2006年02月16日

食欲そそる赤色の食材

色が食欲をそそることは本当だろうか?

青色の大きなポスターが名鉄名古屋駅構内の太い柱すべてに貼られたときは壮観だった。

ちょうど1年前、中部新空港開港での全日空のPRポスターだった。

夏には涼しい水色、青色も、冬で見ると、体まで寒くなった。

色は人間の体に何かを感じさせることは間違いない。

では食欲は?

青色は野菜にはない色。

紫はあっても青色の野菜はない。

魚の刺身も赤色や白色はあっても、青色はない。

つまり自然界の食材に青色は存在しない色。

それゆえ青色は食欲をそそる色ではない。

では食欲をそそる色は何色か?

それは赤色。温かみを感じさる赤は、食欲を刺激する一番の色で、食欲をそそる。

にんじん、トマトは赤色。
人間が食べたくなる色には栄養価も高い。

そして液汁すべてが赤い果実がある。

それは地球で唯一パプアニューギニア島でしか生息しないレッドギニア(ブアメラ)、この貴重な液汁が日本でも手に入れることができるようになった。


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 笑顔が一番  [ 東京人 ]   2006年02月17日 02:18
新宿の駅で変な外人発見!その人が着てるTシャツっていったい・・・
2. ブアメラはなぜ赤い  [ 愛知大学野球リーグ ]   2006年02月22日 12:44
パプアニューギニア島にしか生息しない、赤い果実ブアメラは、赤い。
3. 野菜の原色は4つ  [ アトピーお掃除革命ENJO(エンヨー)ロハス楽エン ]   2006年03月02日 19:34
野菜の原色は赤、黄、緑、紫の4つ。 野菜の色素には、細胞の成分を酸化し、細胞機能を低下させる、活性酸素を消去して、体のサビつくのを防ぐ働き、抗酸化力がある。 約20億年も前、原始アメーバに好気性細菌が共生し、細胞は生物の進化における一大革命というべ...

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
広告
ads