2011年01月x日

座学講習前にヤングさんと合流させてもらって、地蔵トークしながらちょいちょい声掛けしました。

いかにも暇そうな子が現れたので声をかけると、案の定ぶらぶらしてるだけだそうで早速カラオケに連れ出し。

若干渋る感じがあったけど、それほど主張が強い感じの子でもなかったので、少し強引に誘って連れ出しました。

移動中の会話もまあまあ盛り上がったと思います。

いつもの反省を活かして、部屋に入ってから早めの展開でギラツキ。
ここまでさして嫌がる反応も無くきたのでよい展開かと思いましたが、ここでまさかのグダ。
理由はお金もらわないとしない主義だとの事。
このパターンは今まで無かったのでどう対処してよいのか分かりませんでした。

こういう状況は自分のことを試されてると思ってしっかりとした対処していきたいものです。
「断るにしてももう少しマシな理由はないのかよ」くらいのことを言ってもよかったとかと思いました。

崩すのも無理そうだし、講習時間も迫っているので、時間をそこそこで切り上げて一応バンゲだけして放流しました。

結構おとなしそうな感じの子に見えたので意外でしたが人は見かけによらないと良い勉強になりました。

割とそういう事が多い気がするので改めて自分の先入観には注意が必要だと思いました。

講習時間になっていたので、急いで河木さんに連絡して合流しました。

今日で長らく続けていた長期講習にいったん区切りをつけさせてもらうことにしました。本当はいろんなことを話したかったのですが、なぜか全然言葉が出てこなくて沈黙してしまいました。

河木さんには今後どうしていくのか聞かれたのですが、自分でもちゃんと決まっていなくて、はっきりと答えることが出来てなかったかと思います。

ここしばらくいろんなことが重なって気持ち的に余裕が持てなくなっていたというのもあったので、これを機にこれからのことは少し落ち着いて考えてみたいと思います。

ここまで続けてこれたのは我ながら良くやったなと思うし、それが大きな自信になったことを間違いないです。ここまで導いてくれた河木さんには本当に感謝したいです。

これからも理想の自分に少しでも近づけるように、あきらめずに行動し続けて行きたいと思います。