Gozenの逃避日記

エスケープR3から中華カーボンに逃げ出して、都市からも逃げ出した美容師の日々

ライフライン

現在購入した土地には電気、水道、ガスを通していないので、明かりはLEDランタン、調理はガスバーナーか薪
水道は川で代替している。

テントの中はこのLEDで十分、外でもぼちぼち明るい


ガスバーナーは普段登山で使っているのを使用してます。火力十分!




たまに薪で焚き火も
BlogPaint


IMG_4862_R


焚き火をするときは必ずバケツを用意


我が家の飲料水兼洗面所兼お風呂
DSC_0099


生水は危険なので川の水を飲むときは浄水器を通します


この時期になると川に入るのはかなりきついが、ライフラインを通してなくても結構快適に生活できるもんだと毎度思う。

あって良かったもの

椅子
最初はコンテナの上とか束石の上とかに座ってたけど合ったほうが断然いい。


ハンモック
なくてもいいけどあると幸せな気分になれるし、よく休める。



BlogPaint


ハンモックに揺られながら見る風景
IMG_4858_R

石の階段

家を建てるとかそういう以前に資材を安全に運搬できるルートを作ろうと思ったのですが
BlogPaint
↑の画像(4月頃)を見ると手前の階段が土地の入り口なのですが、幅の半分は土に埋もれ、階段を登り切ったらやや傾斜のある斜面、そしてその上が比較的水平な土地(テント張っていたところ)。
こんな道で20キロ以上あるセメントとか木材を運べるはずがないので、下から上に向かってスコップでひたすら整地したところ、なんか斜面のところが嫌に硬い。
気になって掘り下げてみたところ、なんと石の階段が・・・しかも上の水平なところまで続いていました・・・
以前の持ち主がこの土地を買ってから40年以上、ちりも積もればなんとやらで、すっかり階段が無くなっていたみたいです。
しかし、資材を運ぶのに石の階段はありがたいので、スコップでひたすら階段を発掘しました。
DSC_0019
今回は土を掘って階段を発掘しただけなのですが、なにやらこれだけでも人が住んでるぞ!って感じがするものです。

都市から逃げ出した

逃げ出したと書いたけれど、実際には逃げ出す準備を始ました。

都市からの生活に、どうやったら逃げられるかを考え、

・固定資産税も安い又はかからない、そして自給できるものは自給できなおかつ最低限の利便性(スーパー、ホームセンターなど)を確保できる土地

・固定資産税がかからない又は安い家を建てる

・電気も水道もガスも引かないで生活していきたい

・そして近隣住民が少ない又はいない

という条件に合う所を探してはや半年、ようやく納得のできる土地を見つけることが出来ました。

DSC_0264

DSC_0260

DSC_0265

200坪、ほぼ平らな原野、家は建っていない、近くに沢、人もいい感じに少ない(1時間に車1台位の交通量)、電気水道は通ってる(但し下水がない)、スーパーまで5kmの好物件です。

さっそくこの土地を購入すべく法務局に行き所有者を確認し、連絡を取ります(この時点で他の2つの物件は断られました)、挨拶や値段の交渉などをし、司法書士に土地の権利の書類(7万円)を作ってもらい、両者がサインして、土地の代金(10万円)を払って終了。

初の土地の売買契約だったので緊張しましたが、無事契約完了となりこうしてブログを書くに至りました。

土地を手に入れるのに17万円、固定資産税3000円のかなりの好スタートなのですが、肝心の家が建っておりません、なので

次回、美容師家を建てる

サイクルグローブ

IMG_4343

サイクルグローブ新しくした。人差し指の横のところがいつも穴が空くので、その部分に補強がしてあるゴアバイクウェア(GORE BIKE WEAR)をチョイス。


IMG_4456


パールイズミのより薄手なので操作性はぼちぼち良い、寒さも+5℃までなら快適、0℃でギリギリ、指先は2重になってパールイズミより温かい。
でも雨にはあまり強くない。


IMG_4459

IMG_4460
  • ライブドアブログ