2013.7.15
の続き
北見11:36発遠軽行き(12:58着)。
DSC_6618

定紋トンネル・・興味ある方は是非検索してください。
DSC_6621
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
遠軽駅・・かつては名寄本線が接続した古くからの交通の要衝。そのためここはスイッチバックである。
DSC_6662

この先がかつての名寄本線。今はどこかで行き止まりなのでしょう。
DSC_6647

ホームの端から駅舎側を望む。
DSC_6652

風格ある駅舎です。
DSC_6663

木造の路線橋(鉄骨で補強されていました)
DSC_6658

そして床が板張り。
DSC_6635

昔の転車台もある。
DSC_6637
何という見所満載の駅なのでしょうか。
転車台好きな方は・・


続く
遠軽13:28発白滝行き(14:16着)。
遠軽から2つ目の丸瀬布駅で他の方は降り、乗客は私一人。
DSC_6672

それから続くのは「下白滝」「旧白滝」「白滝」である。
DSC_6678

下白滝駅
DSC_6684

その駅舎
DSC_6691
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
そして次は、自ら「旧白滝」と名乗るこの珍妙な駅である。通常は新しく出来たほうが「新〇〇」と名乗るべきでは無かろうか。だが、一見してこれは旧白滝が相応しいと思わざるを得ない駅であった。DSC_6699

何しろ、この小屋然とした駅舎である。いや、その向こうに見える駅名標が無ければ100人が100人「これは小屋」と認識するだろう。その認識は間違っていないはずだ。
DSC_6701

一体、ここを通過する特急オホーツクに乗っているお客さんのうち、幾人がこれを駅だと認識できるであろうか?
DSC_6706

さすが自ら旧を名乗る駅、あっぱれである。外を見ながら思わず腕を組みうなり声を上げてしまった。そして終点の白滝である。
DSC_6711
ちなみにこの遠軽~(白滝兄弟)~上川の間は、異常とも思えるほど電車の本数が少ない。
・上り旭川方面は1日5本(うち、特急3本)
・下り網走方面は1日6本(うち、特急4本)
つまり私の様に普通列車で遠軽から旭川方面に向かおうとすると1日2本しかなく、逆もまたこれ同様である。そしてこれからそのダイヤのせいで、徒歩で上白滝へ向かう予定である。

続きは・・
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
この旅の行程です。
1日目・・
2日目・・
3日目・・
4日目・・
4日目・・
5日目・・
6日目・・
6日目・・
7日目・・
8日目・・
9日目・・
10日目・・
10日目・・
おまけ


以上

□■□■□■□■□
その他の北海道 鉄道の旅(初日のみ)は・・








終わり。