ミスセレンディピティの2016  牝  4月6日生まれ

父 キングカメハメハ
母 ミスセレンディピティ
母父 Not for Sale
生産 ノーザンF
馬主 野田みづき
厩舎 未定

2017セレクトセール1歳
落札者 野田みづき
落札価格 1億1340万

馬体写真

ブラックタイプ


【レビュー】

今年も南米を推しますよ!

母はアルゼンチンの古馬チャンピオン牝馬決定戦である
亜G汽┘好肇譽献礇溝臂泪妊スタフ(牝・芝2000m)を
1分57秒台の好時計で4馬身差快勝。

連戦連勝でチャンピオンになったタイプではなく
ツボにハマれば強烈な勝ち方をするタイプでした。 


その勝利が評価されアメリカに移籍。

移籍後はしばらくもどかしいレースが続くものの
米G競汽鵐織弌璽丱H(牝・芝2000m)で2着とすると

続く米G汽殴ぅ爛蝓S(牝・芝1800m)では
ゴール直前に先頭を強襲しG2勝目を飾りました。


母は時計が速いレースにめっぽう強い馬で、
ノーザンFが母を導入したのも
そのあたりを評価してのものかと思います。


母父Not for Saleは既に他界してしまいましたが
アルゼンチンの名種牡馬。

現役時は芝1000mのG気鮠,辰織好廛螢鵐拭爾如

種牡馬入りすると
UAE三冠Asiatic Boyなど産駒が活躍。


中でもノーザンFは
このNot for Sale産駒の活躍牝馬を積極的に導入していて

サファリミス(亜G汽潺襯ニーズ)
ライフフォーセール(亜G汽屮┘離好▲ぅ譽構B臂)
バラダセール(亜G汽札譽シオン大賞)

も繁殖牝馬として繋養されています。


特にバラダセールは
現役時に吉田勝己氏がトレードで購入し
セレクシオン大賞に出走したほど
早くからノーザンFが注目していた馬でした。


中でも私は母が芝の大レースに勝った
ミスセレンディピティとサファリミスに注目していて、

今年のセレクト1歳に上場予定だった
サファリミスの2016(父ディープインパクト) も
とても楽しみにしていたのですが、残念ながら欠場。

しかしそのサファリミスとともに、
アルゼンチンのサンイシドロ競馬場の
速い時計のG気鮠,辰織潺好札譽鵐妊ピティは
産駒の芝での活躍が期待できるのではないでしょうか。


基本的にNot for Saleはスピードが勝った血統ですが、

自身はSwaps4×3を持っていて
Asiatic BoyがUAE三冠を制したり、
バラダセールがダートのG気2勝しているように
ダートも問題なく走れるパワーも持ち合わせています。

こういう部分は
Indian Charlie系とも
アメリカ大陸に根付いたCaro系特有の
万能さを見せています。
(Uncle Mo産駒は芝でも活躍しています)


本馬はキングカメハメハ×Not for Saleのカップリングで、
これは現2歳のロクセラーナ(栗・角居)で試されており、

本馬を指名する際は
ロクセラーナの走りを参考にしたいところです。


またキングカメハメハ×アルゼンチンの牝系からは
ディアデラマドレ、ディアデルレイのきょうだいが出ています。

本馬にはサンデーサイレンスが入っておらず
母系は粘りとパワーが豊富な血統なので
ディアデラマドレほどの切れは期待できないかもしれませんが
絶対能力の高さで
クラシック戦線に乗って欲しいですね。