2006年01月06日

スローフードとは

1986年、イタリア北部ピエモンテ州にブラという町がありました。

この町に住む食文化雑誌の編集者、カルロ・ペトリーさんが「アルチ・ゴーラ」という美食の会を作りました。

この会こそスローフードの始まりでした。

スローフードは「食」を通して新しい時代の価値を考えるものですが、古き良き食文化を現代に甦らせるものです。

このアルチが今や120万人以上という巨大な組織に発展し、世界的なムーブメントとなりました。

食の楽しみを人類へ呼び戻そうとするこの活動は、3つに指針があります。

一つは、姿を消しつつある郷土料理や質の高い小生産の食品を守ること。

二つは、質の高い素材を提供してくれる小生産者を守っていくこと。

三つは、子供たちを含めた消費者全体に、味の教育を進めていくこと。

です。

地域を愛する、地域の魅力を見つめ直す、地産地消をすすめるスローフード。

日本でも、スローフードという新しい時代文化が浸透しつつあります。

イイですね、スローフード。自然を楽しく美しく、ロハス楽エンの理念と共通しますね。


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. スローフード関連ブログ  [ 日本ロハス協会(旧ロハスクラブ・ロハスの会) ]   2006年03月24日 15:54
★スローフードとは(全国グルメ紀行) スローフードは「食」を通して新しい時代の価値を考えるものですが、古き良き食文化を現代に甦らせるものです。 ★ファーストフードに対抗するスローフード(全国グルメ紀行) ファーストフードの対極がスローフード、食のルネッサン....
2. スローフード運動  [ まるも創健社ボランティアNPO ]   2006年08月24日 18:20
イタリア北部ピエモンテ州にブラという町がありますが、スローフード運動は、1986年、トリノに近いその町から始まりました。 スローフードの「スロー」とは、だらだらとゆっくり時間をかけて食事をしようということではありません。 もちろんファーストフードに対....

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
広告
ads