馬名:ジナンボー

父 ディープインパクト
母 アパパネ
母父 キングカメハメハ
馬主 金子真人HD
厩舎 美浦:堀宣行

全兄モクレレのレビュー:アパパネの2014


全兄のモクレレが
気性的に特殊というか
お友達になりたくない系の性格をなさっているようで
2歳時は調教入りすらゴネて

入厩からデビューまでに
何と半年以上かかってしまったという逸材。


しかも本馬に関しても
気性に関する潜在的な危険性は各媒体で指摘されており

母のアパパネはPOGの指名馬でしたが
正直かなり引き気味に構えていました。


アパパネの指名理由が
私が祖母のソルティビッドのファンだったからで
ソルティビッドはパドックで何度か見たことがあり
狂気を孕んだ目つきだったことを思い出します。


また馬体的にも
モクレレはスケール感のある窮屈さのない作りでしたが
ジナンボーの場合は
肩まわりから首さしにかけてややSalt Lake的な硬さも感じ

3/4同血の叔母にあたる
パローマもその理由で評価を下げたこともありました。


また堀厩舎に預託される馬は
「良血だから」というだけではなく

それこそモーリスの移籍がそうであったように
「難しい馬だからこそ信頼して堀厩舎に」
というケースが多い印象が私にはあって、

金子氏がこの馬の難しさを感じておられたからこそ
国枝厩舎ではなく堀厩舎への預託なのかな
とも感じます。


・・・思い出の指名馬の産駒なのに
私が下げた理由がおわかりいただけるでしょうか。


しかしながら
ここまでの育成過程は至って順調で、
早ければ
18日や24日の東京芝1600mあたりでのデビューもありそう。


帰厩したモクレレも
坂路では動くようになっていて、

まともな調教が積めず
レースも窮屈なものになった初戦でも
脚は見せていたので、

「脚が遅い」という血統ではないはず。


そして配合そのものは
私はとても評価をしています。


配合をいいと思ったからには
例え全兄の結果が出ていなくとも
追いかける価値はあって、

指名したからには
うちのメンバーを驚かせるような活躍を期待しています。


ただしこうまで書いた以上
活躍してもドヤ顔はできませんねw