2011年04月26日

第3回社保審第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会が開催される(4月19日)

厚生労働省は4月19日、第3回社会保障審議会第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会(部会長・本田勝彦・日本たばこ産業相談役)を開催し、第3号被保険者不整合記録問題対策に関する論点について議論を進めた。主な論点と意見は次のとおり。

。街翩埓姐膣間についてカラ期間+特別追納という措置にするか:「本人にも責任があるが制度的な責任もある」として、1号未納期間の特例納付を認め、追納しない期間はカラ期間とする抜本改善策の方向性を指示する意見が多かったが、「安易にカラ期間を設ければ、将来何か別の問題が発生した際に、また同じように対応せざるを得なくなる」(海辺委員)と慎重な意見もあった。また、山崎部会長代理は新たにカラ期間などを設けなくても25年の受給資格期間を10年に短縮すればすべて解決すると指摘し、3号不整合期間の特例として対応するのではなく、一般的な無年金・低年金対策として対処してはどうかと提案した。仮に受給資格期間を10年に短縮すれば、参議院で審議中の年金確保支援法における10年後納の規定と合わせて受給権確保が可能になる。この提案に対し岩村委員は「25年を短縮する方向性には賛成だか、この3号問題だけの議論で決めるには財政的な影響が大きすぎる。年金制度全体を通した議論が必要ではないか」と意見した。

過去に支払われた年金の返還を求めるか:受給者への過払い分に関しては、「返還を求める」という意見でおおむね一致したが、どこまで求めるかなどで意見が分かれた。岩村委員は返還を求める事例が同時に多数発生することから、実務上の問題や返還にかかるコストを勘案し、「内払調整で対応できる範囲内で返還を求めるのが現実的だ」と指摘。費用対効果を横にらみに、必ずしも全ての返還を求めなくてもいいと主張した。一方、大山委員などからは、「過払い相当分の返還を求めるのではなく、今後支給される年金から未納保険料相当額を差し引いてはどうか」といった意見が出されたが、受給者の年金から保険料を天引きすることが論理的・技術的に可能なのか、当局が次回会合までに検討することになった。

将来の年金額を減額するか:将来の年金額に関しては、「若い世代の年金に対する不信を強めてはいけない」とする意見が多かった。しかし、岩村委員は「多くの減額事例が発生し、多くの受給者が訴訟に持ち込む可能性がある」ことを懸念。「個々の事例ごとに当局が争わなければならず、膨大なコストがかかる」として、減額はしないほうがいいと主張した。

ぃ街翩埓姐腟録を訂正した者、ケ人傳街罎亮茲螳靴い鮗けた者について特例措置を適用するか:すでに不整合記録を訂正した者に対する特例措置の適用については、「まじめに訂正した者が救われないのは不公平」として同様の適用を求める意見と、「3号不整合期間がある者のみ特別扱いするべきではない」とで意見が分かれた。
運用3号の取り扱いに関しては、「国民的な感情からすれば運用3号の取り扱いを残すのは違和感がある」(本田部会長)として、通知の下でなされた裁定であっても取り消し、特例措置を適用すべきとする意見が多かったが、岩村委員は「行政が正面切って運用3号の取り扱いを実施した以上、後になって『やっぱりやめたから年金を返せ』というのは難しい」と強調。この件に関しては過去に判例から行政が敗訴する可能性もあるとして、不公平であっても運用3号の取り扱いを受けた者は変更すべきではないと主張した。

Δ修梁召力静澄特例追納における保険料額の水準や分割納付の期間に関して、年金確保支援法の後納制度と同じ水準にすべきとする意見が出された。障害・遺族年金の受給権への影響に関しては、「慎重な対応が必要」であるとして、受給権の保護を求める意見が多かった。不整合記録の訂正により受給権が失われる障害者については、福祉的観点から特別給付金を支給することも提案された。将来に向けた再発防止策としては、健康保険組合に情報提供を求めるほか、税と社会保障の共通番号制の導入を急ぐべきとの意見もあった。
  
Posted by gounai14 at 16:10Comments(0)TrackBack(0)社会問題

2011年04月21日

第2回社会保障審議会第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会が開催される(4月11日)

厚生労働省は4月11日、社会保障審議会第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会(部会長・本田勝彦/日本たばこ産業相談役)の第2回会合を開催し、第3号被保険者の不整合記録状況について粗い推計を発表した。
 それによると、現在、第3号被保険者にかかる不整合記録を有する者は約97.4万人で、そのうち年金額に影響があると考えられる人が約47.5万円いることが判明。この47.5万人は、不整合記録を有する約97.4万人のうち、年金額に影響がない同月得喪にかかる不整合記録のみを有する人と、まだ保険料を納めることができる直近2年間に不整合記録を有する人とを除外したもの。このうち約5.3万人は、すでに不整合記録を有する記録をもとに年金裁定を受けている。
一方、既に不整合記録を過去2年以上にさかのぼって訂正している人は約117.6万人。このうち約50.3万人は訂正した記録に基づく年金を受給している。細川厚生労働大臣が3月8日に示した抜本改善策案の方向性と論点では、過去に訂正した期間についても保険料の追納ができるよう検討するとしている。
今後、運用3号に代わり実施される抜本改善策によっては、最大約165.1万人(47.5万人+117.6万人)の年金額に影響がでる可能性がある。
このほか、不整合月数についても推計が出された。年金額に影響があると考えられる約47.5万人の一人当たりの不整合月数は、受給者で約6.8月、被保険者等では約23.5月だった。また、最長の不整合月数は、年金受給者では128月(10年8カ月)、被保険者等では224月(18年8カ月)だった。
なお、これらの推計は日本年金機構の社会保険オンラインシステムから抽出したデータや1400人に実施したサンプル調査等をもとに導き出している。
【運用3号の取り扱いの対象となる期間を有している人の状況を報告】
 厚生労働省は同日、運用3号が適用された平成23年1月1日から2月24日までの55日間で裁定を行った人のうち、運用3号の取り扱いの対象になる期間を有している人の状況も報告した。同期間の裁定者のうち、運用3号の取り扱いの対象になる期間を有している人は1314人で、そのうち年金額に影響があると考えられる人(不整合月数が1月以上ある者。不整合月数には保険料納付が可能な直近2年の間にある月数は含まれていない)は988人だった。
 内訳は、不整合月数が1月以上1年未満の者が651人(65.9%)と最も多く、1年以上5年未満の者が233人(23.5%)、5年以上の者が104人(10.6%)となった。また、988人の一人当たりの不整合月数は約19.9月、不整合月数が最も長いのは259月(21年7カ月)だった。
  
Posted by gounai14 at 23:41Comments(0)TrackBack(0)

民主党が第1次補正予算の素案をまとめる−厚生労働関係は7640億円(4月12日)

民主党は4月12日、平成23年度第1次補正予算の素案をまとめた。総額は4兆円で厚生労働省関係は7640億円に上る。被災者の医療や介護を確保するため、医療費窓口負担軽減等では1140億円を計上した。一方、財源については子ども手当上積み分(2千億円)や基礎年金国庫負担率引き下げ(2.5兆円)が候補に上がっている。
 補正予算額は4兆円程度でこのうち、厚生労働省関係は7640億円程度と、公共事業関係費1兆2900億円に次いで大きな額となっている。厚生労働省関係の内訳は、災害救助関係(4830億円)/災害復旧の施設整備(1030億円)/医療費窓口負担軽減等(1140億円)/雇用関係(510億円)/事業者融資関連(120億円)。
災害救助関係は、仮設住宅設置の経費(約7万戸)が3620億円、災害弔慰金480億円、災害援護貸付金等600億円、高齢者・乳児ケアなど避難所等の支援110億円からなる。災害復旧の施設整備は医療、介護、児童、障害等に関連する施設整備・復旧、自家発電設備設置など。
 医療費窓口負担軽減等については、これまで事務連絡等で示されているように医療保険、介護保険、障害者福祉サービスにおいて、被災者の窓口負担や保険料負担の減免などを実施する。
 雇用関係は被災離職者等の就業支援を実施するほか、事業者融資関係では被災した社会福祉施設などを支援する。
 補正予算の財源は厚生労働省関係の政策経費が多く想定されている。政府が法案提出を取り下げた子ども手当て上積み分の財源は2千億円、基礎年金国庫負担率の引き下げ分で2.5兆円がある。基礎年金の国庫負担は2分の1が法定されているが、23年度はいわゆる埋蔵金を使って一般財源で足りない分を埋めることになっていた。その埋蔵金を補正予算に転用する考えだ。
  
Posted by gounai14 at 11:52Comments(0)TrackBack(0)社会問題

2009年12月28日

今年も暮れていきますね

今年も暮れていきます。
景気の悪さはやはり並大抵なものではないですね。
来年は二番底がくると、大方の経済学者は予測しています。
リーマン・ショックの次はドバイ・ショック。次はヨーロッパだという噂もあります。

一方、日本は大丈夫だという経済学者もいます。
日本銀行はアメリカや中国のように、輪転機でお札をあまり刷っていません。アメリカや中国は尋常ではない、ケタ違いの額のお札を刷っているといいます。

最近、ようやく30兆円ほどを市中にだしたようですが。


  
Posted by gounai14 at 16:03Comments(0)TrackBack(0)社会問題

2009年06月17日

ご無沙汰しています

すっかり、ご無沙汰してしまいました。
麻生総理はやはり判断を誤ったのでしょうね。
株とか債券とか、投資は逆バリっていうのがありますが、よもや、世間の意見と完全に逆をいく、決断には口あんぐりですね。
でも、小泉とか中川(893)が相当脅しをかけたんでしょうね。でなければ、世論に逆行する判断を下すはずがないですから。いくら世襲議員の麻生さんでもね。  
Posted by gounai14 at 12:10Comments(0)TrackBack(0)雑感

2008年08月28日

オリンピックも終わりましたね

 一党独裁国家が開催した北京オリンピックが終わりました。国威発揚とはいいますが、本当に発揚したのでしょうか。あらゆる矛盾を圧政下に封印し、開催しただけに今後、噴出することが容易に想像できます。

 あの民族だから逆に民主化したら、手がつけられなくなると、指導者は考えているのかもしれません。止めどなく、抑えのきかない民族ですから、野放図にそれこそ国が崩壊しようがなにしようが、俺には関係ねーってな調子で、求めてくるんでしょうね。4000年の歴史はあっても、それは単に長いだけで、長い歴史の中で教訓とされて活かされているものが果たしてあるんでしょうか。

 役人の腐敗とか汚職とか、聞こえてくるのは厳しく縛らないともうどうしようもないところまで、いっているということ。世界の工場としての役割もそろそろ終焉を迎えているようです。人件費も上昇しつつあり、平気で毒物をいれたものを、輸出する国ですから。いや、民もですから。

 それに、中国に国を売っている政治屋を本当に一掃しないと、日本はよくならないです。中国だけではなく、朝鮮人寄りの言動を繰り返している政治屋も掃除しないとだめです。  
Posted by gounai14 at 12:06社会問題

2008年01月25日

インフルエンザとうつ病と船場吉兆とUFO

朝の通勤通学時に、マスクをしたサラリーマンやOL、学生さんを多く見かけます。会社内でも、終日マスクしたOLが結構います。インフルエンザが流行っているようです。この時期、残業続きで疲労が溜まって、抵抗力が落ちた途端にかかってしまいますので、一に睡眠、二に睡眠、三、四に栄養のある食べ物を食べて、抵抗力を付けておきたいものです。会社内のOLがマスクをしているのは、予防のためというのがその理由です。誰でも、風やインフルエンザにはかかりたくないものです。

一番腹が立つのは、満員電車でくしゃみをする輩。飛沫が全車両に拡散してしまうではないか、と内心思ってしまいます。お互いに、配慮したいものです。咳が出始めたらマスクして、人に移さないのが礼儀です。

日本人にうつ病が流行り始めたのは、やはり年功序列が崩れ、個人主義や能力主義、実力主義という、アングロサクソンお得意のグローバルスタンダードを、日本に持ち込んでからではないかと、内心思っているものです。小泉改革がさらに拍車をかけたともいえます。護送船団方式がいいとは必ずしも思っていないが、日本式を全部否定してしまっても良いのだろうか。ちなみに、昨年入社した学生たちへのアンケートでは、半数近くが終身雇用を望んでいるという。原点回帰ではないだろうが、終身雇用は日本式の最たる雇用体系だったはず。若い人たちが、それを望んでいるとは何とも皮肉なことではないでしょうか。

懲りない偽装を続けていた、船場吉兆。あの女社長は相当なワルとみた。知らずに持ち上げたグルメ評論家は、全員頭を丸めるべきではないか。営業再開するようだが、徹底的に初心に戻らなければ、お客は戻ってこないと思います。謝罪会見でも、本当に幼稚園児の学芸会ではあるまいし、いちいち母親のいうことをおうむ返しのように、しゃべる息子も息子だ。あの一族はもはや駄目だしをしないといけないと思う。

降って湧いたUFO談義。防衛省としては、制空権を握らなければならないので、緊急出動は十分あり得る話し。話は変わるが、友人にUFO研究家で社会保険労務士がいる。いまでも、たま出版から本を出版しているようで、彼は十分に確信を持って実在を信じている。学生のときからの友人なので、おいらもいると信じている。
  
Posted by gounai14 at 17:40Comments(0)TrackBack(0)社会問題

2008年01月24日

篤姫と北京五輪とオシム監督とサブプライムローン問題と日銀ダーティ総裁

 宮崎あおい主演の篤姫。世間では視聴率がイマイチとか言われているが、そんなに期待されての起用だったのか疑問があります。話題性だけで、宮崎あおいを抜擢したのだろうか。風林火山は確かに面白かった。日本人はやはり戦国時代ものが好きなのであろう。幕末ものは、あまり視聴率が稼げないといういわれがあるようだ。

 8月に迫った北京オリンピック。その前に、経済が持つのかと懸念されている。中共が何とか下支えに狂奔するだろうが、ファンダメンタルズだって、不安定な共産国家に株価下落が追い打ちをかけるのは必至。オリッピックが終わったら、国家がガタガタになるのではとエコノミスト連中からは言われている。不良外国人の輸出国だから困ったものだ。

 サッカー全日本代表のオシム監督が息を吹き返したとか。集中治療室に入ったときは、さすがに治療するだけして、最後は家族に任せるようなニュアンスの記事が流れたが、意識もハッキリし、岡田監督はつなぎではなく単なる代理と言っているようで、見る方としてはオシムサッカーのほうが、ワールドカップ予選通過は当然として、本大会でも上位に食い込むのではないかと期待感が持たせるように思うのだが。岡田監督は、カズこと三浦和良のときに味噌をつけた。カズも髪を金髪に染めたりして、調子に乗ったが、一応最後まで見たかった。

 景気の足を引っ張っているサブプライムローン問題。そもそも、問題の発端は、アメリカの低所得者に高利のカネを貸し付けたことに問題がある。審査も不十分で、住宅があるからといって、貸し込むなんざ、やはりいい加減のそしりを免れないと思うが。
 そのサブプライムローンを証券化して、金融商品にして売ったことが、全世界をパニックにと陥れた要因なのでしょう。アメリカ国民の享楽的な消費生活を支えるために、借金大国日本がせっせとカネを運んでいたというのだからと、アングロサクソンとか、グローバルスタンダードなどという、横文字に騙されてはいけません。
 中国はアメリカの国債売却を脅しに使おうとしているが、日本は腰砕けなので、間違ってもそんなことはおくびにもださない。本当に、日本は舐められっぱなしの国になってしまった。生活にあえいでいる国民がいるというのに。日銀のダーティな総裁は、利上げを虎視眈々と狙っているという。経済を知らない奴を総裁にし、国会同意人事ってなんだろう。今まで、形式的に自民党が同意していたから、問題が表面化支那かったのだろうが、よく考えてみたら、国民の不利益になる人事を自民党は平気でやってきたんですね。
 
 年金も百年安心とかふざけたことを僅か3〜4年前に平気で言っていた与党もあったんです。亡国政党はハッキリ言って、無くなってほしいの一言です。
  
Posted by gounai14 at 15:31Comments(0)TrackBack(0)芸能社会

2007年10月16日

花田勝と沢尻エリカとクローズド・ノートと箱根温泉

 13年間の結婚生活を経て離婚した花田勝。3代目若乃花ですね。弟の貴乃花といい、花田家は波乱に富んだ家系と言えますね。叔父の初代若乃花は青森県の豪農に生まれたものの、破産。一家で北海道へ渡ったところで、巡業中の親方の目に止まり、相撲の世界へ。若い頃、近くでみたことがあるけど、極端に体格に恵まれてはいなかったです。年上の奥さんでしたが、花田勝の猛アタックの末の結婚だったと聞いています。子どもを4人も設けながら離婚ですか。人生とはわかりません。不倫が原因のようです。女子大生との。それ以外にも女性にはマメなようで、移り気の激しいのは花田家の専売特許でしょうか。
 
 若花田は3代目の若乃花です。親父の背中をみて育ったから、相撲取りになることは刷り込まれていたのでしょう。でも、父親の貴乃花は病床の身で離婚を切り出されるという晩年はかわいそうでしたね。一家バラバラ、兄弟はいがみ合う、この一族はどうなってしまったのでしょうか。

 不遜な受け答えでバッシングの嵐が止まない沢尻エリカ。一応タレントなのだから、客商売を考えないと。時と場所、TPOをわきまえないと芸能界は生きていけないでしょう。映画のクローズド・ノートの評判はあまり聞かないが、沢尻エリカのゴーマンかました態度が映画の興業に影響を与えるのか注目されます。
 
 暑い暑いと言っていたのに、もう秋です。鍋も突つきたい頃になりました。鍋もいいですが、身も心もあったまるにはやはり温泉に限ります。箱根、熱海、草津が人気のようです。
  
Posted by gounai14 at 18:02Comments(0)TrackBack(0)芸能社会

2007年10月04日

沢尻エリカと田中美奈子と風林火山とドリカム

 芸能人は客商売。サービス業なんだね。結局は。確かに、芸術性を売りものにする場合もあるけど、所詮は判断するのは人間。観客なんだね。それを無視したような突っ張った態度を取ること事態、芸能人、タレントのやることではない。やるにしても、キャラの確立していない小娘ごときが10年早いことをやってはいかんな。

 早速、パッシングの嵐に遭っている。謝罪しているようだが、下手したら芸能界にいられなくなるぞ。長澤まさみといい、二十歳そこそこで、天狗になる芸能界ってやはりおかしな世界ですな。浮き沈みの激しい世界とは聞いているが、少しくらい売れたからって、何故か勘違いする輩が多い。

 田中美奈子って、まだ結婚していなかったんですね。知らなかった。四十路になっていました。

 風林火山の一話延長が決定したんですね。視聴率が高いんですね。冗漫なセリフが多いときと極端に少ないときがありますが、少ないときのほうが締まりますね。山本勘助は江戸時代の歌舞伎の世界でも人気が高かったとききます。軍師ですから、人間的にも魅力があったんでしょう。
 
 ドリカムの吉田美和って、結婚していたの初めて知りました。でも、旦那さんが急逝されたのには驚きました。電車の中吊りをみて初めて知りました。お悔やみ申し上げます。
  
Posted by gounai14 at 17:56Comments(0)TrackBack(0)芸能社会