January 06, 2006

ロッテとスケート連盟の関係って

2月にトリノ冬季五輪を開催するイタリアで最多の発行部数を誇る全国紙コリエレ・デラ・セラが、年齢制限のため同五輪への出場資格がないフィギュアスケート女子の浅田真央の特集記事を掲載した。
1日1回応援クリック( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪
MORE GOSSIP


「マオはフェノメノ(並外れた逸材)だがトリノで勝つには年齢が足りない」
との見出しで、出場資格がないことを紹介。

女子で史上初めてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を一つのプログラムで2度成功させたことなどから
「五輪に出場すればメダルは確実」とした。

同紙は、日本スケート連盟が出場資格の規則変更を国際スケート連盟に対して強く求めない背景には、スポンサーとの関係があると伝えている。

記事では「スポンサーであるチョコレート会社にとって、自社が契約している選手たちを差し置いてマオ(浅田)がメダルを手にすれば、間違った選手に宣伝させていたことになる。まるでハラキリ(切腹)だ」としている。
ソース⇒[共同通信]

チョコレート会社のCM動画はコチラ