1 名前:雨宮◆3.yw7TdDMs 2016/02/15(月)01:01:30 ID:83y

??南シナ海の実効支配を強めようとする中国、核実験を続ける北朝鮮。不穏なアジア情勢をどうみますか。

 「中国は開放・改革が始まった1970年代後半と比べ、はるかに強大になった。
やがて経済的にも米国を上回る中国が、より強い立場に立とうと考えるのは自然だ。
一方、中国の台頭で緊張は高まり、地域が不安定になっているのも確かだ」

 「米国がアジアで支配的立場にとどまるのはもはや不可能。だからこそ各国の協力態勢を築かなければならない。
新秩序の下では各国が集う国際機関が機能する必要がある。その意味で、米国は中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加すべきだ。中国も環太平洋連携協定(TPP)に加わればいい」

 ??日米両国はAIIB参加に抵抗があります。

 「米国の右派は中東の現状に怒り、アジア太平洋では米国がより強硬な姿勢で中国に臨むべきだと考えている。
だが、それでは長期的に問題は解決しない。アジアで中国を含む協力の枠組みを育まなければいけない。無論、簡単な話ではない」

 ??日本は新安保法制で集団的自衛権を認め、自衛隊の海外派遣も容易になります。

 「戦後、日本は平和を信奉する国家として歩み、国際的な安保活動参加に制限があった。ただ、そのおかげで経済は発展し、日本にとっては正しい道でもあった。
一方で米国は財政上、軍備負担に耐えられなくなっている。また欧米が犠牲をいとわず国際貢献を果たしている時、日本だけが『われわれは危険を冒せない』と言えば、他国は日本の安全保障を気に掛けなくなる」

 「安保法制は安倍政権だから成立したのではない。前から言われてきたことだし、理にかなっている」

 ??しかし、安保法制への反対論も根強くあります。

 「平和にこだわってきた多くの日本人が軍事的役割の拡大に懸念を抱き、自衛隊の海外派遣などの拙速な動きに歯止めをかけようとする気持ちも理解できる。要はバランスを取り、議論に時間をかけることだ」

 ??憲法改正の是非をめぐる論議も活発です。

「国内外の反応を考えれば憲法9条は変えない方がいい。日本国内でも平和への信奉がある人々は改憲に怒り、中韓両国も当然騒ぐ。米国も困惑する。新たな憲法解釈で十分だ」

 ??日本と中韓両国は歴史問題で対立しています。

「日本の立場から考えれば、海外からの批判をいかに避けるかが重要だ。
中韓の批判も時に公正ではないが、日本も第二次大戦下で一体何が起きたのか、子供たちに十二分に教える必要がある。隣国関係は大事なので、あおるような対応は望ましくない」

「その点で安倍晋三首相の靖国神社参拝は賢明な選択でなかったし、強い反発を招いた。
米国も日本と中韓の対立は望んでない。冷静な対応が日本の国益にかなう」

http://mainichi.jp/articles/20160213/ddl/k39/040/586000c


3 名前:Ta152 H-0◆Tank/JaTuo 2016/02/15(月)02:07:24 ID:aMg

じゃ、お前の国で採用しろよw


8 名前:名無しさん@おーぷん 2016/02/15(月)07:58:38 ID:qKv

アメリカ人が経済で中国に負けると
予想していることが理解出来ん


10 名前:名無しさん@おーぷん 2016/02/15(月)11:01:41 ID:BAk

エズラ・ヴォーゲル 支那名傅高義(フーカオイー)。
アメリカ合衆国の社会学者。クリスチーナ・アメージャン一橋大教授は教え子。
クリスチーナ・アメージャン。商学者。
一橋大学大学院商学研究科教授。三菱重工業取締役、日本取引所グループ取締役なども務める。

日本への一方的な物乞いは国際的に組織化されてる。



11 名前:国交断絶◆NHPcSDRh3s 2016/02/15(月)11:13:51 ID:JQF

変態新聞だよ


26 名前:名無しさん@おーぷん 2016/02/15(月)22:19:57 ID:DsL

9条が無くなったら、それだけで日本が他国への侵略戦争を企てるとでも?
世界中、9条なんか持ってない国だらけなのに、その中で唯一日本だけは信用できない国だとでも?
とんだヘイトだな



現代中国の父 トウ小平(上)

にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
ブログランキング にほんブログ村


よろしければ1日1回クリックお願いします

ゴタゴシタニュースの最新記事