IMG_1637
リッツのメインダイニング、イタリアンのちゅらぬうじへ行きました。全体が薄暗く、シックな雰囲気です。何人かフレンドリーなギャルソン君がテーブルについてくれました。Degustazioneコースと少し軽めの Mare e Monti 海と山コースにしました。
IMG_1634
まずは飲み物で乾杯。
IMG_1639
フォカッチャもたっぷりと。
IMG_1638

アミューズ。カルディクラッカーに載って来たのは鶏のペースト。
IMG_1640
オススメだったので、追加で頼んだ生ハム。軽井沢で長期熟成させたものだそうです。さすがに美味しかったです。
IMG_1641

前菜一品目。キャビア、沖縄県産海老などを塩水で味付けしたものとか。素材で勝負、ということでしょうか。ん??というお料理でした。。。
IMG_1642
IMG_1643
二品目。「擬卵」というタイトルのお料理。一見卵ですが、中にはトリュフのムースと沖縄県産の和牛フィレが、ひき肉の形で入っていました。ユッケですね。これもお肉の生の味が強かったけれど。
IMG_1645

軽めのコースの前菜。沖縄の海の色のガラスの器にサーモン、いくらなどが盛られています。ディルとバルサミコのソース。美味しそうでした。
IMG_1644
パスタはシークワサーのフェトチーネ。近海で取れた白身魚がちょっとツナのような感じでほぐして入っています。
IMG_1646

Degustazioneコースのパスタはラビオリだそうですが、「クランキーラビオリ」。皮を揚げたものの上にフォアグラとポルチーニがのっていました。。。普通のパスタがよかったです。
IMG_1647
 
そしてお魚。これが衝撃でございました。。。 沖縄の白身高級魚、赤仁ミーバイ(ハタの一種だそうな)のお料理でしたが、とにかく味付けが。。。忘れたの??と思うほど、何もついていませんでした。 少し甘酸っぱい薄いソースが下に敷かれてはいましたが。。。 Shock!!
IMG_1648
素材はよいものでしょうに。とても残念でした。 シェフや周りの人たちは味見をしないのかなぁ、不思議です。

気を取り直して。お肉。デグスタシオンコースのメインのお肉はちょっぴり。沖縄産の和牛フィレ肉サーロインだそうです。赤ワインのソースで。普通に美味しかったですが、もう少し量が欲しかったかも。。。
IMG_1649
軽めのコースの方がメインはしっかりとしたボリューム。沖縄県産豚肩肉のグリル。
IMG_1650

デザートです。「大地」というタイトル。土をイメージして、そこから新芽が出ているデザインだそうです。ティラミスの材料ですね。ますカルボーネとエスプレッソとカカオ。ハーブが何種類か使われていました。
IMG_1651
軽めの
コースは、パンナコッタ。ハイビスカスゼリーを添えて。美しいお皿でした。 
IMG_1652
お茶、お茶菓子などもついて。ダブルエスプレッソにも対応してくれました。
IMG_1653
IMG_1655

雰囲気もよく、心地よい空間でゆっくりさせていただき、環境は申し分なかったけれど。お料理の味が好みのものとはかけ離れていて、あまりに薄味というか味がなく、正直、とっても驚きました。他にレストランの選択肢もあまりないし。初めての宿泊客はレストランを利用するのでしょうね。アラカルトのパスタなどにするとよいのかもしれません。。。

20172月)

✳️ちゅらぬうじ✳️ 

http://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/okinawa/dining/chura-nuhji

⭐️⭐️もういいかな