1 名前:◆qQDmM1OH5Q46 2016/09/24(土)15:03:06 ID:???

英国のある店主の女性、「紅茶を飲んでいるから忙しい」と強盗を待たせる

強盗に立ち向かうのは恐ろしいことだが、英国のある店主の女性はひるまなかった。それどころか、彼女は強盗を待たせたのである。

イングランドのキングストンアポンハルに住むカラムジット・サンガさんは、新聞雑誌販売店のレジで働いている。
ある日、強盗のスチュアート・グリーソンが店に入ってきて、彼女にナイフを突きつけ、お金を要求した。

しかし、サンガさんはおびえなかった。「刃渡り18cmの包丁を手にした強盗が入ってきた時、
私はただ座って紅茶を飲んでいました」と、地元紙『Hull Daily Mail』に話している。

グリーソンはサンガさんに、レジにある全てのお金を要求。サンガさんが紅茶を置き、
箱を開けるのに使っていたクラフトナイフを振ってみせたところ、グリーソンは慌てて逃走したという。

続き AOL
http://news.aol.jp/2016/09/22/robber_tea/


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 55◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1473937887/682


2 名前:名無しさん@おーぷん 2016/09/24(土)15:03:50 ID:rxO

それでこそイギリス人だわ


3 名前:名無しさん@おーぷん 2016/09/24(土)15:07:37 ID:a8B

たまたま犯人が弱腰だっただけで実際にこんなことしたら危険だから真似するな


5 名前:名無しさん@おーぷん 2016/09/24(土)15:11:14 ID:jZL

移民の店主ですら英国に住むと英国面に染まるのね


7 名前:名無しさん@おーぷん 2016/09/24(土)15:13:59 ID:Bq1

英国の紳士淑女のあるべき姿


8 名前:ワルキューレ◆iYi...i.lI 2016/09/24(土)15:14:51 ID:wxF

紅茶飲んでるなら仕方ないですねw


9 名前:名無しさん@おーぷん 2016/09/24(土)15:15:40 ID:1Lz

店主は死んでもティーカップを離しませんでした


15 名前:名無しさん@おーぷん 2016/09/24(土)15:25:44 ID:fRu

むしろ逃げなかったらクラフトナイフで頚動脈斬られてたからなw



てぃ先生 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
ブログランキング にほんブログ村


よろしければ1日1回クリックお願いします

ゴタゴシタニュースの最新記事