2014年04月18日

ラルケットの2012

ラルケットの2012  牡  2月18日生まれ
予定馬名:ボルゲーゼ

父 キングカメハメハ
母 ラルケット
母父 ファルブラヴ
生産 ノーザンF
馬主 サンデーR(4000万)
厩舎 美浦:木村哲也


【レビュー】

ダイワメジャーとキングカメハメハの
レビューした書き溜めエントリーを、

放出するタイミングを見失っていたので、
せっかくだから投稿してみます。


母は
デビューから2連勝、

4戦目のG轡イーンCでは
リトルアマポーラの3着に入るなど活躍。

叔父には
障害重賞の勝ち馬が2頭いる血統で、

祖母のアズサユミは
数少ない
ウォーエンブレムが興味を示す牝馬ということで

一部マニアには
おなじみの血統です。


曽祖母のスイートコンコルドは
あのシンボリルドルフの全姉で

フランスでデビューをした程
和田氏期待の馬だったそうで、
(後に日本に移籍、オークスに出走)

シンボリルドルフがデビュー前は
「フランスデビューしたスイートコンコルドの全弟」
と呼ばれていた時期があると
何かで目にした記憶があります。


本馬はそんな
血統のしっかりしたラルケットの初仔。

にしても
4000万円は強気な印象です。


募集写真も
成長期独特のバランスの悪さが感じられます。

が、

それを差し引いても魅力の
トモの容量があります。 


もちろん「成長次第」の馬体ですが、

芝で活躍しそうな体型の
キングカメハメハ産駒は
やはり魅力です。


母父ファルブラブは
既にハープスターという
超大物を出しました。


kingmambo 系とSadler's Wells のニックスは
欧州ではメジャーな配合論ですが、

ファルブラブの父Fairy King は、
Sadler's Wells の全弟ということもあり、

もしかして
kingmambo 系とFairy King は
相性が良いのではと調べてみたら、


エリザベス女王が生産された
父kingmambo 
母父Fairy King の
Kingdom of Fife  という馬が

豪G汽イーンエリザベスS(芝2000m)を
勝っていました。

この系統のニックスを
裏付ける一頭と言えそうです。 


本馬は
父と母父の系統の相性の良さに加え、
(もちろんSpecial のクロスも)

母父ファルブラブ×母母父サンデーサイレンスは、
ハープスターの父と母父の組み合わせを
入れ替えたような形。


母系の血は
多少古めかしいものの

トウショウボーイ、パーソロンと
一流のものばかりですし、

母父がファルブラブになることで、
Kingmambo 系とこれまた相性の良い
Seattle Slew も含んでいます。


配合からの大物感は
たっぷりです。 

下位で、
速攻系ではなく
一発重賞級の大物狙いをするには
ふさわしい一頭だと思います。


たぶん
ほとんど人気しないと思いますが、

この馬体と募集価格なら
角居厩舎での募集予定が当初はあったのか
と思わせるプロフで

実際の預託が
吉田和美氏が特に贔屓にしている
(と思われる) 
木村厩舎予定ということもあり、
 
個人的に
すごく気になる一頭。

今後の情報を
楽しみに待ちたいと思います。 

gotoupog at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キングカメハメハ産駒 | 2012年産


にほんブログ村
Google検索











google検索
ブログ内検索



カテゴリ別
最新コメント
PV数

    訪問者数(UU)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計: