2008年02月06日

島紋

やってるか?野郎ども!

 復活早々悪いが、今日は今から出張が入ったため、講義は触りだけだ。勘弁してくれ。

 今日から『紋』についての講義に入るぜ。

 二年前に『紋』についていろいろと講釈たれたが、ちゃんと覚えてるか?覚えてねー奴はちゃんと復習しておけよ。

 手相を読むうえで、この『紋』てやつも意外と重要だぜ。何度も言うが、手相は線だけじゃねーんだ。線だけ見てうんちくたれてる手相占い師が居たら、そいつは偽者だ。

 その『紋』のなかで、ミノル様的に『悪魔の紋』と呼んでいるのが、今日から紹介する『島紋』だぜ。

 この『島紋』ってのは厄介な、紋で、現れた場所によって、とにかく良くないことが起こりうることが予想される記だ。

d8a669d1.jpg

 左の図のように現れるのが『島紋』だ。線のないところに現れるのもあれば、線の途中、線の最初、線の最後に現れるものもあるが、だいたいが悪い知らせだと思ってくれていいんだ。

 後々、いろんな線のところで、この線に島紋があらわれたら、どうなるんだ?とか説明はしていくつもりだが、まあ、いずれにしろ良くないことであることは間違いねーぜ。

 だが、びびることはねー。

 前にも言ったが、手相なんてものは三ヶ月もすれば変わってくるもんだ。生活態度、考え方をころっと変えちまえば、手相も変わってくるはずだ。まあそう簡単に、考え方なんて変えられねーのが現実ではあるがな・・・。

 と一般的な島紋の講釈は、こんな感じだ。

 なんだ?それじゃあ普通の手相占いと同じだって??うるせー。いくらミノル様でも、こんな島紋の触りだけで、やれる女がいるのか?なんてわかりゃしねーんだよ!!

 今日は触りだけ、次回はこの島紋についてじっくりと教えてやるぜ。

 余談だが、俺様の手にも島紋があるぜ。しかも心臓病にかかるかもしれねーっつー恐ろしい場所に・・・。自爆だよ!

 じゃあな、野郎ども。自分の手を見て、島紋発見して、悪魔がやってくるのを楽しみにしてるんだぜー!→ぷち


gouminoru at 14:06│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール