モンブランテソーロ
ルヴァンクレールの2016  牡  3月24日生まれ

父 ダノンバラード
母 モンブランテソーロ
母父 Danehill Dancer
生産 市川ファーム
馬主 了徳寺健二
厩舎 美浦:武井亮

サマーセール上場時

2017サマーセール
落札者 了徳寺健二
落札価格 1,134万円


【レビュー】

ジェネラーレウーノは5年前であれば
それほど注目はされなかったと思うのですが、

今や報知や最強の法則誌で「人気馬」と呼ばれてしまうほど
情報戦が進んだ現代のPOG←大袈裟


ドラフト前に調教で好時計をマークした馬
なんなら
「ラスト1Fが速い」「坂路でのラップ構成がいい」
という馬ですらマークされてしまうくらい
「下位の穴馬」が見つけづらいこんな世の中じゃポ。

 
本馬は、現時点でその存在を気にかけているPOGファンは
それ程多くないかも知れませんが、
 
ドラフトの時期には人気してしまうかも知れません。

それでも取り上げたいほどポジティブな情報を入手したので
レビューしてみます。 


きっかけは私のこのツイートでした。
 

種付け料はイギリスなのでユーロではなくポンドなわけですが…(テヘ)


このツイートに反応してくださったのが

今年のG局榁飜毒Sを制し、G汽┘螢競戰構王杯でも2着
来年更なる飛躍が期待されるクロコスミアや

思い出の指名馬エーシンミズーリの生産者である

小島牧場さんでした。
(https://twitter.com/kojistud)


その後やりとりをさせていただいた結果
「BTCで明らかに目立つ動きをするダノンバラード産駒」
本馬であることが確認されました。


ブログをほったらかし

ツイッターに出張していた成果ですね←



セール時に450kg台の馬格があった馬で、順調に成長しているようです。


まず注目はその配合。

本馬の祖母Loch Clairは
ディープインパクトの母である、あのウインドインハーヘアの1歳上の半姉。

つまりBurghclereの4×3(ウインドインハーヘア≒Loch Clairの3×2)という
野心的な配合をしている馬です。

その馬が既に「目立つ動きをしている」ということですから
これは配合がハマった感が。


従兄弟のMedicine Jackは
昨年の英G競譽ぅ襯ΕДS(2歳・芝1200m)を勝利し
2歳の早期から動けていた点も魅力です。

 
もう一つの注目は
了徳寺氏×武井厩舎のチーム。

Jpn1全日本2歳優駿勝ちのリエノテソーロを始め
このチームはPOG期間の勝ち上がり率が高く、
現2歳リョーノテソーロも既に2勝。 


須貝厩舎から転厩してきたシャインレッドを
きっちりと走らせたこともあってか、

了徳寺氏が期待馬を預託している、
そして武井師チョイスの馬が走っている
ということになるので、

武井厩舎との預託契約が完了し
その馬の動きが既に評判になっているということは
根拠としてはかなり強め。


来年のドラフト時期にどのくらいの人気馬になっているかは
想像もできませんが、

ぜひ注目していただきたい一頭です。