2006年09月07日

名古屋錦とりすずの野菜釜飯

名古屋一番のネオン街は錦三丁目。夜5時過ぎともなれば、綺麗なお姉さんたちが、地下鉄栄辺りからぞろぞろと列をなす。

その錦三丁目、大津通りに面した栄錦ビル2階に「とりすず」という居酒屋がある。

名古屋では有名な日本料理店「鳥鈴(とりすず)」として、よく知られ、アイドルの歌を歌ったりしているDJ、某ボーカリストさんも、おすすめのお店。

夜5時にもなると、栄周辺のサラリーマンで、店内は賑わう。

平日なら、夜7時ともなれば、ほぼ満席で、グループ、団体客なら、なるべく予約しておいたほうがいいように思う。

新潟の有名な冷酒、山古志や、沖縄の地酒、泡盛など、日本酒はもちろん、カクテルも豊富。

だが、グルメ通として、ぜひともおすすめしたいのが、野菜釜飯。

かなり腕のいい料理人が、調理している。

出されたとき、蓋を取って、漂う香りは、磯のり。

野菜とばかりと思っていたら、鶏肉がいっぱい入っている。

串なら何本?

それににんじん、ホウレンソウの混ぜ合わせご飯。

鶏肉は宮崎県の広々とした高原で育てられた歯ごたえある絶品とお店が自信を持って提供するだけあって、本物の味。

また出来立てのホカホカに炊き上げられたご飯の水加減もすばらしいが、このお米、よく飲食店でありがちな味ご飯やカレーには、うまくない米を使う手抜きはしていない。

立山から流れる黒部川の名水の育まれた、あの有名な黒部産コシヒカリだった。

これだけの食材に、時間をかけた野菜釜飯は、手間隙かけて、値段も間違ってはいないの?
というぐらいお値打ち。

なお、野菜釜飯はランチタイムでは食べられない。

夜、お酒を飲むだけでなく、この野菜釜飯をぜひとも皆さんにおすすめしたい。

とりすずはただの居酒屋ではなく、料理が出来る本物の飲食店といっていい。

名古屋市中区錦3-7-13(榮錦ビル)の「とりすず」へ行こう。
電話052−971−2366

gourmet1 at 19:42 この記事をクリップ!
居酒屋・バー 
広告
ads