2008年03月23日

二期倶楽部 広尾 〜憧れの宿の味と雰囲気を東京で〜

【二期倶楽部広尾のプロフィール】
“憧れの宿”、“一度は泊まりたい宿”として必ず出てくるのが、那須の二期倶楽部。歴史は浅くて1986年創業。わずか6室の小さな宿としてスタートしたんですね。

その二期倶楽部が2003年に東京サロンとして出店の地に選んだのが、広尾。



【二期倶楽部広尾の行き方】
住所は西麻布4丁目。
広尾駅から歩いて行けます。

nikiclub001初めて行くと、
「あれ、ホントにココでよかったのかなあ・・・」
というくらい、写真をごらんのとおり、
門構えがひっそりとしています。

隠れ家的な感じもして、とてもいいです。



【二期倶楽部広尾の店内】
もともとのコンセプトが、高級ホテルの二期倶楽部の雰囲気をそのまま東京でも楽しんでもらえるように、ということですが、まさしくそのとおりで、レストランというよりは、高級なサロンに招待してもらったようです。
車や人通りの多い都内の喧騒とは隔離された、あたたかで落ち着いた空気に癒されます。照明が落とし気味ということもあって、油断すると、眠くなるでしょう。



【二期倶楽部広尾の料理】

nikiclub002料理は、料理人のやる気というか、工夫を凝らそうという創作意欲が伝わってきます。

味については、ほぼ美味しいのですが、たまに、創作意欲が味に結びつかなかったような・・・、失敗作というと言い過ぎですが、残念な作品に出くわすこともあります。(確率的には、コースを通して1品くらいの割合!?)

素材にもかなりこだわりがあるようで、とても丁寧に説明してくれますので、楽しむことができました。



【二期倶楽部広尾の印象】
料理の途中で、隣のテーブルにおばさま方のチームが入ってきたのですが、うるさいったらありゃしない。最初だけかと思ったら、延々、ハイテンションの(おばさま方にとっては平常時と変わらぬテンションなのかしら・・・)大声でマシンガンのようにしゃべり続けます。

「おいおいおい・・・」と内心思っていると、お店の方が、さすがに気を遣って、別のテーブルへの移動を勧めてくれました。

NG客に出くわすような不運に見舞われなければ、居心地は大変よく、上質な空間に満足できると思います。



雰囲気 ★★★★☆
料理 ★★★☆☆
総合評価 84点


二期倶楽部 広尾のHPはコチラ


にほんブログ村 グルメブログへ


グルメ系人気ブログランキングはこちら






gourmet_king at 00:43│TrackBack(1)洋食の名店 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. くちこみブログ集(タウン): 二期倶楽部 広尾(創作フレンチ) by Good↑or Bad↓  [ くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ ]   2008年04月19日 10:32
「二期倶楽部 広尾(創作フレンチ)〔」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。