2014年11月26日

【速報】トーセンラーク、Jpn2兵庫ジュニアグランプリ3着

ダート初出走のトーセンラークは
2着に接戦も及ばず3着に終わりました。

レース映像

馬券は
◎トーセンラークから
結構自信があってnetkeibaにもコメント書き込んでみた
○オヤコダカ
あと中央の▲ウィッシュハピネス△キャプテンシップへの
頭固定流しだったので大惨敗です。


スタート直後に
トーコーヴィーナスが
豪快にカットインしたおかげで、
オヤコダカ、ゲイルヘイローと
連鎖的に内側にヨレ、

その影響で
ゲイルヘイローにトーセンラークが弾かれ
さらにインにいた
キャプテンシップにも接触する不利。


キャプテンシップは
ポジション的にも精神面でも
ここでほぼレースが終わってしまいました。


トーセンラークは
先団を見る形で進めましたが、

3角入口(残り2F)では
前に取り付けず

こうなると、
4角出口で外に振られてしまうため、

この馬場の園田の交流重賞で
勝ち負けをするには
一つポジションが後ろだった感じでした。


短い直線では大外に持ち出し
いい脚で伸びるも
エンジンがかかりきる前に
ゴール板を迎えてしまいました。


2着オヤコダカを
完全に交わす勢いだっただけに
本当に残念なレースとなってしまいました。


ただあの不利があっても動じない
トーセンラークの性格は
(返し馬でスタンドに愛嬌をふりまいていたそうですw) 
牝馬としては本当に素晴らしいし、

横山典騎手も
さすがのエスコートだったと思います。


今回に関しては、
田中学騎手、川原騎手という
園田を知りつくしたジョッキーの腕が
光ったレースだったと思います。


さてこの結果を受けてですが、

戦前は
トーセンラークは阪神JFにも使うという報道もあり
ローテは流動的でしょうが、

今年もう1戦するとしたら、

左回りの急コーナーで
美浦からもそれほど遠くない
川崎の全日本2歳優駿の可能性が
一番高そう。


今はコーナリングのうまさが
武器になっていて
左まわりにも実績があり、

今回も最後伸びているように
この距離からマイルまでくらいが
向いていると思うので、
チャンスはあると思います。 


賞金的には
ディアドムスが当確で、
トーセンラークも希望したら当確、

ウィッシュハピネスも
希望したら当確なんですが
距離がどうか。


中央枠残りは
タップザット、ブルドッグボス、
ペプチドウォヘッド、ワンダフルラスターから
1、2頭になりそう。 

この中央2勝組は
出走したら上位人気でしょう。


今回勝った
ジャジャウマナラシの成績を考えれば、

これに2戦続けて1秒差をつけて勝っている
ストゥディウムが
NAR勢2年連続制覇も
現実味がありそうです。 


ただ川崎のコース形態を考えれば
強行軍になりますが
オヤコダカはもう1回買ってみたいです。 

gotoupog at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)2014-2015 


にほんブログ村
Google検索











google検索
ブログ内検索



カテゴリ別
最新コメント
PV数

    訪問者数(UU)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計: