2012.2.4
池島へ行った後は長崎市内へ戻り、長崎ランタンフェスティバルへ。今年は1月23日(月)から2月6日(月)の15日間にわたり開催された。

このお祭りは、長崎在住の華僑の人々が中国の旧正月(春節)を祝うための行事として始めたもの。もともと「春節祭」として長崎新地中華街を中心に行なわれていましたが、平成6年から規模を拡大し、長崎の冬を彩る一大風物詩となりました。・・・Webサイトから。

興福寺・・・日本最古の黄檗宗の寺院である。
DSC_8318

と言いつつも・・・この赤門の中に入ると300円掛かるから入らなかった。
DSC_8315

川沿いのオブジェども。
DSC_8325
フェスティバル最終週ということもあり、かなりの人出。
DSC_8327
三脚も迷惑になりそうな程の人出。
DSC_8335
人の波の切れ間を待つから時間が掛かるし、何枚も撮れない。
DSC_8345
中央公園会場の屋根のランタン
DSC_8357
写真では見えないが、この屋根の下は人でびっしり。
DSC_8355

この公園に来た時に、聴き慣れないリズムを刻みながら中国獅子舞がやってきた。
もう、人大杉。。。長崎新地中華街のランタンも人が多かった。
DSC_8338

とにかく人が多いんだよ~・・・・このブタ野郎が
DSC_8349
豚どもが俺様が地獄に送ってやる(ポキポキ)
DSC_8351
ということでバイバ~イ。
DSC_8361

最後に22時頃 倉邊と合流してチャンポンを食う。
DSC_0531
ただ、奴はこれから漫喫でおれは18㎡の安いビジネスホテル。格の違いを見せつけた夜となった。
以上