MinecraftSM01

XboxOne:Mincraft:Story Mode(日本未配信)


ジャンル:アドベンチャーゲーム
体感実績難易度:★☆☆☆☆
プレイ時間:19時間
実績総数:32+6+6+6=計50個


日本人ユーザーにはあまり馴染みないけど、実績厨には有名な海外のADVゲームメーカー「Telltale Games」が世界的に超絶メガヒットを収めた「Minecraft」をモデルに作られたADVゲーム!!

なぜ実績厨に有名なのかというと、ここのゲーム、時々選択肢を選ぶ場面やちょっと移動するシーンを除いて、ほとんど自動で物語が進行してくれるので英語が全くわからないプレイヤーでも、選択肢で適当にポチポチしていく(選択肢によって多少物語が変化するけど、ゲームオーバーになったりするような選択肢はない)だけで、かるーく実績コンプできちゃうゲームばかり作っているので実績厨ご用達なのです。


っていうメーカーだったのに、今作では選択肢によって分岐した別々のシーンに実績があったり、ちょっとした特別なことをしないと解除できない実績が用意されており注意が必要


「Leveraging Resources」実績(20G)

エピソードIのチャプター2で、作業台で石の剣を作るシーンで別のレシピでスイッチを作る事によって実績解除

MinecraftSM02
真ん中に石、上に木の棒

これだけの実績が、XboxLive上での当ゲームプレイヤーの全体の4%しか解除していないレア実績です。
みんなちょっとは調べようよw


「Occam's Razor」実績(30G)、「Griefer Madness」実績(25G)

エピソードIのチャプター6、最後の選択肢で「Ellegaard」を選択するとエピソードIIの最初のチャプターで「Occam's Razor」実績が
「Magnus」を選ぶと「Griefer Madness」実績が解除されます。
ストーリーやり直すのも面倒なので、エピソードIのチャプター6でセーブデータをコピーしておき、片方でクリア後コピーしたセーブデータでもう片方を選択するのが効率的です。


「That's Some Pig」実績(40G)

エピソードIIIのチャプター3開始直後の移動シーンで、Reubenに何度も何度も繰り返して話しかける事によって解除されます。

MinecraftSM03
全体の解除率1%です。


ここまでEP1,2,3とそれぞれに特殊な実績があり、配信始まった当時は毎回こんなの来るのかよーって思っていたら、以後のエピソードは全て物語を進めるだけで実績が解除されます。


あと、この「Minecraft:Story Mode」、当初はエピソードは5章までで各章ごとに実績200Gの合計1000Gだったのですが、好評により追加なのか大人の事情で後から追加なのか、本編終了後のEP6,7,8の3章が後に追加で発売されました。

現在はEP1からEP8まで収められた完全版がディスク版やDL版が発売されているので新たに買う人はそちらがおすすめです。

MinecraftSM04
最初のシーズンパスで遊べるEP5までは実績解除者もそこそこ多いのですが、その後に追加されたEP6以降の実績解除率は全て10%を切っており、レア実績扱いになっているのでレア実績ハンタ-はねらい目では?


Minecraftのブロックやアイテムの世界観をうまくADVとして表現しており、英語よくわからなくてもなんとなくは物語もわかるとはいえ、やはり日本語版で発売して欲しいですねぇ

同じ「Telltale Games」の人気ドラマ「Walking Dead」を題材にした外伝ADVは日本でもスクウェア・エニックスからローカライズされて発売されたし、Minecraftの日本での知名度も考えるとワンチャンあるのでは?と思ってるんですけど、仮にローカライズされてもスクエニのこれまでの実績だとXboxOne版は発売されないと思うのでそれならいっそ出なくていいかとも思ったり思わなかったり。