rosannjinn0001
rosannjinn0002
rosannjinn0003
rosannjinn0004
rosannjinn0005
rosannjinn0006
rosannjinn0007


【作品名】
北大路魯山人作 『織部子持筋文輪花向付』 黒田陶々庵識箱

【寸法】
直径12cm 高8cm
火舎重量100g
 
【備考】
北大路魯山人
1883~1959
1883年(明治16)京都市生まれ。本名、房次郎。幼い頃より書に秀で、書家、篆刻家として名を馳せた魯山人が作陶を始めるのは、自らの料理をより美味しく食すための食器を必要としたことによる。1921年(大正10)に発足した会員制の「美食倶楽部」で盛り付けのための古陶磁が不足したことから魯山人は陶芸を始め、1926年(大正15)には北鎌倉山崎に築窯(翌年「星岡窯」の看板を掲げる)。魯山人の陶芸の師は古陶磁で、それらを模倣することから始まるが、単なる写しではなく、常識にとらわれない発想が加えられた独創的な作品となっている。1955年(昭和30)織部焼に関して重要無形文化財保持者の認定を辞退。1959年(昭和34)没。


お問い合わせ