気になる都市伝説情報

毎回気になる都市伝説を1つ取り上げて雑感を書いていきます。信じるか信じないかはあなた次第です。

気になる都市伝説情報 493

”胸の大きい女性より、胸の小さい女性の方が感度がいいという都市伝説”

これには2つの有力な説があるようです。

1.それは小さい胸をあまり弄ってもらえなく自分でも小さい胸を晒すのが恥ずかしいから刺激を受ける時間が短い。それにより秘部を徹底的に攻められ開発済みになり高感度になる。

2.人の皮膚の知覚点の数はほほ変わり無い 巨乳はその大きさの分皮膚が引き伸ばされている
同一面積内の知覚点の数はそれだけ少なくなる胸の部分に関しては感度は落ちる。

下ネタですいません。

気になる都市伝説情報 492

”世界に一つだけの花”

今では、知らない人はいないでしょうというくらいヒットしたsmapの「世界に一つだけの花」、作詞作曲は槇原則之さんってのも有名ですね。


そして、振り付けはカバちゃんだったそうです。この二人の共通点はゲイということで当時まだ、ゲイはあまり印象がよくなくてスポンサーがいい顔をしなく、なかなかCD化ができなかったようです。


2人の共通の知人のジャニーズ会長のジャニーさんの協力があったも、アルバムへ入れるのが精いっぱいだったそうです。しかし、歌の良さにファンからのシングル化要望が殺到し話題にそれでも、スポンサーは企業イメージに悪いという事で難色をしめしてたそうです。


そこで、立ちあがったのが木村拓也です。

彼は「俺が何とかする」
と言い放ちました。


木村拓哉は、このジャケットにすべての企業の看板を載せてしまうという前代未聞のアイデアを考え出し、すべての企業に直訴したのです。
「ジャケットに看板を載せさせていただきます!リリースさせてください!絶対に損はさせません!」
そうして、彼の熱意とアイデアにすべての企業がリリースを許可しました。という都市伝説




気になる都市伝説情報 491

"四国の3本の橋"

四国には、本州からつながる橋が3本も(瀬戸大橋、しまなみ海道、神戸淡路鳴門自動車道)架けられています。
人数の割には、多すぎるように感じます。それには理由があるそうで橋を架ける計画がされたのは、ソ連とアメリカの冷戦時代でした。アメリカ側の日本は、戦争がおこり大都市がソビエトから攻撃された際に四国にはアメリカの基地が無いため安全と考えられ、そこに大都市からの被災者を避難させるために多くの橋を架けたとされています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
楽天市場
livedoor 天気
  • ライブドアブログ