沼津駅前をぶらぶら(3/4編) の続き
こちらは新仲見世商店街の駅から離れている方の入口です。
DSC_1295
屋根を見るとちょっと古そうです。
DSC_1305
DSC_1297

こちらは駅側の入口です。ライトが向いてる看板は残念ながら真っ白でした。
DSC_1304
DSC_1309
DSC_1307
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
横断歩道の横にあったおなじみ日広社の「沼津市商工案内図」には、2002年~2006年の間という短命に終わった「UFJ銀行」の文字が見えます。それにしても探す気も失せるほどお店でぎっしりです。
DSC_1301
それに比べてこちらの地図はやたらとスカスカです。
DSC_1302

こっちは良く見ると「三菱東京UFJ銀行」の文字が見えるので2006年以降です。結構新しいんだな・・・それかマジックなので消して書き換えたのか。
DSC_1303

やっと正月らしい「迎春」の旗がありました。さっきのは新仲見世商店街でこちらは仲見世商店街なのですが、新の付かないこちらの方が新しいし駅に近いというのは一体どういう事でしょう。
DSC_1311

・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 歩いていると何だか丹下健三がデザインした様な建物がありました。後から調べるとこの「きうちファッファッションカレッジ」は丹下健三計画研究室に所属していた沖 種郎設計ということです。なるほどどうりで。
DSC_1315

・‥…━━━☆・‥…━━━☆
大手町2丁目にあった小路。昔の写真を見ると角の白い建物に「三園小路」の大きな袖看板がありました。
DSC_1317
でも今はそんなのないので見ただけだと何小路だか分かりません。
DSC_1319
敷地内は相当に荒れております。下もコケだらけです。
DSC_1320
DSC_1322
L形になっていました。でも数軒はやっているのかな?
DSC_1324
もう片方の出入り口は建物の隙間って感じでした。
DSC_1326
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
沼津駅到着寸前に電車から見えた小路は「京極街」でした。 DSC_1328
一番奥(線路側)のラーメン屋さんが仕込みをしていてトンコツ系の匂いがしていました。
DSC_1330
左側手前にダクトがありますが、この通路の足元に排気したら全く意味がない気もします。
DSC_1334

京極街の並びにあった「祇園小路」。沼津駅は北口には銀座と道頓堀そして南口には祇園であります。
DSC_1344
駅に近い事もあって周りはビジネスホテルやマンション・専門学校が多いのに、この狭い界隈だけ風俗店があったりと明らかに異質な空間でしたが、元々こっちが先なので仕方がない。
DSC_1346
なかなかに広い通路でした。
DSC_1337
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
駅前に戻ってきました。富士急のバスが止まっていますがどうもこの色を見ると自衛隊の車両を思い浮かべます。
DSC_1349

富士急のバスターミナルがある富士急百貨店沼津店のオープンは1965年、残念ながら2019年6月に建物の解体が行われることが報道されました。
DSC_1354
2019年10月から11月にかけて残っていたテナント・案内所・オフィス等も閉店および移転が行われた後、12月以降に解体される予定ということです。今年中には更地になるのかな。
DSC_1360

昔は地下につながっていたのでしょうか?
DSC_1363
DSC_1367

ここに限らず駅前の一等地に立派なパチンコ屋さんがあると悲しい気持ちになってしまいます。
DSC_1370

この建物は元々西武百貨店の新館だったんだそう。1971年に竣工して2013年に閉店となりました。
DSC_1373

昔の写真を見るとこの「ABLE CORE」と書かれた建物のこっち側には隣接して西武百貨店の本館がありました。そして通りを挟んだ新館との間に連絡通路もありました。
DSC_1374
ということで年末年始の外出はこの沼津往復だけという、何とも寝正月な自堕落な時間を過ごしてしまいました。
終わり
□■□■□■□■□
沼津駅前をぶらぶら(1/4編)
沼津駅前をぶらぶら(2/4編)
沼津駅前をぶらぶら(3/4編)

沼津駅前をぶらぶら(4/4編)
□■□■□■□■□