jiun0002
jiun0003

【商品名】
真言宗 慈雲尊者 『一華開五葉・達磨』 掛軸

【説明】
軸・・・縦182.5cm 横54cm
内・・・縦124cm 横41cm

紙本 肉筆

慈雲
1718~1804
大坂出身
本名:上月満次郎、忍瑞、飲光
字:慈雲
号:百不知童子、葛城山人、雙龍叟
師:忍綱貞紀
13歳の頃、父が没した時の遺命により真言宗泉涌寺派法楽寺忍綱貞紀の下で出家し僧名慈雲忍瑞を受け、その後、師の命により京都の儒者であった伊藤東涯の下で漢学、儒学を師事、22歳のころには僧名を慈雲飲光と改め師より同寺を譲られて法楽寺住職に付くが、後に弟弟子に寺を譲り信州正安寺大梅禅師の下に参禅、また河内高井田長栄寺に入寺するなど各地を巡遊し1750年33歳の頃には有馬桂林寺住職につき、晩年は1771年54歳の頃より京都阿弥陀寺に入寺した。幕府の管理下にあった当時の仏教界において「雲伝神道」とした独自の道を追い求めて宗派の枠や名刹を超えた信念を貫き通した当時の高僧として有名で多くの著書、墨蹟などを残している。

【価格】
お問い合わせ下さい。