっこ〜!」
娘も
「ここだと声が空気に吸い込まれていくようだね」と一安心。

卵を産むようになったうこっこちゃん。
1507270IMGP5104


初めは小さい卵でだんだん大きな卵を産むようになるのですってね。鶏って。
TVのクイズでやっていました。卵のL.M,S・・って年齢の変化によるって。

うこっこちゃんも40g近い卵を産むようになっています。

1羽だけになってしまった我が家の烏骨鶏。
これこれs-IMGP0872


これこれs-IMGP0852


抱卵期を知らなかった私たちは・・
「ジッとしているだけ。水も飲まない、餌も食べない・・」
「病院に連れていったほうがいい」と大騒ぎ。
・・そうか抱卵かと知ってからは
「いつまで抱いていても、ヒヨコは生まれてこないぞ」
「有精卵をもらってきて入れ替えろ」
「そんなことしたらまた雄がうまれるかもしれない」とてんやわんや。

・・
「ごめんね、あきらめて」と無理やり卵をとったのは「私」です。

毎日卵を産む この「うこっこちゃん」
純粋な烏骨鶏は卵は週に一度くらいしか生まないそうですね。

烏骨鶏は骨も肌も肉も黒いとか・・
身体検査、ちょっと失礼。足は
s-IMGP2290

黒い。

お肌は
s-IMGP2301

黒い。

あとは・・もういいね。

もう止まり木に止まってる。
お休み
s-IMGP2295



きょうのうこっこちゃん。
きょうは寒さがゆるんでお外はあったか。
s-IMG_4840


IMG_4838



  −−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください


2017年01月26日22:01甲州 春を待つ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)生き物 | 植物
寒い寒い日が続いているけれど・・・
ウメ、もうすぐね。もう少しで花開く。
ウメ170125s-IMGP2126


スイセンの芽もニョキニョキと
スイセン170125s-IMGP2123


ん?この芽は?
これは・・確かナナカマド。長女からの預かり物の鉢植えです。ナナカマド170125s-IMGP2116


フユナはしっかりと「冬菜」
フユナ170125s-IMGP2135

(これは あまり見ないものですが 昔、実家で栽培していたものです。調べてみると「高菜」に近いものだそうです。ものすご〜くアクが強くてゆでるとあたりは「ヘンな匂い」に包まれます)

上をみればヒヨドリが
「いよいよ センダンの実も少なくなったなぁ」と言っているみたい
ヒヨドリ 少なくなったなぁ・・170125s-IMGP2120


よく食べたものね
IMG_4556


s-IMG_4731

この実はヒヨドリの口には大きすぎるよね。
のみ込むのにもひと苦労。


せっせとやってくるのはヒヨドリだけ・・
たま〜に 前の電線に・・
s-IMG_4426


ズーム!
ツグミさん(突然「さん」をつける)
s-IMG_4427

こちらはスズメくん
s-IMG_4429

いえいえ雌雄の違いはつきません・・「さん」も「くん」も気分で。

この電線には「やまばと」「オナガ」「むくどり」「モズ」「カッコウ」「シジュウカラ」が羽を休めにきます。
あ、シジュウカラ。↓はよそのお宅に来ていたものを望遠で、そしてトリミング。
IMG_4624


も、そっとちこうへ・・と呼ばないのは『うこっこちゃん(我が家のアイドル、烏骨鶏)を鳥インフルから守るため・・?

我が家のうこっこちゃん
寒いので夜は玄関に入っています。

朝、「行ってくるね」と娘
行ってくるねs-IMGP2161


さ、外に出て日向ぼっこでもしましょ。ほら暖かいでしょ。
日向ぼっこ


でもちょっと目を離すと 家の中へ入りたがります。
よっこらせっと
よっこらせっと

ダメよダメダメ(・・)
ダメよ


庭へ降りてね。

「え〜と」・・躊躇するうこっこちゃん。
え〜とs-IMGP1953

「どうしても?」
どうしても?s-IMGP1955

「かなり高そう」
かなり高いよs-IMGP1954

「お〜い、なにしてるんだ 降りてこい」って おっちゃん。
ここ-IMGP1960


「おっちゃんだ 飛ぶわ〜」
飛ぶ!s-IMGP1961


「よくやった、よく来た」って ほめられる「うこ」
よくやったs-IMGP1964


あたたかいね
おさんぽ



うこっこちゃんがなぜ「おっちゃん好き」か なせ「お家の中が好き」か・・
長くなりましたので続きはまた・・

ではでは。

−−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください


2017年01月24日14:00甲州 「ふるさと応援ステージ。朗読&スティールパン"黒駒の勝蔵"」
PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラブ甲州 | あれやこれや
甲斐の「黒駒勝蔵」の知名度はどんなものでしょう。
黒駒勝蔵(くろごまのかつぞう)って・・映画や舞台での「清水次郎長」の敵役、悪者・・私はそんな程度でした。

ただ何年か前に山梨県立博物館企画展「黒駒勝蔵対清水次郎長」を見て初めて知ったのですが 単に「やくざ(現代とは少し違うということですが)ではなく 幕末の志士でもあり、あの「五稜郭」で功をなし 京都に凱旋してきたって・・

「物語」と「史実」の違いは多々あるのでしょうが・・
あの吉良上野介だっておひざ元では「名君」、武田信玄だって地元では「信玄公」です(ドラマでは悪者になることが多々あるでしょ!)
前回の大河ドラマ『真田丸』で 今までは「か弱いだけ」の武田勝頼が平岳大さんによって素晴らしい主君だと描かれていた・・脚本のことなんて影薄く(あはは 個人の見解です・・

アメリカの新大統領は30年後にはどのように描かれるのでしょう(と話が飛んでしまう)

↓ 山梨県立博物館企画展「黒駒勝蔵対清水次郎長」より
「彼等は小説や芝居、映画の世界では有名ですが、その実像はなお謎に包まれていました。
それが近年の相次ぐ新資料の発見、研究の進展により、その活動の実態が次々と明らかとなってきました。彼等は単なる博奕を生業とする武装集団であったのではなく、江戸から明治へという激動の時代を駆け抜け、歴史を大きく動かす重要な役割を担っていました。
本展示会では歴史資料類を丹念に読み解きながら、彼等 甲州博徒の実際の活動を皆様に紹介いたします。


そのことも心におきながら
「ふるさと応援ステージ。朗読&スティールパン"黒駒の勝蔵"」を観てきました。

まずは そのパンフレット。
チラシs-IMGP2002


出演者(「声」のプロに混ざって素人約2名・・我が弟ともう一人、二人かな?)
出演者IMGP2005



上演中は写せないので開演前をパチリ
朗読者はここに
舞台s-IMGP2000



スティールパン たまきさんの演奏が楽しみなこと
スティールパンs-IMGP1999




さ、甲州語り部の会の会長さんのあいさつが始まりました。
会長さんは元アナウンサー。今は故郷のために興味ある企画を次々とを立ててらっしゃいます。
ついでに書いてしまうと 私は小学校からの後輩にあたります。小学校の児童会委員会の時になんて この方の議事進行をみて どうしてあんなに上手にしゃべることができるのかと 子どもながらに思ったものです(私も私の兄もとても苦手な事項です。弟は別)

たまきさんの演奏・・細かなさざ波のような演奏・・いつも聞く スティールパンのトロピカルな明るく陽気な音楽の時とは違います。ドキドキ。これからのお話はどう展開するのでしょう。

・・・朗読が始まりました。

「さて、ご当地、黒駒と言えば・・」
!!!! な、なんて素敵な声でしょう。落ち着いていて張りのある声。

NHKの大河ドラマのナレーションが始まったようです(この表現は失礼か・・あとで知ったことですが この方は日本テレビのニュースを読んでいる方だった)

勝蔵役の方もの方もみなプロの方々
私が物語よりこの「声」にドキドキしてしまったのは 我が弟、ど素人が この方々と同じステージに立ったらどうなるのかとそちらが気になってしまいました。
でも、ま、プロとアマとはこう違うとわかればそれはそれでいいと腹をくくり(?)
勝蔵のドラマの展開に聞き入っていました。

弟? それなりに悪代官を演じ切りました。意外にしっかりと「悪代官」。
一生懸命練習したのでしょう。お隣の「素人」さんも。

勝蔵が斬首になった理由がいまいち理解できなかったけれど

無事終演。


たまきさんです。
たまきさんs-IMGP2048


ほっと・・

終えてs-IMGP2040


関係者一同 ロビーに出て見送ってくださいました。
写真を撮っていいですか?ブログに載せていいですか?
快諾をうけ ポーズもサービス
ポーズs-IMGP2070


YouTube 萩原珠さん・・音色も聞けます。



お酒「黒駒勝蔵」は勝蔵の地「腕相撲酒造」さんのお酒です。

↓(「感激しました・・」「。いい声で驚きました・・」・・何か感想を言いたいのに出てきません)
「写真撮っていいですか?」・・なさけない私。
お見送りs-IMGP2054


プロ


山梨県立文化ホール(「コラニー文化ホール」)
県立文化ホール


小ホール前のロビーには
『風の中のベートーベン』・・ロビーにはs-IMGP1993


ロ 風の中のベートーベンs-IMGP1994


たまきさんはいつも元気はつらつ
「スティールパン奏者・珠(たまき)さんのブログ」ここをクリック
はいつも拝見しているのです。
今回は我が実家も載っています。お料理しているのが我が弟、です。


おまけ
1/23、実家に行ってきました。
実家近くからの甲府盆地の様子をパチリ。
↓南アルプス連峰はどんどん白さが増していました。
南アルプス170123s-IMGP2086


フツーツ公園方面もパチリ。
我が家(山梨市)も見えます。肉眼でムリですが・・
我が家に目立つ干し物をして望遠で確認したことがあります。 

フルーツ公園方面170123s-IMGP2087


***追加=
たまきさんとの写真から「弟さん、隣にいるのがtakeさん?」とネットで繋がっている方々から聞かれてしまいました。
そうなんです、私はネットには「露出」しないでいたのですが・・
さんざん「弟は昔はイケメンだった」と言い張っていましたので この際一挙公開。
「イケメンか?〜?」・・ほほほ 身びいきなもので。

若い




−−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください



2017年01月20日23:08甲州 おいしくたのしく
PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラブ甲州 | あれやこれや
女子会幹事さんから「ゆりの台所」でランチしましょって・・。
「ゆりの台所」さんは かつぬま朝市で すぐ売り切れてしまう評判の「餃子の店」。

「やったね、私はまだ食べたことがないの」
・・・・と、と
「ランチには餃子は出ないの。ランチは奥様、餃子は旦那様担当だって」
ネット検索したら「餃子も食事もすべて予約」と。
早速 餃子の持ち帰りを予約して・・

ユリの台所さん・・「ご自宅レストラン」
リビングに8人までの受け付けです。
s-IMG_4629


ささ!ランチはこんな具合です  
s-IMG_4636


s-IMG_4638


これだけの品を用意してくださって「時間を忘れて夜までもゆっくりおしゃべりしていってくださいね」とは・・
我が女子会の真髄を見抜かれている・・
ありがとうございます。
どのお料理も手をかけてくださっていておいしくいただいてきました。
このメンバーでは ここまで用意できる人はいないでしょう(あ、約一名、爪を隠しているかな?) 

おまけにケーキもコーヒー(お代わり付き)まで
s-IMG_4640


ランチを食べたら 河岸を変えて・・なんて言っていたのに 居続けてゆっくり「にぎにぎしく」過ごしてきました。

こちらのご夫妻のお話も楽しく伺って・・
「インターネットで 大きい餃子と書かれても 大きさの受け取り方が違うし、おいしいと言われても それぞれに味覚が違うし・・世界で何億個も売れている カップラーメンは誰にもおいしいんだね」・・などなど。
こちらの「おいしい餃子」の成り立ちや その独特の焼き方のレクチャーも↓
 s-IMG_4646

ここに書いてしまっていいのかどうか・・焼き方は秘伝にしましょ。

*****
家に帰って焼きました。
s-IMG_4684


s-IMG_4685


香ばしい餃子の出来上がり!
4パック予約しておいたのですが 他の人に権利を譲り 今回は2パックをみんなで食べました(1パック4個入り 200円)
******     ****++

話を戻して・・
リビングの周りを見回すと 壁には(見覚えがある作風で)作者がわかる作品が飾ってありました。(だいたいがプレゼントとうことです)
↓押し花
s-IMG_4631

↓「豆のある暮らし」・朝市でみかけましたねぇ・
s-IMG_4643


↓「千客万来」・・
s-IMG_4644


↑あら これは我が従妹のイラスト?
「今は静岡に住んでいる・・」って。
やっぱりね。ピッタリ。繋がってきます〜。

東京に帰る友を駅まで送り、
もう一人は ご実家に送る前に「ワイングラス館」へご案内。
「葡萄工房 ワイングラス館」は県外各地にも出店しているキラキラなお店です。

s-IMG_4651


お手軽なワイングラスから 「見るだけ」のお宝まで・・・
s-IMG_4674


s-IMG_4654


s-IMG_4655


ここは体験工房
s-IMG_4658


s-IMG_4659


↓地元の作家さんのものも・・
s-IMG_4663


窪咲子さん・・この方の「野の花の絵」も素敵なんです。
s-IMG_4660


かわいらしい小物たち
s-IMG_4668


勝沼らしい葡萄・・大理石ですって。本物みたい
s-IMG_4672


ワインに試飲もパン工房も・・その他 はHPでのご案内に任せましょう。
が・・もうひとつだけ。
「ここで感激した場所があるの」と私。

きれいでしょ、壁の照明も。
s-IMG_4678


小さなステンドグラスも
s-IMG_4676


その他手洗いボールも・・って そう、ここはトイレです〜。
地中海風のしつらえで・・お越しの際はぜひご利用してみてください


「明日は雪だってね、今日の集まりでよかったね」って。
「明日20日の予報」・・雪ダルマがいました
s-IMG_4689


そして 本日 20日。 お昼近くになっても青空で 降る気配はなし。
乾燥続きの畑が心配な義母は「雨でも雪でも降ってくれないと困る」と待ちきれなくて畑に水やりに行ってきました。
夕方近くに雨が降り始めましたが まもなく止み・・今は何も降っていません。
これから降るのかしら???(23時25分)

そうそう 前回のブログ『寒い寒い』で最低気温-6.8℃を騒ぎましたが この数値は新聞の1面コラムでも取り上げていました。
ほら↓ 山梨日日新聞
や山梨日日新聞1面コラム1701IMGP1932


あの日の-6.8度は全国(県庁所在地)で2番目の寒さだったって。暑いのも寒いのも甲府は厳しい、ということを書いています。
へぇ〜 「猛暑日最多」のライバルは京都市だったんだ、へ〜 昨年も一昨年も那覇市に「猛暑日」はなかったんだ〜、ふむふむ。


−−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください