2006年03月25日

とんこつ煮込み温泉たまご添え:中央駅一番街 ちろり vol.15

とんこつ煮込み 温泉たまご添え


ちろり豚骨煮込み

8月1日
新メニュー登場


8月から新メニューを出したというので注文してみた。


この暑さだから何はさておき冷たい生ビールでのどを潤し、やっと生き返ったところにタイミングよく、あつあつのとんこつがでてきた。


とんこつの味噌煮込みに温泉たまご。小ネギを散らして見た目にうまそうだ。他所ではとんこつは単独で出てくるものがほとんどだが、温泉たまごが添えてあるところがちろりらしい。


「ビールにも、焼酎にも、ワインにもあうようにしてみました。どうぞ」と、店長。


「では、いただきます」
思っていたよりもあっさりして甘さ控えめ。結構甘くて濃い味になれている人はあれ?と思うかも知れない。でも、とんこつ自体にしっかりと味がついているので、美味しく頂いた。


「薄味ですね。確かにこれなら、日本酒でも、ワインでもいけますね」
「薄味のわりにはしっかりと味がついてるんですが、何か工夫でも」


「なるべくシンプルに、できるだけ手は加えないんです」
「ただ、4時間しっかり煮込みます。これでも醤油はけっこう甘くて濃い醤油なんですよ。ただ僕は、化学調味料などは使いたくないので、豚の旨味だけをしっかり楽しんでもらいたいから味付けは薄くしてあります。ちょっと、ものたりないですか」と、店長。


「いや、私はこの味、好きですよ。焼酎がグイグイいってしまうのが怖いくらいですよ」
「あまり濃くて甘いとご飯にはいいかもしれないですが、飲兵衛にとってはちょっとね」
「お酒の味を壊してしまってはいけないので、お互いに旨い関係で好きですよ」


「そう言ってもらうと嬉しいです」と店長。
「実は、これはうちのまかない食だったんですよ」


「えっ、そうなんですか。スタッフはいいもの食ってたんですね」と、私。


「いやいや」
「ある日、とんこつの煮込みを交代で食べていたら」


「なんか、よかもんのにおいがしっせんけ」
なにか、美味しいもののニオイがしてきたんじゃない?
「なん、くちょっとよ」
何をたべてるの?
「ちょっ、たっべっみせっくれんけ」と、お客さん。
ちょっと食べさせてくれない?


「わがたっばかい、よかもんをくっせえ、ほんのこて」
自分たちばっかり、いいものを食べて、なんちゅうことだ!
「こいを定番メニューにいれっせえ、おいたっにも出せっくっれんけ」
これを定番メニューに入れてさあ、俺たちにも出してくれよ
と、お願いされたとか。



確かにコストと手間隙がかかるので、どうしようか迷ったが、どこから噂を聞きつけたのか、
「今日のまかないは何け?」と、聞くお客さんが何人もいたので、よしそれならレギュラーメニューにしようと先日決めたばかりだったらしい。運良く私がそこに出くわした。もう、聞きつけてきたのかと店長は内心思っていたとかいないとか。
昔から食い物にはのさっていたので(不自由しない、栄えるの意)、今日もご先祖様が導いてくれたのでしょう。感謝。感謝。




クーポン情報

5人以上で御予約のお客様には焼酎を1本無料サービス!

※この部分をプリントして、ご注文時にお渡し下さい。
※他のサービス券との併用はできません。
※1グループ1枚有効





全体の雰囲気は前回の取材を参照してください
-------------------------------



酒々楽々 ちろり
鹿児島市中央町23-11 一番街アーケード内  
住所   鹿児島市中央町23−11
電話   099−256−1001
交通   鹿児島中央駅(西駅)徒歩3分 アーケード内真ん中辺り
時間   18:00-翌3:00
休日   無休
焼酎   三岳 れんと 島美人 黒伊佐錦 伊佐大泉
      神之河
日本酒  上善如水 剣菱
メニュー  プリプリエビのエビチリ、牛タンの塩焼き粒マスタード添え
      枕崎のカツオのタタキ、
      お勧めなのが生ハムサラダ。



携帯用の地図はこちら

酒々楽々 ちろり



gotiso at 10:09│Comments(0)TrackBack(0)clip!グルメ | グルメ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔