崩壊の危機泉谷棚田その2

064
険しく狭い県道はガードレールがあるので離合困難だが転落の危険はないけれどそこから棚田に向かう道は危険な道だらけです~離合はできません(落ちないように走るのが小型車でも難しい)039
平地はまだ猛暑ですが既に彼岸花が咲いて秋の刈り入れ時の雰囲気になっています~ほんとの田舎の風景ですが来る途中で原発がそう遠くない場所にありました・・・032
棚田への入り口は下と上にあり今回は上から降りてみました(かなり遠回りで険しい道)~数台停めれそうな駐車場が木立の中にあって棚田が姿を現します~日陰は涼しいですが虫がかなり多いです・・・033
小規模ですが噂どおり秘境の絶景棚田です~谷底まで急斜面に小さく面白い形の棚田が続いています~036
054
かかしは棚田オーナーさんが作り、コンテストもあるようです~トイレは水車小屋にあります~085
水を棚田に引き込む工夫が面白いです~上から順番に入れる所とはだいぶん違います~076
傾斜が急だと広い棚田が作れません(広いと下との高低差が大きく壁が壊れやすくなる~蕨野の日本一の高石積みは正に圧巻で普通広い面積を数段に分けている)079
棚田は季節によって景色がずいぶん違ってくる~稲刈りまえの稲が実った状態が一番美しい(田植え時期の水を張った水面に雲や夕日が映るのもいいが稲あっての棚田だと自分は思う)080
ここ程下に降りるのに苦労する棚田はありません(道がないので機械は入れません)092
たくさんの棚田オーナーさんの看板があります(見た中では1番多い~こんな所で田植えしたんですね!)095
細い人が歩ける程度の道や階段があるのですが全部の棚田には続いていません~どうやって作業しているのか想像つかない場所です~石積みでない棚田はよく壊れると言っていました(畦道を歩き回ると危険?)103
石積みのない棚田の稲は何か違う生物のようにも見えとても不思議な光景です~日光の棚田もそうでしたが小規模な棚田なので若い後継者が3人もいればこの風景は守れます~自分は仕事をリタイアしたら庭師になると若い頃から言っていましたが棚田の後継者になってもいいなと考え始めています(今の食の安全が難しい時代は山奥で自給自足以外に本当の安全はありません)~この棚田がいつまでも続いてほしいものです~

崩壊の危機泉谷棚田その1

062
棚田マスター絶賛の5つ星泉谷~日本一辺鄙(集落から棚田への道がない)と表現した日光棚田より遥かに辺鄙な場所にある~はっきり言って周りは山しかない・・・地方都市から遠く離れ道もかなり険しい~港からいくつ峠やトンネルを通ったかわからないほど奥地にある~県道から泉谷棚田案内看板の先は道がないと思った程の急傾斜の道だった~松山道内子五十崎インターがそう遠くない所(麓からひと山越えた場所)できているので現在は松山方面へのアクセスはそんなに苦労しないと思う~046
泉谷棚田は石積みと土の棚田が混在している~現在棚田農家は3軒に減り北側半分近くの石積みの棚田農家のおじいさんが今年の田植え後に亡くなり来年の田植えは行わないと家族の方は話していた~あとの大部分は棚田オーナー制度会長さんの棚田で調べると2万円出して田植え等の作業に参加できれば約30キロの米が分けてもらえるとのこと~下の方の棚田は高齢(86歳)のおばあちゃんが一人で細々とやっているそうだがもうそろそろ農作業ができなくなりまもなく百選泉谷棚田は1軒残るのみになりそうである・・・・・045
この辺りは会長さん(まだまだ元気だがかなり高齢)の棚田でまだ消えることはないと思う~暑いが外に出て棚田を見守っていた~「ここは麓よりいくぶん涼しいよ」とカンカン照りなのに軽く言っていた~068
上から見下ろすととんでもない傾斜地に棚田があるのがよくわかる~高齢のおばあちゃんの姿は見れなかった089
ここの米は早生品種の為もうそろそろ稲刈りが始まるそうです~休耕田がない状態での最後の美しい姿を見ることができて本当によかった~ここはあまりにも辺鄙な場所なので後継者つくりは難しいでしょうか?

Tweet☆筑豊座談会余った肉食べる会

005
8月20日夜に前回のTweet☆筑豊座談会BBQで余った肉を食べる会を会費500円で野菜を買って涼しい室内で行いました~高級和牛も少し残っていて十分な盛り上がりでした~今回は自分が調理して最高の焼き加減だった(前回は暗いうえ1度に乗せる量が多くて焦げてた)ので安い豚肉やホルモン等もとても美味しく食べました~006
前回撮り忘れたアヒージョも今回あります~チーズフォンデュはまた忘れました~基本的に野菜たっぷりヘルシーなイベントでした~次は外が涼しくなってやります~Tweet☆筑豊座談会をよろしくお願いします~
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ