それにしても今年の関東地方のソメイヨシノは一週間の間に咲いたと思ったら散ってしまいました。そして、その一週間くらいの間は全く雨が降らず、ほとんど晴天だったという気候の良さでした。

3月最終週は毎日花見で歩き回ったため非常に疲れてしまいました。

ということで地元の桜をご紹介。
こちらは3月25日の多摩川の神代曙。日曜だったのでとにかく人がたくさんいました。
DSC_0789
テント張っている奴がいましたが、花見客だらけで全く落ち着かない気がしますね・・・撤退も恥ずかしいしもはや意地なんでしょうな。
DSC_0790

こちらは同じく薄墨桜。この土手はとにかく風が強いのですが、今年は晴れだしあんまり風もないし絶好の花見日和が続きました。
DSC_0806
DSC_0805

同じく荘川桜。ここの土手沿いの桜は開花時期が一番早い河津桜から八重桜まで開花順に並んでいるのですが、今年は色んな桜が一気に咲いてしまったイメージです。
DSC_0777
DSC_0774

・‥…━━━☆・‥…━━━☆
こちらは同じく3月25日の久地円筒分水というマニアックなスポットです。
DSC_0835
DSC_0828
DSC_0854
続く
再び3月27日の多摩川土手。平日に来ると休日の喧騒が嘘のように消え去ります。

大島桜は葉が目立って来てました。
DSC_1661
DSC_1644

ソメイヨシノもございます。
DSC_1670
神代曙
DSC_1677

そしてこちらが私のお気に入りの仙台屋という桜。形が何故か逆三角形なんです。
DSC_1686
この桜は茶色っぽい葉っぱが花と同時に出てきます。
DSC_1687
そしてソメイヨシノが五分咲きから散り始めるまで一週間くらいだとすると、この桜は4日くらいかも知れません。
DSC_1684
とにかく咲いてる期間が短くて、天気が悪くて数日見に行かないと知らない間に散ってしまうのです。
DSC_1610
例年ソメイヨシノの終わりかけに咲く感じですが、今年は早めに咲いていました。
DSC_1697
それにしても良い咲き具合でした。
以上
□■□■□■□■□
多摩川あたりの桜。
2018年
宿河原用水の桜と南武線E233系-2018-
多摩川(ガス橋)の桜(2018年4月)
仙台屋という桜とか。

2017年




2016年







2015年






2014年









以上