1 名前:雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/10/02(木)19:52:37 ID:muBc92lV7

9月21日の昼すぎ、東京築地の朝日新聞東京本社新館には、日曜日なのに記者が続々と入っていった。
ただし、彼らの所属はほぼ東京社会部にかぎられた。集まったのは50人前後で、そのひとりの中堅記者が言う。

「木村社長の謝罪会見の数日後、メールが届きました。
人事異動の際に会社側が社員に説明をしたりする部会を利用して、従軍慰安婦の勉強会を行なう、という知らせでした。ここまで緊急の部会は初めてですね」

13時から18時まで5時間におよんだ勉強会の講師は、8月5、6日の慰安婦報道の検証記事に関わった社会部の豊秀一次長と、北野隆一編集委員。ただ、最初の1時間だけは、「吉田調書」の誤報で解任された東京本社の前報道局長の市川速水氏と、前編成局長の渡辺勉氏も出席し、集まった記者から矢継ぎ早の質問を浴びた。

「質問は“なぜ検証記事で謝罪しなかったのか”“この件をどう教訓にしていくのか”
“池上彰さんのコラムの掲載見送りは誰が意思決定をしたのか”など多岐にわたりましたが、ふたりは、のらりくらりと言い逃れていましたね」(同)

若手記者に尋ねると、聞き捨てならない話が次々と飛び出すのだ。

「強制連行についてはこんな説明でした。旧日本軍が組織的に、人さらいのように女性を連行したという証拠はない。
しかし、軍の意向を受けた売春業者が甘言を弄して女性を騙し、慰安婦にしたケースはあったと推認でき、女性が自分の意思に反して慰安婦にされる強制性はあったと思われる、と。

そのうえで、北朝鮮の拉致問題と比較したのです。同じ拉致被害者にも、横田めぐみさんのように無理やり拉致されたケースも、有本恵子さんのように騙されて連れ去られた場合もある。
慰安婦は後者に近いのではないか、と言うわけです」

 これに呆れ返るのは、現代史家の秦郁彦氏で、

「北朝鮮の拉致は、すべて金正日の命令で行なわれました。それを慰安婦問題と対比するならば、日本軍の命令で慰安婦を連行したという事実がなければなりません。しかし、朝鮮半島にかぎれば、慰安婦の大多数は朝鮮人の女衒(ぜげん)、つまり業者によって徴募されたのです。
そして、業者と慰安婦やその親との間で契約が結ばれ、それとは別に業者と軍との間で契約が結ばれた、軍と慰安婦の間に直接の関係はないのです」

同じ記者に勉強会の話を続けてもらうと、

「吉田証言については、1997年に検証した際、〈真偽は確認できない〉という表現に止まったが、社としてはケジメをつけたつもりだった、と話していた」

このほか、慰安所への軍関与を示す資料が見つかったという記事が、92年の宮沢首相訪韓の直前に掲載されたのはたまたまで、植村隆氏の記事も、意図的な事実関係の捻じ曲げはないと結論づけたという。

 再び秦氏が言う。

「こんな説明で朝日の記者は納得するのですか。この問題に関するほかの新聞や週刊誌、月刊誌の記事を読めば、慰安婦の政治性の問題も、植村隆記者の問題も、朝日の説明がおかしいとすぐわかるはずです」

※「週刊新潮」2014年10月2日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141001-00010005-shincho-kr
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141001-00010005-shincho-kr&p=2


2 名前:名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)19:57:23 ID:OHGiQpZIU

朝日新聞は、日本国に対し徹底抗戦する構えだな。


15 名前:名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)20:45:58 ID:5sRHyCkf9

朝日の故意の捏造は、これが目的だったようだね。
中国・北朝鮮のため捏造した。


17 名前:名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)22:15:02 ID:NwTrn0Bk5

これで言論の自由とほざくか?。
マジに潰れてくれ!。


27 名前:名無しさん@おーぷん 2014/10/03(金)09:08:26 ID:RfNMl3KUU

この新聞はフィクションですってどこかに書いておけば叩かれないよw



GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!

にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
ブログランキング にほんブログ村


よろしければ1日1回クリックお願いします

ゴタゴシタニュースの最新記事