2016年09月25日

【ミスエルテ】Frankel産駒POG指名回避大反省会【フランケル】

本当は月曜日分に
指名馬近況でも書こうかと思っていましたが
ミスエルテの勝ち方を見て急遽変更しました。

私の氏名馬は
Lady Aurelia が負けたし…
ラヴィングアンサーも負けたし…

ラヴィングアンサーは叩いての期待大ですが
Lady Aurelia は距離っぽい止まり方だったしなぁ。。。

帰国してのBC参戦プランは
白紙になったような雰囲気です。

詳しくは来週にでも。


ルーラーシップに関しては
まだ懐疑的な見方が6/10くらいなんですが

Frankel に関しては
いわゆる超良血馬しか日本ではデビューしていないとは言え

日本の馬場でも走れることを
ミスエルテの初戦で私は確信したので
(G気鮗茲譴襪は舞台適性や相手があったりの話なので棚上げ)

今シーズン第一回目の反省会を開催します。



私の期待していた指名馬が人気を裏切る中、
他のメンバーの指名馬
ましてや

その指名者の傍若無人なお人柄を考えると 

悔しい気持ちで一杯なのですが
いい馬はいいということで。


まずこれだけ海外競馬好きの私が
Frankel 産駒を全回避したのは
Sadler's Wells 系という点に不安を感じたのではなく

以前にも書いたように
ペースメーカーを追い越してしまったことがある程の
陣営が頑なにマイル路線に拘った原因でもある
その前向きな気性が故です。


ミスエルテの場合は
これまた気性の難しいことが
最大のウィークポイントとなることの多いPulpit が母父なので、
私はここで指名候補から外しました。


ミスエルテの能力の高さは
もう疑いようのないものだと思うので、

あとはその気性的なところが
使って行ってどうなるか、というところだと思います。


ソウルスターリングやミスエルテ
欧州の重賞馬Toulifaut、Fair Evaこの4頭は

折り合いを欠いているとまでは言わないものの
納得するまで自分からハミを取っていくところは
やはり父の影響力の強さを感じさせます。

さらに総じて頭が高い走法と力強い前脚の捌き、
やや口向きの悪さを感じさせるのも
父の影響でしょうかね。


ただ欧州の活躍馬は
使っていくうちにテンションが高くなるところを
見せている馬が多いようなので
(Frankelに限らず多い事象ではありますが)

間隔を詰めた時のパドックでのテンションや
道中の折り合いに関しては
要観察です。

脚力があっても、
それが競走実績に繋がるかは
また別の話だと思いますので。


しかしミスエルテの配合そのものに関しては
私はとても評価しています。


Frankel を構成する血の
中で日本適性を一番引き出せそうなのは
Miswaki (Mr. Prospector+Buckpasser+ナスキロ)
ここだと思います。


ミスエルテの母自身が
Secretariat のクロスを持っているところに、

母父Pulpit  は
その母父がMr. Prospector で、

A.P. Indy の母Weekend Surprise や
Poker、Narrate などナスキロ血脈多数。


ただこれだけだと
ふにゃんふにゃんになイメージですが

Buckpasser+ナスキロのHopespringseternal 
ナスキロ+BuckpasserのWeekend Surprise

このニアリーに
Buckpasser がさらに絡んでくることで

しなやかなだけではなく
弾き返すようなパワーを獲得することに
成功したのでは。


池江師の「尋常じゃない弾力性」とは
おそらく筋運動の弾性と粘性が
高次元で融合していることを表現したのではないかと
私は思うのですが、

そうであれば
弾性をBuckpasser が
粘性をSecretariat やSir Gaylord  が
それぞれの良さを連動する形で
発揮させていることになるのはないでしょうか。 



一方、欧州の産駒で見ると

1000ギニーの有力候補になった
Toulifaut・仏G轡マール賞(2歳牝・芝1600m)を始め

Queen Kindly・英G競蹈Ε供S(2歳牝・芝1200m)
Fair Eva・英G轡廛螢鵐札好沺璽レットS(2歳牝・芝1200m)

この三頭はBlushing Groom のクロスがあるという
明確な特徴が出ています。

ここは注目に値するポイントです。


その中でもQueen Kindly の血統は
母母父がChief's Crown ×Habitat のGrand Lodge。

Queen Kindly は
(ディープ産駒が何度も大活躍している)シャンティの重賞で
直線で豪快に差し切った馬なのですが

このQueen Kindly の持つGrand Lodge は
Secretariat とSir Gaylord の半兄弟クロス
つまりSomethingroyal の4×4持ち。


いわゆるナスキロ血脈でも
欧州系と北米系では
やや違うニュアンスを持っているのではないかと
私は考え始めているのですが、

「ダートも走れるしなやかさ」の
北米系ナスキロを合せることが
瞬発力を要求されるシャンティや
軽い日本の芝で
Frankel を走らせるポイントになってくるのかも。


ちなみにミスエルテの場合は先述したように
母のミスエーニョが
Secretariat 4×5ですから
Somethingroyal の5×6。

母系に
Somethingroyal +Danzig
Somethingroyal +Buckpasser

このような配合的特徴を持ったFrankel産駒に
個人的には注目していきたいと思います。


この点からみると現2歳では
イルーシヴハピネス、Eden's Causewayの2014
が面白そう。

イルーシヴハピネスは絞れてくるようなら
配合的には相当走りそうな気がするんですが…。


現1歳では
パーフェクトトリビュートの2015に注目。

Sadler's Wells のクロスがどうかも、
Frankel を日本向きにアジャストさせる意味では
面白い馬だと思います。


ケイアイF生産ですが、ロードでは募集なし。

となれば
ダノンシャルマンよろしく
ロードの募集ツアー前に庭先でダノックスに売却されていて
池江厩舎なんてことになれば
ミスエルテの今後の活躍次第では
猛烈に人気しそうな予感がします。

 
最後にもうお気づきかと思いますが
日本で勝ち上がったFrankel産駒2頭、
欧州の重賞馬3頭、

全て牝馬



これをして「フィリーサイアー」と呼ぶには
まだ時期尚早ですが、

Frankel からPOG期間に活躍する馬を探すには
牝馬にあたりをつけるのも
現時点ではアリなのかなと思います。 

gotoupog at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)POGネタ会 | 外国産馬


管理人の連絡先
pogdevil@outlook.jp
にほんブログ村
Google検索











google検索
ブログ内検索



カテゴリ別
最新コメント
PV数

    訪問者数(UU)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計: