Recent Comments
Archives

ぶどう盆栽

2013年06月12日00:15甲州 梅雨
PermalinkComments(9)TrackBack(0)
いよいよ 「本物の」梅雨入りでしょうか。
乾ききった畑も これでほっと一息つけることでしょう。
梅雨にはアジサイがよく似合う・・
↓咲き始めた アジサイ
アジサイ


↓我が家のスクリーン仕立てのぶどうの実もいつの間にか こんなに膨らんでいます
ぶどうの実も膨らんで

↓ぶどうの花の咲き始め・・5月21日の写真です。
ぶどうの花 咲き始め

ぶどうの花はとても変わった咲き方をするので 今年はちゃんと「観察」してブログに載せようと思っていたのです。が・・思っただけでもう「実」になってしまいました。

咲き方が変わっていると思ったのは5年前に撮った写真を見てから・・気にしてくださる方は
ぶどうの花 ここをクリック
と・・投げて

初めて見た「チコリ」の花↓
チコリの花

弟からもらってきた1鉢のチコリを 食べずにおきましたら ニョクニョキと伸びて草丈は140cmほど。きれいなブルーの花が咲きました。
ネットでみるとこの花も食べられるみたい・・。

ぶどうのそばに強健なヨウシュヤマゴボウが出てきていましたが これもほっておいたら・・
こんなに可愛らしい花が開き始めました
ヨウシュヤマゴボウ

ん?ジッと見ると 小さな花にちいさなムシが・・
♪〜みんなみんな生きているんだ


ムシ!


↓これはテングチョウ (義母の家にて・・今年はとんと蝶の写真が撮れなくていました。この日も遠くに止まっているのをパチリ。拡大拡大写真です。見た証拠に・・)
テングチョウ 1306


あれやこれやととりとめのないこのブログ・・
何を書いてんだかとジロジロ見られているような・・
ジロジロ

・・すみません 「予告した」映画館のこととか パン屋さんのこととか 義母のまわりのお花たちのこととか・後回し後回しになっています。

明日はUTYで山梨のパン屋さんの番組があるのですって
新聞折込広告で番組案内なんて 珍しい・・ 録画予約完了
折込広告



−−− take 記 −−−−


ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください。




2011年10月18日13:03甲州  鉢植えぶどうから
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ぶどうの葉も秋色になり始めています。もうすぐぶどう畑のパッチワーク(・・・ぶどうの種類によって紅葉の色が違うため、上から眺めるとぶどう畑がパッチワークみたい・・・)が見られることでしょう。

先日、わが家のデラぶどうの最終収穫をしました。(ちょっと大げさですね。ぶどうを採りました鉢植えブドウから育ったものです。

↓デラぶどう
収穫


甲州ぶどうも終わりかけているこの時期にデラぶどう。職場に持って行ったら
「えっ、まだあったの?」と言われました。
「種なし」にするための作業、ジベレリン処理をすると実る時期も早くなるそうですが、我が家のデラは何もしない「種あり」です。無肥料、無農薬・・草は取りました

「種ありの方が甘いし、コクがある」って。知る人ぞ知るの言葉です。私もそう思います、種ありのほうが「おいしい」
でも種を出さなければ食べられない人には はやり種なしの方がいいでしょう。種のまわりはやはり酸味がありますゆえ・・。

このぶどうは鉢植えぶどうの鉢を割り、娘の部屋で不要になったパーテーションに仕立てたものです。
ぶどう7月


7月・・かなりいいぶどうになっていました。
ぶどう


9月・・9月甘さも十分になり収穫を始めました。糖度計で21.2度↓
甘い!



さて 今回はぶどうの花のことを再掲しましょう。

↓ぶどうの粒に見えるでしょうけれど これは蕾。
つぼみ


↓開花! 右の笠、帽子みたいなのが花びらです。
開花


↓開花と同時に この花びらは落ち
落ちた花びら


↓蕊(シベ)ばかりの花ざかり
しべ

・・・やがてぶどうの実になる・・・

・・ここで、ついでに失敗版も載せてしまいましょう。

プウ君の庭に置いたこちらの鉢植えも、鉢穴から根がでているようなので囲いに蔓を這わせておきました。
2


↓9月・・ずいぶんたくさんのぶどうがなっています。ならせ過ぎかな?
3


収穫期なのに色がきません。
4


10月・・待ってみてもデラぶどうの色ではありません。少しの甘さはあるのですけれどね。
5

あれれ
7
 
でも!これは天然の干しブドウ!! 意外なおいしさ、強い甘味!!
ぶどうの木のために良くないからと切り落としてしまってから気がついたのです。
ちょっともったいないことをしたかな?と思っても「あとのまつり」

8


反省
これじゃあ、やっぱりならせ過ぎだったのですね。おまけに葉っぱが一枚もないのは不自然です。
夏にカナブンがいっぱい来ていました。葉っぱを食べたのはカナブン!
それに無肥料では力尽き果ててしまったのでしょう。
10


来年はちゃんとしてあげるからね

※おまけ・・
山梨県産のぶどうの種はカットすると「山印」が入っている・・
葡萄の種は山印

冗談です。まだ「ウケる」のでつい
山形県産、山口県産、新潟県産、北海道産・・・etc.種はみんなこうなっていることでしょう。

−−− take 記 −−−−

ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください。




2011年07月08日23:27甲州 緑のカーテン
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
昨夜は七夕さま。今年も雨降りでした。やはり雨だと会えないというお話より 雨が降ってもカササギたちが天の川に橋を架けて二人は会うことができるお話がいい。
2年も3年も会えないなんて・・。

今年も異動先の新職場で七夕人形を飾りました。私が教わったものは「多分、杉田家由来の七夕人形」とのこと。同じ山梨市内、ここに伝えてもいいでしょう。

七夕人形 作り

七夕飾り



昨年のブログでお話ししましたので 話は変わって・・

最近、話題の緑のカーテンについて。

新聞に「この暑さに間に合わない 緑のカーテン」と見出しがありました。
確かに我が家のゴーヤはこの程度・・暑さはそのまま家の中まで入っています。
↓今朝の写真です。まだ雨が残っていました。
7月8日 朝


が、こちら↓のモジャモジャはぶどうの「スクリーン仕立て」(と、呼んでいた私)
鉢植えブドウが大きく育った結果です。
冬の間は落葉して陽が差しますのでおススメの緑のカーテンです。
モジャモジャ

↓モジャモジャを裏側から撮ったものです。ブドウ(デラブドウ)がなっているのが見えます。
モジャモジャ裏側


↓棚は子ども部屋で使っていたパーテーションを利用したものです。
鉢植えブドウから

※2004年のこのスクリーンは ブドウの木に虫が入ってしまい一度は枯れてしまいましたが次の年に新芽がふいて今に至っています。アルバム「鉢植えブドウから」より。

↓こちらは我が家のワン君の囲いに架けたものです。
鉢植えブドウ

夫は囲いを高くして もっとブドウを育てようかと言いますが庭が狭苦しくなってしまいそうなので この高さで行くことにします。
この鉢ももう割ってあげなければ苦しそう・・。
こんな小さな鉢に12房もなっています(鉢底から大地に根が張っています)
こんなに生らせては色は甘さが来るか心配になりますが 多分、大丈夫。
楽しみ


そうそう、冷凍庫にまだ昨年の巨峰が入っていました。
冷凍した巨峰は水をさっとかけると皮がむきやすく おいしいシャーベットで食べられます。
「お花むき」にするとかわいいかな?
どんどんとけてしまうので2個だけでパチリ。
お花むき


あれ?この姿はお花というより裏山で見た「ツチグリ」風?
ツチグリ


もっと精進して「お花むき」(と名付けていいように)を見てもらおうっと。



−−− take 記 −−−−


ブログランキングに参加していますブログランキング ここをクリックポチっと押してください。


2008年08月30日23:29甲州のぶどう盆栽
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
今朝のNHK「すてき旅」は勝沼への旅でした。(関東地方に放送)
「ぶどう盆栽」(「鉢植えぶどうとも言う」と注釈付きでした)と弟も出演しました。

↓ぶどう盆栽(鉢植えぶどう)
鉢植えぶどう


↓ぶどう盆栽の作り方を紹介
作り方を紹介

これは6/17のブログで紹介しましたが弟、真主真路が考案した「小川式鉢植えぶどう育成専用パイプ棚」の栽培方法です。
↓6/17
葡萄盆栽専用パイプ棚

大きい画像はこちらの画面の中をクリックしてください。
鉢植えぶどう(大)



「鉢植えぶどう」はみんなこの方法で作っていると思われたかも・・
勝沼ではみんなこの方法で作っているわけではありません。
↓昔から ぶどう棚の端でこのように取り木して作り贈り物用などにして楽しんでいました
昔からのやり方


さてさて その鉢植えぶどう(ここをクリック)から育った我が家の緑のスクリーン・ぶどう棚も収穫の時を迎えています。

緑のスクリーン!


↓表から見るとボサボサ
緑のボサボサスクリーン


↓裏から見るとぶどうも見えます(7月に撮影)デラブドウ


↓甘くなってくると鳥が食べに来ます。先日はヒヨドリが何とも上手に止まって食べていた!!
食べに来るのは・・


食べられた!



↓葉の陰のは・・・葉をめくってみると このとおり 無事です
これは大丈夫




   −−− take 記 −−−−



ブログランキングクリックして、応援してくださいね。!



2008年06月17日23:28甲州 梅雨の中休み
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
梅雨の中休み・・いいお天気が続いています。
弟の鉢植えぶどうの畑です。
鉢植えぶどうでも種なしぶどうにするために2回目のジベレリン処理をしていました。

↓この鉢植えぶどうを育てる専用棚は
「小川式鉢植えぶどう育成専用パイプ棚」とでもいいましょうか 弟の考案によるものです。
鉢植えぶどう育成専用パイプ棚









じっくり育てて実が色づいてからの出荷です。
鉢植えぶどうは「取り木」なので 今切り取るよりも栄養を取っていた分「良い鉢植え葡萄になる」とのこと。

↓私の鉢植えぶどう(ここをクリック)も もうだいぶ実がふくらんできています。
デラブドウ スクリーン型

(これはスクリーン型にしたもの・・デラブドウです)



久しぶりに見えた南アルプス。
雲の間に見える山々の雪どけも進んで そろそろ「青い山」に変わります。
南アルプス0806


↓さていつもの週末 義母の家のまわりのウォッチング。
コアジサイが咲き始めました。
昨年も書きましたが 装飾花のないこのコアジサイ・・小さなかわいらしさで木の下に咲いています。
コアジサイ


↓ウツギ
ウツギの花


チョウが来ていました。
こんなに近寄っても大丈夫。パチリ。
マダラヒカゲ ??
6/22訂正・・教えていただきました。
これはサカハチチョウの春型・・(夏型は黒っぽい蝶)だそうです。
不思議なチョウだこと!
花に蝶


こちらのウツギはニシキウツギ・
ウツギ ハコネウツギ?ニシキウツギ?


↓「岩鼻」(道路に岩が突き出ていることから)に咲くキリンソウ。
この葉を使っての「おばあちゃんの野の遊び」は後ほど紹介いたしましょう。
ホソバノキリンソウ


↓畑でイチゴを摘み
イイゴ

四季なりイチゴ・・その花↓イチゴの花


帰り道は遠回りして「巨峰の丘」に住む義叔父の家へ届け物。
↓巨峰の丘はこのへんか・・
巨峰の丘

私一人で行くのは初めて・・
通り過ぎて引き返したり またまた遠回りして家にたどり着きました。
ぶどう畑で作業している人がいてよかった・・「山梨市」に帰る道をおききしました。
「ここも山梨市・・市町村合併で」・・大笑いして教えてくださいました。
助手席では 道は覚えられない




     ――― take 記 ―――

ブログランキングクリックして、応援してくださいね!



2008年05月29日06:10甲州に咲く花 ブドウ!
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
【ブドウ・・・ブドウ科ブドウ属】

我が家の鉢植えブドウにも 花が咲き始めました。
ブドウの花・・ほのかな甘い香りに地味な花。
ちょっと変わった咲き方をします。
↓ぶどうの花が咲く時(右側の「帽子」みたいなものがはずれます)
右の「帽子」が取れて・・


↓そして これが花(花びらがないおしべとめしべだけの花)
帽子が取れる時に上手に受粉するので桃みたいな人工授粉作業は不要とのこと。
花びらはない


↓私は いっぱい落ちているこれが花びらだと思っていました。
何というんだろ、これ。
(花びら、でいいそうです。開花と同時に落ちる花びら・・なんだか不思議ですが)
落ちている「帽子」




では最初から
↓これが蕾で(ぶどうの粒のように見えますが)
蕾


蕾が付け根から開いて落ちます。
蕾 開く


↓我が家の「鉢植えぶどう」3年目。
今年もおいしいぶどうになることでしょう。
鉢植えぶどう3年目


ほら 幹も貫禄のザラザラ。
幹でわかる?




↓そして こちらは 鉢植えぶどうから育った(鉢の底から根が出てきたので鉢を割りました)スクリーン仕立て。
ボサボサですね。突っ張り棒を買ってきて 少し誘引計画・・
スクリーン仕立て



上の、スクリーン仕立てのぶどう・・
鉢植えぶどうに「パーテーション」を立ててあげたのは5年前のことです。↓
一度はムシにやられて枯れてしまったけれど 次の年には根元から別の芽が出て見事再生・・
記録はアルバムで・・お時間がありましたら アルバム・ここをクリック してご覧ください。
5年前の姿




   −−− take 記 −−−−



ブログランキングクリックして、応援してくださいね。!


2007年12月30日05:46甲州 新春を待つ
PermalinkComments(4)TrackBack(0)
今年もあと2日・・
新年を迎える準備はなかなか忙しいものです。

ふと足元に目をやると・・・
スイセンの芽が・・・
もう しっかりと春を待っています。
スイセンの芽












フキノトウも芽を出して・・・
こちらは「ごちそうさま」
ゆでて大根おろしとあえましょう。
フキノトウ













甲府盆地の夜明けです。
夜明けは近い











東の山から出た(当たり前)太陽は まず甲府盆地の向こう、西山を照らします。
そう、今こそ「南アルプス」と呼んでいるあの山々を 私たちはその前に連なる櫛形山系も含めて「西山」と呼んでいました。
「西山温泉郷」もそこからの命名なのでしょう。

南アルプスだけが明るく陽を受けて輝いています。
南アルプスの夜明け









盆地も徐々に陽を受けて・・
あれっ 妙にまぶしく輝く・・・ 黄金か?まさかね。
この季節、運転中に この一瞬はいつも気になっていました。
朝の光に答えて・・

(写真大)



「ぷくぷく温泉」のガラス窓に陽があたっているものでした〜。
(写真 真ん中はフルーツ公園、左上の山、白い筋が「ほったらかし温泉」です)



さてさて 弟のブログの軒を借りた 私、takeのブログもきょうで今年の納めになります。
読んでくださって ありがとうございました。

私はこれから 夫の実家でお餅つき、新年を迎える準備、新年を迎えます。


新年が良い年でありますよう!




2007年08月27日20:28甲州のぶどう盆栽
PermalinkComments(3)TrackBack(0)
甲州のぶどう盆栽

先日、NHK本店が取材にこられました。9月3日のお昼に放映されすそうですが、勝沼ならではのぶどうが写りますので是非見てください。
全国放送です。
真主真路が少しだけ出てくる予定です。

ブログランキングクリックして、応援してくださいね!



2007年08月27日00:54甲州・鉢植えぶどうから
PermalinkComments(6)TrackBack(0)
【鉢植えぶどうからぶどう棚に】

弟からのもらいもの、「鉢植えぶどう」を地面に置いておいたら 鉢の底から 根がはってきたのでぶどう棚(縦型)にしてみました。
↓これです。
鉢植え葡萄へパーテーションをつけました




2003年6月、鉢植えぶどう2年目の様子です。



2004年、収穫を目前にして突然枯れてしまいました(茎の中にテッポウムシを発見・無農薬ですから・・)
でも2005年には 脇から新しい芽が出て再び緑のスクリーンになりました。
2006年、小さな房ですがいっぱいの実をつけたのに鳥にぜ〜んぶ食べられ・・
そして・・2007年、今年の様子です!↓

ぶどう棚?表

表から見ると葉ばかり?

ほんとうはブドウがいっぱい


裏からみるといっぱい見えます。

今年こそ「収穫」します。
昨年は油断しているスキに鳥さんにことごとく食べられてしまいました。

こんなに 葉をしげらせておくと 色づきが悪いのでしょうが 鳥さんには見えないのか 今年はまだ大丈夫です。
 あれれ・・もう食べられている。↓棚の裏側の実は食べやすかったんだ。

赤くなれば鳥さんが・・・。





 
ようやく赤くなってきました鳥さんが、食べるはず。
こんな色でも甘み充分。糖度20度は超えている・・きっと。
おいし〜い。
大変大変、ぶどうを守るために本格的に「袋掛け」をしようか・・葉も少しとらなくては・・。


鉢植えぶどうは「次の年にはならない」と思われている方が多いようです。
大丈夫。
これは弟・真主真路の2年もの・↓
鉢植えぶどう・2年もの







併せて 私のウェブアルバム『鉢植えぶどう・次の年もなりました』もご覧ください。
鉢植えぶどうのアルバム ここをクリック



      −−−take記ーーー



ブログランキングクリックして、応援してくださいね!