2008年04月25日

新喜楽 〜HPなし、広告なし、宣伝一切なし。政治家、会社役員御用達の老舗高級料亭〜

【新喜楽のプロフィール】

日本三大料亭のひとつ。

他2つと決定的に違うのは、
吉兆金田中は、HPなどもしっかりしていますが、
新喜楽にはHPが存在しません。

雑誌にもインターネット上にも一切広告を出していません。

日本で最もベールに覆われた老舗高級料亭といってもよいでしょう。



【新喜楽の行き方】
どこにも広告や案内が出ていないので、
自分で電話番号を調べて、予約の電話をしました。

「一見さんお断り」と言われるかなあと思いながら、
恐る恐る電話番号をプッシュ。


新喜楽「はい、新喜楽です」

ご年配の男性が電話にでました。


私「初めてなんですけど、予約は可能でしょうか?」

新喜楽「はぁ、可能ですけども。。。 会社ですか、個人ですか?」

私(個人ですというと断られそうな気もしたので)「会社です」

新喜楽「会社名は?」

私「○○です」

新喜楽「あぁ、ちょっと聞いたことがありませんけども。。」

私「・・・・・」

新喜楽「接待ですか?」

私「違います」

新喜楽「何人くらいご予定ですか?」

私「○名です」

新喜楽「お日にちが決まりましたら、ご連絡ください。その日に部屋が空いておりましたら、ご予約も可能ですけども。。。」

私(いや、日取りも全部決めて、今まさに予約しようと思っているから電話してるんだと言いたい気持ちを抑えながら)「○日を予定しております」

新喜楽「あっ、ちょっと、お調べします」

・・・

新喜楽「もしもし、空いておりますが。。。」

私「“空いておりますが”?」 「“空いておりますが?” なにか不都合でしょうか」

新喜楽「いゃいゃ(なぜか半笑い)、うちはカードが使えませんで。。。」

私(なんだか予約して欲しくない意図が伝わってきますが)「問題ないです」

新喜楽「お料理はお一人様4万円に、個室の料金が・・・、お飲み物も合わせて・・・、お一人様だいたい5万円程度ですが。。。」


私(いい加減、腹が立ってきましたが)「まったく問題ありません」

新喜楽「あぁ、そうですか。。。」←ものすごく残念そう。

(吉兆より全然安いじゃん! 激安じゃん! と嫌味でもいってやろうかと思いましたが、我慢しました。)

新喜楽「会社は、設立されてから何年目でしょうか?」

私(なぜ、そんなことを聞かれなきゃならんのだ?)「はっ?」

新喜楽「また、直前にご確認のお電話いただけますか?」

私「ああ、はい、しますから。」


以上、いままでの私の人生において、こんなに予約するための電話でむかついたのは初めてです。

すべての会話の末尾に、「〜ですが」とか「〜ですけど」というのがつきます。

つまり、その言葉の裏にあるのは、「予約したいなら別に構わないけども、お前は何者だ? お前みたいな奴は知らん。そもそも、カネ払えんのかよ?」と言いたげな雰囲気が充満していました。


「もう結構です」と電話を切ろうかと何度も思いましたが、我慢しました。


そんなに嫌なら、最初から一見さんお断りにして完全紹介制にすりゃあいいのに。。。。




【新喜楽の部屋】

最寄駅は、地下鉄銀座線の東銀座駅か築地駅。
地下鉄大江戸線の築地市場駅でも近いです。

時間があったので、JR新橋駅から歩いてみました。
吉兆もある料亭街は黒塗りの車が列をなしていましたが、そこを抜けて、新大橋通り沿いに新喜楽の建物がありました。

shinkiraku01

写真をご覧の通り、
古い建物です。



玄関をくぐると、あらびっくり!
大女将さんやら若女将さんやら、みなさん総出でお出迎えくださいました。

初めての客にもこのようなしっかりした対応は嬉しいですね。

階段で2階の部屋に通していただきましたが、
階段も廊下も、そして通された部屋も広々としています。

shinkiraku07

「こんなに広くて落ち着けるお部屋を用意していただきましてありがとうございます」
とお礼を申し上げたら

「広い部屋しかないんです。」と。


予約の電話のときに、大変不愉快でむかついていた気持ちも、
温かい出迎えを受け、素敵な部屋に通された時点で消えてました。




【新喜楽の料理】

料理全体を通して、現代風といいますか、家庭的な味、調理、雰囲気が感じられます。

この点は、「もっと伝統的な懐石料理」を望む人もいるでしょうし、
「いや、食べやすくていいんじゃない?」と思う人もいるでしょう。

私は、どちらかというと後者です。


shinkiraku02

この写真は、味噌田楽。

ぷ〜んといい匂いが漂ってきました。




shinkiraku03


椀物。





shinkiraku04


刺身は、鰹と鯛。

量もしっかり食べさせてくれる印象です。



shinkiraku05

天ぷら。






shinkiraku06


最後にデザート。





ちなみに、写真でご紹介したものがすべてではなく、
これら以外にも品数がたくさんあります。




【新喜楽の印象】

訪問時(食事中)の雰囲気には大満足しましたが、
予約時の電話対応のひどさにより、大幅減点。

それがなければ、雰囲気、おもてなしは吉兆より上。
食事は、吉兆が上。
(↑吉兆は予算が約2倍。その分、良い素材を使っているので当然か。。)



予算 1人あたり4万〜5万程度
雰囲気 ★★★☆☆
料理 ★★★★☆
総合評価 86点



にほんブログ村 グルメブログへ


グルメ系人気ブログランキングはこちら








gourmet_king at 16:30│TrackBack(0)和食の名店 

トラックバックURL