撮影データを見たら1年近く前の2018年11月24日で、撮ったまま勝手にお蔵入りさせてました。そしてこのブログでの房総の素掘りトンネルネタも去年の8月以来でございます。

この素掘りのあった場所は君津市の豊英(とよふさ)、バイクは置いて国道410号線から伸びる砂利道を歩きで進みます。
DSC_0517
「この先に素掘りがあるはずだが・・・」と思っていたら、いきなり砂利道が終わってしまいました。
DSC_0513
・・・と思いきやその先に広めの舗装路が見えてきました。
DSC_0511
DSC_0509

そしてガードレールまで出てきました。ここはちゃんとした舗装の車道だったのか。
DSC_0507
あっという間にトンネルに到達しました。どうやらすぐ脇を流れる小糸川(豊英ダム)をぐるっと回っている様です。
DSC_0506
トンネルの入り口から振り返ると1.5車線くらいあります。DSC_0504
でもですね・・・肝心のトンネルの入り口がこんなに狭いんですが・・・
DSC_0501
そして下は水浸しでした。
DSC_0481
DSC_0489
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
トンネルを向こうを見ると、かなり荒れている様です。
DSC_0538
DSC_0532

こちらが反対側です。もう木も生えてるし崩れているしで入ってきた側の風景とは大違いでした。
DSC_0548
これ・・・反対側は舗装されててそこそこ幅がある車道なのに、なぜにこっち側はこんな雑な感じなのでしょうか?
DSC_0544

国道410号を背にして撮影。ちなみにこっち側は脇道に入って20mくらいですぐに素掘りが出てきます。いつ頃まで使われていたのでしょう、昭和40年代まででしょうかね?ちなみに国道410号線にあるすぐ近くの白鳥トンネル(額は平仮名で「しらとりずいどう」)は竣工50年3月と書かれていました。
DSC_0551
以上
□■□■□■□■□
房総半島の素掘りトンネル一覧

↓月崎あたり↓





↓市原市↓




↓富津市↓




↓その他いろいろ↓






↓茂原市↓





↓君津市↓



千本城址(君津市)の素掘りトンネルへ
君津市豊英の素掘りトンネルへ。
君津市豊英の素掘りトンネルへ。(もうひとつ)
石射太郎山あたりの素掘りトンネルへ

↓とりあえずダム↓


 


↓鵜原↓






↓大多喜町とか↓




↓大網白里↓




切通しもどうぞ。



終わり。